【もう限界…】介護職のストレス8つとストレス解消法を徹底解説

介護職,ストレス,限界

「もう限界…」

介護職についているあなたは仕事に関して、何かストレスを抱えているのではないでしょうか。

介護の仕事に就いている方は、主に以下の8つのストレスに悩むことが多いようです。

  1. 職場の人間関係
  2. 利用者・家族への対応
  3. 施設・事業所の運営方針
  4. 人手不足
  5. 給料が安い
  6. 体力面の不安や腰痛
  7. 夜勤や残業、長時間労働
  8. 災害及び新型コロナ等の感染症クラスター対策

この記事ではまず、介護の仕事で抱えるストレスとその解決策を解説しました。

あなたの今のストレスはどれに当てはまり、どのように解決をすることができるのかをまずは確かめてみてください。

また、後半ではストレスが溜まった場合の対応策や、本当に限界であるときの解決策を3つ解説をしました。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

この記事は「日々利用者さんや社会のためにお仕事をされている介護職の皆様に、どうか思い悩まないでほしい」という気持ちで執筆しました。

この記事を通して、介護職皆様の不安を少しでも無くすことができたら幸いです。では解説をしていきます。

1.介護職のストレスが溜まる主な要因8つとその対策

介護の仕事のストレスの要因として、主だった8パターンの特徴と、その対策を紹介していきます。

介護職のストレスの要因解決策
職場の人間関係上司に相談。解決できなければ転職も
利用者・家族への対応ケアに関する技術的な不安は経験と研修でハラスメントには事業所としての警告や、ケアマネや行政と連携するなどの対応を。
施設・事業所の運営方針まずは施設長や経営者に相談。解決ができなければ転職も。
人手不足職員数の比較的多い職場や、ロボット導入などで負担の少ない職場に転職を。
給料が安い資格手当や役職手当で上積みできるよう勉強する。
体力面の不安や腰痛など腰痛に対してはストレッチなど日々のケア。介助を他の職員に協力してもらう。体力面については生活習慣の改善と運動。
夜勤や残業、長時間労働上司に相談。夜勤のない職場に転職することも。
災害及び感染症への対策過去の災害経験から学ぶ。いざという時のために準備をしておく。また感染症は密集、密閉、密接を避ける。マスクの装着、手洗いの励行、物理的距離を取る。

 では一つずつ解説をしていきます。

1-1職場の人間関係

介護の仕事をしている方の多くは、職場内での人間関係にストレスを感じています。

狭い人間関係の中で同じ空間と業務を共有する介護の職場は、ストレスが蓄積しやすい環境です。

介護労働安定センターが「介護労働者の就業実態と就業意識調査」で、介護職員の退職理由を調査した結果、「職場の人間関係に問題があったため」と回答した方が全体の15.6%で、退職理由の3位となっています。

男性に限定すれば18.9%とさらに高く、退職理由の2位でした。

介護職員にとって職場の人間関係のストレスは非常に深刻な問題です。

過去の職場を退職した理由

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書より

人間関係の悩みを持つのは特に入所系施設での割合が高くなっています。

在宅系サービスと比較すると、入所施設では職員が同じ空間の中で業務を共有する時間が長く、合わないスタッフとの関係にストレスが生じやすくなるのが要因です。

職場内の人間関係の悩みについて調査した結果によると、「自分と合わない上司や同僚がいる」と回答した人が全体の20.9%を占め、第2位となっています。

職場での人間関係の悩み、不安、不満等(複数回答)

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書より

介護の職場には、年齢・性別・学歴・職歴において様々な方が働いています。多種多様な介護職員の人間関係で、全ての人間関係が良好ということはおそらくありません。

仕事に対する考え方も含め、それぞれ価値観の違いを認め合い、介護という仕事を共有し、自分の役割を果たすことが大切になってきます。

もし、職場内のハラスメントやトラブルが発生し、業務にも支障をきたす場合は上司に相談しましょう。それで解決できない場合は、職場を変えることもひとつの方法です。

1-2利用者・家族への対応

利用者との関わりに、以下のような悩みやストレスを感じる介護職員も多いです。

  • 利用者に適切なケアができているか不安
  • 利用者や家族からのセクハラ・パワハラなど

最も大きな悩みとして、介護職全体の41.6%が「利用者に適切なケアができているか不安がある」と回答しています。

同じケアを行うにあたっても、対象者によってアプローチの方法はそれぞれ異なります。特にまだ経験の浅い介護職員であれば不安を強く感じる部分です。

何が適切なケアか、職場内で確認しながら不安を解消していきましょう。

利用者及びその家族についての悩み、不安、不満等(複数回答)

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書より

利用者や家族からのセクハラ・パワハラなども問題視されています。

介護職員に対して高圧的に接する利用者や家族から、提供するサービス以上のサービスを要求されたり、罵声を浴びせられたり、性的な嫌がらせを受けるというケースも増えています。

「介護労働者の就業実態と就業意識調査」にて、利用者からセクハラ・パワハラの実態を調査したところ、半数以上の介護職員がそういったハラスメント被害を受けており、深刻な問題になっています。

ハラスメント被害を同僚や上司に相談してもまじめに取り合ってもらえないというだけでなく、対応の仕方が悪いと逆に責められるというケースもあり、悩みを抱えている介護職員もいます。

利用者に対するケアの不安は職場内外での研修や経験で埋めていくことは可能です。

ただ、ハラスメント事案になった場合は、職員個人ではなく、組織・事業所として取り組み、毅然とした対応が求められます。

事業所として指導するとともに、ケアマネや行政とも連携し、問題解決に勤めなければいけません。

問題を放置し、解決する意思のない組織や事業所であれば、提訴したり、転職することも視野に入れましょう。

1-3施設・事業所の運営方針

施設・事業所の運営方針に対して不満を持っている職員もいます。

過剰に利益を優先することや、問題を解決せずにただただ先送りにしようとするなど、施設の運営方針に対して介護職員が不信感を持つこともあります。

研修やステップアップなどの機会がなく、職員のモチベーションが失われる職場もあります。

同じように不信感を持つ上司や職員がいるのであれば、相談し一緒に施設・事業所や法人に対して改善を求めましょう。

その結果、改善される見込みがないのであれば、別の職場に転職することをお勧めします。

1-4人手不足

介護業界の人手不足は深刻さを増し、労働の負担が大きくなり、介護職員の大きなストレスの原因となっています。

介護職員を対象に、「労働条件等の悩み・不安・不満等」について調査した結果、人手が足りないと回答した人は全体の54.2%と第一位になっています。

特に入所系施設では71.9%が人手不足に悩んでいると回答しています。

労働条件等の悩み・不安・不満等(複数回答)

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書より

人手不足の結果として、有給休暇も取りにくくなり、残業や休日出勤なども増えています。

今後、社会全体の高齢化が進むことで、さらに介護職員の人手不足は深刻化するとみられています。

人手不足に関しては組織・事業所だけの問題ではなく、介護業界全体の課題なので、簡単に解決することはできません。

社会全体では介護職員の人手不足でも、比較的介護職員配置の多い職場や、人手不足を補うロボット等のテクノロジーを積極的に導入している施設等はあります。

他の施設での人員配置や待遇などの情報収集をし、転職することで働く環境を変えることもひとつの方法です。

1-5給料が低い

多くの介護職員が賃金の低さに不満を持っています。

「労働条件の悩み・不安・不満等」では「仕事内容のわりに賃金が低い」と回答した人が全体の39.1%を占めています。

国税庁がまとめた「平成30年分民間給与実態統計調査結果」によると、国内の全業種平均年間給与額が440.7万円だったのに対し、医療・介護の業種平均は397.2万円と大きく下回っています。

この「医療・介護」の業種の中には、給与額の大きい医師や看護師などの医療職も含まれており、介護職とそれ以外の業種の賃金格差はさらに大きいことといえます。

国税庁 平成30年分民間給与実態統計調査結果より

給料が上がらないことで、将来に不安を抱え、大きなストレスになります。

給与を大幅に上げるためには、資格手当や役職手当を上積みすることが必要です。

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)などの資格を取得し、キャリアアップすることで給与を増やしていくことができます。

そのためには、勤務時間外でも資格取得のための勉強をすることが重要です。

1-6体力面の不安や腰痛など

介護職員は疲労や腰痛など、身体的な負担に不安やストレスを感じています。

「労働条件等の悩み、不安、不満等」の調査結果では「身体的負担が大きい(腰痛や体力に不安がある)」と回答した方が30.2%と、第4位になっています。

介護の業務の中には、利用者の体重を支えながら車いすやベッドに移乗する業務や、前傾姿勢になった状態で腰に負担のかかるオムツ交換などの業務もあり、特に腰には大きな負担がかかります。

もし腰痛や疲労が積み重なって体調がすぐれない時は、限界を迎える前に、他の職員に肉体的負担の大きな業務を代わってもらうことや、配置換えなども含めて上司と相談するようにしましょう。

腰痛に対しては、腰痛予防のストレッチや腰に負担のかからない介助方法について職場内で情報交換をし、業務に取り入れることで改善できます。

体力面の不安に対しては食事や睡眠などの生活習慣を見直すとともに、休みの日にも軽い運動などを取り入れることをお勧めします。

1-7夜勤や残業、長時間労働

介護職員の勤務には夜勤や残業、長時間勤務が多く、それをストレスに感じている方もいます。

人手不足の影響もあり、残業・長時間勤務や休日出勤が増える職場も多く、精神的にも負担を感じます。

勤務形態が不規則なことから、生活のリズムが不安定になることや、家族との生活時間のずれなども含め、大きな影響があります。

夜勤による勤務形態のストレスに関しては、夜勤の回数について上司と相談するのもひとつの解決策です。

または、デイサービスや訪問介護、相談業務など夜勤のない職場に異動や転職することもひとつの方法です。

1-8.災害及び新型コロナ等の感染症クラスター対策

一方災害はいつ発生するのかわかりません。ただいざという時のために水や食糧、薬などはある程度準備しておく必要があります。

寒い時は毛布などが必要です。過去の災害から学ぶことも大切です。

2020年1月下旬、想定外の事態が起こりました。「新型コロナウイルス感染症」が蔓延し、日本中はかつてないほどの苦境に陥ったのです。

これは世界中で猛威を奮い、人々の生命や健康を奪い暮らしや経済の逼迫をもたらしました。

高齢になればなるほど、また持病を持っているかどうかによって致死率が高まる感染症です。

そういう意味では、高齢者福祉施設や訪問介護などに就労している人たちは大変な思いをしています。

特に集団感染(クラスター)の発生は、介護施設で多発しました。治療薬とワクチンの開発が進められていますが、クラスターの予防は3密を避けることと手洗いの励行、物理的距離を取ることにつきます。

距離を取りながらの介護支援はストレスにも感じますが、これも致し方ありません。利用者やその家族によく事情を説明し、理解を求め、一緒に苦難を乗り越えていくしかありません。

2.ストレスが溜まった際の対処法3つ

ストレスが溜まったときの対処法として、3つの方法を紹介します。

2-1.趣味などを持ち、気分転換をする

介護の仕事で溜まったストレス、自分の趣味などを通して気分転換することができればストレスの解消になります。

プライベートの時間を充実させることも介護職員として長く続けていくためには必要な要件です。

休みの日は休養だけに充てるよりも、自分の趣味を行う時間を積極的に持つことでリフレッシュできます。

スポーツなど、体を動かす趣味を持っている介護職員も多いです。肉体的にハードな運動よりも、有酸素運動がストレス解消に向いています。

ウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動を行うことで、血行がよくなり、精神の安定をつかさどる脳内物質「セロトニン」の分泌を促します。心身とも安定する効果があり、ストレス解消につながります。

また動物と触れ合うこともストレス解消には効果的です。ペットなど動物と触れ合うことで、ストレスや不安を解消する「オキシトシン」という脳内ホルモンが分泌され、精神的な安定を得ることができます。

家でペットは飼えないという方は、猫カフェやうさぎカフェなどの動物カフェや動物園などに行くのもストレス解消になります。

キャンプやアウトドアなどの趣味も効果的です。日光を浴び、豊かな自然に囲まれ、新鮮な空気を吸うことで非日常を体験し、リフレッシュすることができます。

いくつかの気分転換の方法を紹介しましたが、自分に一番合った趣味を持つことができるよう、いろいろなアクティビティに積極的にチャレンジしてみましょう。

2-2他人に相談をする

ストレス解消法の2つめは、誰かに相談するという方法です。

ストレスで限界を迎えてしまう前に、愚痴や不満を言葉にして出すことでストレスを解消することもできます。

介護観の近いスタッフや黙って聞いてくれる上司がいれば、相談してみるといいでしょう。

一方で、相談できる相手がいないというのも深刻な問題です。

悩みがある場合に相談できる担当者や相談窓口があると答えた人は全体のわずか38.1%にとどまっています。

相談できる担当者や相談窓口の有無

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書より

職場内の相手には話しにくい内容もあります。むしろ相談しない方がいいという場合もあります。

職場外で、介護職の集まる介護カフェも増えています。「未来を創るkaigoカフェ」は毎月一回都内で開催。

介護についての思いを語り、学ぶ場になっています。現在は全国各地にも介護カフェが次々と生まれています。

介護職員コミュニティアプリの「介護プロ」を利用すると、全国の介護職員とつながることができます。

匿名で仕事の悩みや他の施設・事業所との情報交換などもできるため、気軽に相談などができます。

自分と同じような悩みを抱えながら仕事をしている人の話などを聞き、励みになることもあります。

そういった場でのつながりが今後のキャリアに生きてくる可能性もありますので、積極的に話し合うを作りましょう。

2-3ストレスマネジメントの技術を身に付ける

ストレス解消法のひとつとして、ストレスマネジメントの研修を受けることも挙げられます。

ストレスと向き合い、ストレスをコントロールしていくのも介護職を続けていく上では大事な技術のひとつです。

介護職を対象としたストレスマネジメント研修なども多く開催されています。

都道府県の社会福祉協議会や介護福祉士会などが開催する他、日総研メデュケーションなどのサイトでセミナー開催予定を検索することができます。

例えば職場内でのコミュニケーションでストレスを感じているのであれば、「アサーティブトレーニング」を受けることもお勧めです。

アサーティブトレーニングとは、さわやかな自己表現です。相手に対して「特に言いにくいこと」を相手が不快にならないように伝える技法です。

人間関係を悪化させないよう、相手の置かれている立場を尊重した上で自分の主張を伝えるためにはトレーニングも必要です。介護業界を含め、ストレスの多いとされる職場で積極的に導入されています。

このようなストレスを溜めないためのスキルを身に着けていくことも重要です。

3.「もう限界…」というときの解決策3つ

ストレス解消に努めてきても、それでも「もう限界…」という状況を迎えた時、解決する方法を3つ紹介します。

3-1.公的な窓口に相談する

今の仕事を続けていくことに限界を感じた時の解決策のひとつは、公的な相談窓口を利用することです。

職場の同僚や上司に相談しても何も解決しない場合は、職場外の公的機関に相談することをお勧めします。

相談先相談内容
福祉人材センター介護労働についての相談
厚生労働省「こころの耳」相談案内労働に関する不安やメンタルヘルスについての電話相談

都道府県の社会福祉協議会が運営する福祉人材センターなどで介護労働についての相談を行っています。

全国社会福祉協議会の運営する「福祉のお仕事」から全国の福祉人材センターを確認することができます。

労働問題全般に関しては厚生労働省が労働者を対象にしたメンタルサポート事業を行っています。

労働者を対象にした「こころの耳電話相談」やストレスチェックなどを受けることができます。詳しくはメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」を確認してみてください。

厚生労働省では民間に委託してSNS相談も実施しています。

ストレスで心身が限界を迎える前に、公的な機関に相談することで問題の解決を目指しましょう。

3-2介護職から離れる

解決策の2つめは、介護の仕事から離れることです。つまり辞めることです。

肉体的疲労や腰痛などから介護の仕事を続けることが難しい時には介護職から離れることもひとつの選択肢です。

介護業界独特の人間関係や利用者とのコミュニケーションなどに苦痛を感じる方もいます。

介護の仕事だけが全てではありません。あなた自身の人生や体のことが一番大切です。

自分の体や気持ちと相談をし、介護業界以外の転職を考えるのも一手です。

今回の新型コロナウイルスの感染リスクをマネージメントする場合も離職はその手立ての一つです。

介護業界から離れて、新たな可能性にチャレンジしていきましょう。 

※実際に介護職から他業界への転職を考えている方は、『【必見!】介護職からの転職に使える4つの理由と成功までの5STEPとは?』をご参考ください。

3-3別の施設に転職をする

ストレスに対する解決策の3つ目は、別の施設に転職することです。

介護職は人手不足の業界ですので、転職のハードルは高くありません。優秀な人材であれば積極的に採用したいと考える施設・事業所は増えています。

介護業界には様々なサービスや施設種別があります。同じ介護業界の中で転職することで、より幅広いキャリアを形成し、専門的なスキルを身に着けることもできます。

今いる職場だけが全てではありません。一人で悩まず、相談したり、次のステップに踏み出しましょう。

4まとめ

介護はストレスの大きな仕事です。

ストレスが溜まる大きな要因と対策として、8つのパターンとその解決策を紹介しました。

介護職のストレスの要因解決策
職場の人間関係上司に相談。解決できなければ転職も。
利用者・家族への対応ケアに関する技術的な不安は経験と研修でハラスメントには事業所で毅然とした対応を。場合によっては提訴も。
組織・事業所の運営方針同僚や上司と一緒に解決改善の見込みがなければ転職を。
人手不足職員数の比較的多い職場や、ロボット導入などで負担の少ない職場に転職を。
給料が安い資格手当や役職手当で上積みできるよう勉強する。
体力面の不安や腰痛など腰痛に対してはストレッチなど日々のケア。他の職員に協力してもらう。体力面については生活習慣の改善と運動。
夜勤や残業、長時間労働上司と相談。夜勤のない職場に転職することも。
災害及び感染症への対策いざという時のために準備をしておきましょう。感染症は密集、密閉、密接を避ける。マスクの装着、手洗いの励行、物理的距離を取る。

介護の仕事で生まれたストレス対処法としては、以下の3つがあります。

ストレスが蓄積され、「もう限界…」というときの解決策としては、以下の3つを提案します。

介護職員が仕事を続けていくためにはストレスとの付き合い方も大事です。

ストレスの「限界」を迎えないように対処していきましょう。