無料で受講したい!介護職員初任者研修を無料で受講する3つの方法

「初任者研修を無料で受講できる方法ってないのかな」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

結論から言うと、介護職員初任者研修は無料で取得することができます。

初任者研修を無料で受講するには次の3つの方法があります。

この記事では

  • できるだけ費用を安く抑えたい
  • できれば無料で初任者研修を取得をしたい

と考えている方に向けて、無料で初任者研修を取得する上記の3つの方法を1つ1つ丁寧に解説しました。少しでも参考になれば幸いです。では解説していきます。

1.初任者研修を無料で取得する3つの方法

早速この章から初任者研修を無料で取得する方法を解説していきます。

初任者研修を無料で受講する方法は次の3つです。

1つ1つ丁寧に解説していきます。

1-1.就職支援制度を行っているスクールに通う

初任者研修を無料で受講する1つ目の方法が「就職支援制度を行っているスクールに通うこと」です。

初任者研修講座の中には修了後に、『自社が運営している介護施設やスクールが指定する介護施設に就職する』などの一定の条件を満たすと、受講料やテキスト代が無料になる制度を設けているスクールがあります。

初任者研修の就職支援制度を実施しているスクールは全国各地にあります。

就職支援制度は修了後にスクールが指定する介護施設に就職することが前提となっているため、資格取得と就職活動を同時に行うことができます。

無料で初任者研修を取得でき、なおかつ就職活動を行わなくても就職先が確保されている点が最大のメリットです。

就職支援制度を実施している主なスクール・制度は以下の通りです。

制度名無料の対象無料になる条件他のメリット
カイゴジョブアカデミー|特待生制度受講料
テキスト代
・求職中であること
・電話や面談の結果、特待生として認められること
・スクールが紹介する施設に就職すること
就職や転職先の決定も徹底サポート就職後も仕事の不安や悩みを介護のエキスパートに相談できる
未来ケアカレッジ|0円講座特待生受講料【0円講座特待生】
・未来ケアの就職サポートを利用すること
・受講開始前に面談を行い就職先を調整すること
専属コーディネーターが就職先を一緒に探してくれる
未来ケアカレッジ|受講料全額キャッシュバック受講料【受講料全額キャッシュバック】
・未来ケアの就職サポートサービスの紹介で就労すること
・未来ケアカレッジに手受講中、資格所得後を問わない
専属コーディネーターが就職先を一緒に探してくれる
かいご畑|キャリアアップ応援制度受講料・受講前にお仕事相談し、勤務開始すること
・指定の教室で資格取得すること
・かいご畑を運営する株式会社ニッソーネットの派遣介護士として働くこと
入職時研修おを無料で受けることができるスキルアップセミナーを無料で受けられる(スマホ対応)
ベネッセスタイルケア|受講料キャッシュバック制度受講料・受講修了後3ヶ月以内にベネッセスタイルケアに介護職として内定すること
・ベネッセスタイルケアに3ヶ月以上在籍していること(正社員の場合追加条件あり)
系列施設での見学や実習が無料

このように初任者研修を無料で取得でき、かつ就職先も見つけることができる「就職支援制度」は1番のオススメです。

1-2.自治体の助成金制度を活用する

初任者研修を無料で受講する2つ目の方法が「自治体の助成金制度を活用する」ことです。

初任者研修の受講に対してそれぞれの自治体で助成金制度を実施している場合があります。

  • 「介護職員資格取得支援事業」
  • 「介護職員就業促進事業」
  • 「介護職員初任者研修受講支援事業」

などの様々な名称があり、その内容も自治体ごとに異なります。

これらの助成金制度を活用することで、無料または安価で初任者研修を受講することが可能です。

おおまかにこれらの助成金は

  • 無資格者の方が介護職として就業するために初任者研修を受講する場合に費用を助成する
  • すでに介護職として働いている無資格者が資格を取得する場合に費用を助成する
  • 介護施設が無資格者の職員に対し施設負担で資格を取得させる場合に費用を助成する

の3パターンに分かれます。

また都道府県だけでなく、市町村単位でも独自に実施している場合もあります。

例えば東京都の場合は

  • 「介護職員就業促進事業」
  • 「介護職員資格取得支援事業」

の2種類の助成金制度を実施しています。詳細を下表にまとめました。

助成金名称概要助成対象者
介護職員就業促進事業・介護職への就労を希望する者を都内の介護保険施設等で雇用し従事させると同時に、初任者研修等を受講させる。
・この事業での雇用は最大6ヶ月の有期雇用契約であり、その後の継続雇用が可能。
介護職への就業を希望する下記の者
・離職者
・事業を廃業した自営業者
・学校などを卒業した未就業者
・本事業採用時に離職者となることが決まっている就業者など
介護職員資格取得支援事業・対象となる物に対し介護職員初任者研修または生活援助従事者研修を無料で受講させ、資格取得を支援する。別に実施する「職場体験事業」を利用する、東京都内で介護職への就労を希望する以下の者
・学生(高校生以上)
・既卒者
・主婦
・元気高齢者
・離職者(就職内定している者を除く)
・就業者(既に介護職として就業している者を除く)
助成金名称費用・特徴など
介護職員就業促進事業・初任者研修受講料が無料になる。
・就労しながらの受講となるため、給料が支払われる。
・スクーリングは勤務扱いになる。
・事業期間内に早期退職した場合や資格取得に至らなかった場合は個人負担が発生する場合もある。
・この事業で生じる人件費や研修費等の経費の一部は東京都が負担する。
介護職員資格取得支援事業・受講料は無料だが、受講先までの交通費や食費は自己負担となる。研修機関によっては一時的な立て替えを求められる場合がある。

このように自治体毎に目的や対象者に差異はあるものの、無資格の方を対象にした初任者研修の取得支援事業が実施されています。

助成金の名称や対象となる範囲、助成額(無料or一部助成)もそれぞれの自治体で異なります。

インターネットで「都道府県名or市町村名+初任者研修+助成」を検索し、一度お住まいの市町村の介護保険担当課まで問い合わせてみると良いでしょう。

1-3.ハローワークの制度を活用する

初任者研修を無料で受講する3つ目の方法が「ハローワークの制度を活用する」ことです。

初任者研修を無料で取得するにはハローワークが実施している

  • 「公共職業訓練」
  • 「求職者支援制度」

を活用する方法もあります。

ただし「公共職業訓練」「求職者支援制度」で初任者研修を無料で取得できる方は、現在求職中の方に限ります。

公共職業訓練

そもそも「公共職業訓練」とは雇用保険受給者が対象で、職業訓練によるスキルアップを目指します。より詳細に分けると「離職者訓練」・「在職者訓練」・「学卒者訓練」があります。

初任者研修を受講料無料で受講できるのは「離職者訓練」の場合になります。

「離職者訓練」とは、雇用保険加入者を対象とした職業訓練制度であり、職業訓練を無料もしくは安価で受けさせることによって再就職を目指す制度です。

求職者支援制

「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない方が職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を実現するために国が支援する制度です。初任者研修の場合は、受講料無料で取得することができます。

詳細を下記にまとめました。

制度名支援内容支給要件
公共職業訓練「離職者訓練」(雇用保険加入者向け)・就職に必要な職業スキルや知識を取得するための訓練を無料で受講が可能(テキスト代などは自己負担)・ハローワークに求職登録をしていること
・離職者訓練を実施している施設等が行う面接等の選考に合格して受講斡旋をうけること
・訓練を受講することが適職に就くために必要であると認められること
・訓練を受けるために必要な能力などを有すると判断されること
求職者支援制度(雇用保険未加入者向け)・再就職に必要なスキルを身に着けるための職業訓練を受講する
・訓練期間中及び修了後についても、ハローワークが積極的に就職支援する
・資格講座については、受講料無料若しくは安価で取得できる(テキスト代は実費負担)
・一定要件を満たすことにより、訓練期間中の間、月10万円の「職業訓練受講給付金」の支給を受けることができる
・ハローワークに求職登録をしていること
・雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
・労働の意思と能力があること
・職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

このようにハローワークでも支給要件を満たすことができれば、受講料無料で初任者研修を取得することができます。

まずはお住まいのハローワークに問い合わせ「公共職業訓練」や「求職者支援制度」の受給対象になるか確認しましょう。

ただし「公共職業訓練」や「求職者支援制度」を使って無料で実務者研修を取得できるケースは現在働いていない人に限られます。

受講できる定員や期日が限られている場合もあるので、気になった方はお早めに相談してみてください。

2.介護業界への転職を考えているのであれば「就職支援制度」を活用する

初任者研修を取得し、取得後に転職を考えているのであれば、1-1でご紹介した「就職支援制度」を実施しているスクールに通うことをオススメします。

「就職支援制度」を実施しているスクールで初任者研修を取得することで、無料で資格を取得できるだけでなく、就職先の紹介サポートもあるからです。

つまり資格取得から転職までトータルでサポートを受けられるのです。このため資格取得後に、転職活動する手間を省くことができます。

実際に初任者研修を取得して転職先を見つけるまでには次の3つの課題があります。

初任者研修を取得して転職先を見つけるまでの3つの課題

  • 無資格者が初任者研修を取得するためには5~10万の費用と1~3ヶ月程度の受講期間が必要
  • 内容の自宅学習やスクーリングとは別に転職活動もしなければならない
  • 初任者研修を取得できても条件に合う転職先が上手く見つかるとは限らない

その点「就職支援制度」を活用して初任者研修を取得すると、全額無料(もしくはテキスト代のみ負担)で資格を取得できるだけでなく、別途転職活動を行う必要がありません。

さらには就職コーディネーターと相談しながら、自分に合う就職先を見つけることができます。

このため資格取得後に介護業界への転職を考えている方は、「就職支援制度」を活用して実務者研修を取得することが最もオススメです。

3.まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると初任者研修を無料で受講するための方法は次の3つでした。

もし仮にあなたが初任者研修取得後に転職を考えている場合は、「就職支援制度」の活用をオススメします。「就職支援制度」を活用することで、資格取得から転職まで一気通貫してサポートを受けることができるからです。

まずはお気軽に資料請求をして、就職支援制度を開講しているスクールを比較してみましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。