【適性診断】あなたは介護士に向いている?向いている人の8つの特徴

介護士に向いている人

「どんな人が介護士に向いているのかなあ・・・・」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

事実、介護士に向いている人には8つの特徴があります。

この8つのうち、1つでもあなたがに当てはまるようであれば、あなたは介護士に向いています。

逆に、介護士に向いていない人の特徴もあります。

この記事では介護士に向いている人の特徴8つと、その能力が介護現場のどんな場面で活かすことができるのかについて解説をしました。

また、逆に介護士に向いていない人の特徴も3つ解説をしました。

この記事は、これから介護士になろうと少しでも考えている方の参考になります。では解説をしていきます。

1.介護士に向いている人の特徴8選

介護士に転職する際に、ご自身が介護士に向いているかどうかはとても気になることだと思います。

ではどんな方が介護士に向いているのでしょうか?ここから介護士に向いている方の特徴を8個紹介していきます。

以下、それぞれ解説していきます。

1-1.人と接することが好きで、コミュニケーションがしっかりとれる人

人と接することが好きで、かつコミュニケーションがしっかり取れる人は介護士に向いていると言えます。

なぜなら、介護士は施設利用者や他の同僚スタッフとの関わりにおいてコミュニケーションをとることが非常に重要な仕事だからです。

具体的には、以下の利用者さんとの場面において、コミュニケーションを求められます。

  • イスからの立ち上がりで利用者さんを抱え上げる時
  • 利用者さんの歩行介助をする時
  • 利用者さんのトイレ介助をする時

会話などのコミュニケーションを通じて利用者さんとの信頼関係を築ければより良い介護につながりやすいです。

他の同僚スタッフとのコミュニケーションにおいては、以下の場面で必要となってきます。

  • 利用者さんのその日の体調などの情報
  • 一人では介助が難しい利用者さんの介助

介護士の仕事は一人で行うものではなくチームで行うものです。利用者さんの体調や状態など、大切な情報が共有できることが良い介護につながります。

このように、人と接することが好きで誰とでもコミュニケーションを取れる能力がある方は介護士に向いていると言えるでしょう。

1-2.観察力がある人

観察力がある人は介護士に向いています。

なぜなら観察力は利用者さんとのやりとりにおいて、必須の能力だからです。

例えば「利用者さんの顔色が悪い、いつもより元気がない」といった状態が大きな病気の前兆である可能性があります。

そういった変化に気づき、医療スタッフへ伝達するといった行動が介護士には必要となります。

利用者周囲の障害物などをいち早く観察し、除外することができれば、体力が落ちている高齢者でも転倒する危険を下げることができます。

周囲の状況を観察する能力は介護士に求められるスキルです。

利用者自身とその周囲の環境を観察し、小さな変化に気づくことができる観察力がある人は介護士に向いています。

1-3.体力がある人

体力がある人は介護士に向いています。

なぜなら介護士の仕事は、力を要求される比率が高い仕事であるからです。

具体的に力がいるのは以下のような場面です。

  • 利用者さんが立ち上がる際に利用者さんを抱えあげる
  • 利用者さんを楽しませるようにレクリエーションを行う

利用者さんを抱えあげる場面では利用者さんの全体重を介護士に預けることもあり、かなり力が要求されます。

ここで支えきれなければ利用者さんが転倒をして怪我をすることもあります。

事故を防ぐためにも、しっかりと支えられるだけの体力が要求されます。

こういった力仕事に対応できるだけの体力があることは、それだけで介護士としての資質があると言えるでしょう。

1-4.相手の目線で物事を考えられる人

相手の目線に立って物事を考えられる方は介護士に向いています。

なぜなら、介護士は利用者さんがどういったことをして欲しいのかを日々考える必要性があるからです。

例えば、利用者さんの立ち上がりを介助する際に、この能力が必要とされます。

利用者さんは立ち上がる際に、介護士の体を掴んで立ち上がることがほとんどです。この時、介護士の介助の仕方によって利用者さんの立ち上がりやすさが変わってきます。

例えば

  • 介護士の立ち位置
  • 介護士と利用者との距離感

を考えなければいけません。

利用者が立ち上がるときに介護士がどこに立っていれば立ちやすいか、そのときの周囲の状況や利用者さんの利き手などを考慮しなければいけません。

また、介助する介護士と利用者さんの距離が近すぎても、遠すぎても立ちにくいので、ちょうど良い距離感を測らないといけません。

やりやすい立ち位置や距離感は、利用者さんによって違いますので、利用者さんごとにやりやすい条件は介護士が考えなければなりません。

このように、利用者さんからすれば自分が何を望んでいるのか、次にどうして欲しいのかを考えてくれて、自分のために介護してくれる人の方が安心できます。

介護士は利用者さんが次にして欲しいことやどうすれば利用者さんが楽に動けるかを考えることが重要です。

したがって、利用者さんの目線に立って物事を考えられる方は介護士として向いていて、信頼されやすい人と言えます。

1-5.真面目で常に向上心を持っている人

真面目で向上心を持っている人は特に介護士に向いていると言えます。

介護士には医療知識や介護の法律の知識などの多様な知識が必要になるため、知識を勉強していくだけの向上心が求められるためです。

医療は日々進歩しますので、知識のアップグレードは必要ですし、介護の法律も数年ごとに改定されますので勉強していく必要があります。

介護士は資格がなくてもできる職業ではありますが、だからと言って勉強しなくても良いというわけではありません。

漫然と日々を過ごすのでなく、高い向上心を持つことはとても大切です。

したがって、真面目に向上心を持って勉強に取り組める方は介護士に向いていると言えます。

1-6.聞き上手な人

聞き上手な方も介護士に向いていると言えます。

介護の仕事をする上で、利用者さんの話しを「聞く」という行為はとても重要な仕事だからです。

利用者さんからすれば話をしっかりと聞いてもらえ、話しやすいという印象を持った人の方が信頼しやすく、安心できる存在になります。

話も聞いてもらえないような人のことを、信頼して体を預けろというのは難しいですよね。

介護職は人と人との関わり合いが重要な職業ですので、話を聞いてもらえる人の方が信頼しやすいのは自然なことです。

したがって利用者さんとの信頼関係を築くために、聞き上手であるということは、介護士に向いていると言えるでしょう。

1-7.切り替えが上手にできる人

仕事とプライベートの切り替えが上手な人も介護士に向いていると言えます。

なぜなら、介護士は肉体的にも精神的にも非常にストレスフルな仕事であるためです。

ストレスを発散できれば良いのですが、溜まったストレスを解消できないためにうつ病などの精神的な問題を抱えてしまう介護士も多いです。

そのため、うまくストレスを発散することが必要になります。

仕事とプライベートのメリハリをしっかりとつけられ、上手にストレス発散する能力は介護士にとって重要な能力の一つです。

自分なりのストレス発散方法を確立できている方は介護士に向いています。

1-8.汚いことも嫌がらない人

汚い仕事も嫌がらない人は介護士としての資質があると言えます。

介護士の仕事をしていると排泄物の処理など、どうしても人が嫌がるような汚い仕事が多いためです。

具体的には、トイレに失敗した高齢者の汚れた陰部を綺麗にする、汚物にまみれたオムツを交換するなど、どうしても汚い仕事をしなければなりません。

介護士は「3K(きたない、きつい、危険)の仕事」とまで言われています。

人が嫌がる仕事も進んでしていかないといけないのが、介護士という仕事です。

このような仕事を嫌がらずにできる方は、介護士として向いていてかなり重宝される存在になります。

2.介護士に向いていない人の特徴3選

ここまでの説明で、介護士に向いている人の特徴について理解していただけたのではないかと思います。

この章では、逆に、介護士に向いていない人の特徴をを3つ紹介します。

以下、それぞれ解説していきます。

2-1.コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な方は介護士には向いていないと言えます。

前章で解説したとおり、介護士をしていく上で利用者さんとの会話や、同僚スタッフとコミュニケーションをとることが必要不可欠であるためです。

ただ、コミュニケーション能力がない人が、全く介護士に向いていないかというと必ずしもそうとは限りません。

コミュ二ケーションに不安を抱えながらも、介護職につき、日々懸命に努力をし、利用者さんと上手にコミュケーションをとれるようになった介護士もいます。

介護職において、コミュニケーション能力は必須のスキルですが、就業後に努力をすることで、磨かれていくスキルでもあります。

2-2.体力に不安がある人

介護士としては、体力に不安がある人もあまり介護の仕事に向いていないと言えます。

前章でも解説した通り、介護士の仕事は肉体労働の比率が高い仕事だからです。

とはいいつつも体力のない介護士が先輩に同行をし、先輩介護士と二人三脚で介護を行う場合もあります。

体力に不安があり、自分一人で介護が難しい場合でも、先輩スタッフに手伝ってもらえれば介護をすることができます。

また、体の使い方によっては最小限の力で介護できることも多いです。

経験豊富な先輩スタッフの体の使い方を真似すれば、体力に不安がある方でも一人で介護できるようになるでしょう。

体力が不安な方は、介護士には向いていないと言えます。

しかし、チームでの介護や経験でカバーする方法もありますので、いきなり諦めることもありません。

2-3.効率の良さばかりを求めてしまう人

介護士として仕事をしていて、効率の良さばかりを求める人も介護士にはあまり向いていません。

人手不足の中、利用者さんを満遍なく相手にするという点では、介護の仕事に効率の良さは必要です。

しかし、ときには効率の良さ以外の部分が要求される場面もあります。

介護士にとっての効率の良さは、利用者さんにとって効率が良いとは限りません。歩行一つとっても、

  • 歩行時は転倒しないようにゆっくりと歩く
  • 遠回りになっても、障害物を避けて歩く

といったように、介護士は効率のよさよりも、利用者さんの安全第一に考えるべき場面が多々あります。

このように、効率の良さばかりを求める人は、利用者さんにとって良い介護できていないことが多いという特徴があります。

そのため、介護士にはあまり向いていないと言えます。

良い介護士にとって必要なことは、自分の効率ではなく利用者さんのために動くという姿勢が大切になってきます。

3.介護士は無資格・未経験でもできる仕事

介護士になるためには資格は入りません。介護士は無資格・未経験でも就業することができる職業です。

実際に介護業界には新卒から介護士になったというケースよりも、40代、50代から介護士になったという方が多いのが実情です。

未経験から別の業界に飛び込むのには不安がつきものですが、他の業界と比較をすると、未経験からでも飛び込みやすい業界でもあります。

最初は誰しもが未経験からのスタートですが、日々仕事をしていくなかで学び、また資格を取得することで一人前になることができるのが介護業界のお仕事の特徴です。

4.まとめ

介護士に向いている人の特徴は以下の8個でしたね。

介護士に向いていない人の特徴は以下の3個でしたね。

介護士は無資格・未経験の人でもできる職業です。仕事をしながらキャリアアップしていくこともできますので、まずは気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

介護士に向いている人の特徴に当てはまる方はぜひ検討してみてください。