介護職から転職,自己PR

【自己PR例文つき】介護から転職をする際にアピール出来る5つの強み

「介護から転職の際に使える自己PRは何があるだろう…」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

事実、介護職で働いてきたあなたには以下の5つの強みがついています。

  • コミュニケーションスキル
  • 体力・メンタルの強さ
  • 協調性
  • 観察力
  • 対応力

この記事では、介護職を通じてあなたに身についている5個の強みを丁寧に解説をするとともに『自己PRをする際の3つのポイント』・『介護から転職をする際の2つの注意点』も解説をしました。

3章では、『介護から転職をする際に使える自己PRの例文』も用意してあるので、ぜひ参考にしてみてください。それでは解説をしていきます。

1.介護から転職をする際に志望動機に使える強み

まずは『介護から転職をする際に志望動機として使える強み』を解説します。

介護業界で働いたことで身についている強みには、以下のようなものがあります。

介護業界で働いたことで身についている5つの強み

  1. コミュニケーションスキル
  2. 体力・メンタルの強さ
  3. 協調性
  4. 観察力
  5. 対応力

では、それぞれの強みについて順に見ていきましょう。 

1-1.コミュニケーションスキル

介護から転職をする際にアピールができる1つ目の強みは、高いコミュニケーションスキルです。

一人一人の利用者さんに適した声掛けや話題の提供など、心を開いてもらうために努力をしたコミュニケーションスキルがあなたには身に付いています。

筆者も、自身が勤めていた施設では

  • この利用者さんはこんな性格だからこんな風に声掛けをしよう
  • この利用者さんは耳が遠いからこんな声色で話しかけよう

と一人一人の性格や状態に応じてコミュニケーションを取っていました。

他のどんな職業でもコミュニケーションスキルの高さは強みになります。

利用者さんとの関わりを通じて、コミュニケーションスキルが培われたと実感しています。

1-2.体力・メンタルの強さ

介護から転職をする際にアピールができる2つ目の強みは、体力・メンタルの強さです。

毎日の入浴介助やトイレ介助、車椅子やベッドからの移乗など、介護の仕事を通じてあなたには体力がついています。

また、利用者さんの着替えやおむつ交換など、人によっては抵抗を感じやすい業務も、仕事を続けることで乗り越え、メンタル面も鍛えられています。

筆者も介護の仕事を通じて体力やメンタルが鍛えられました。

デイサービスに勤めていたので、毎日30人ほどの入浴介助やトイレ介助をしていました。

初めは慣れない重労働にすぐヘトヘトになっていましたが、数ヶ月経つと「体力がついた」という実感を得る事ができました。

ついには利用者さんとの会話を楽しみながら介助をする余裕も出てきました。

またおむつ交換などを通じて、『少し抵抗があることにも無の境地で仕事を進める』というメンタルも身につきました。

このように、介護職を通じて体力面や精神面が鍛えられているのです。 

1-3.協調性

介護から転職をする際にアピールができる3つ目の強みは、協調性です。

介護施設では介護士だけでなく

  • 事務職
  • 看護職
  • ケアマネージャー
  • 調理員

などさまざまな職種が協力して利用者さんの支援あたっています。

したがって、日々の他職種間での連携によって協調性も自然とあなたに身に付いています。

皆さんが勤めている施設でも、日々他職種との密接な連携を行なっているはずです。

例えば、調理員に相談して食事を一口サイズに切ってもらったり、食事が進まない原因が体調にある場合には、看護職やケアマネージャーに報告して家族に連絡してもらうなど、日々協力し合って業務にあたっているはずです。

このように、他職種との連携を通じて自然と協調性も身に付いているのです。

1-4.観察力

介護から転職をする際にアピールできる4つ目の強みは、観察力です。

介護士として日々利用者さんの様子を見ているため、些細な変化に気付くことができるようになっています。

例えば

  • 「いつもより顔色が悪いな。体調が良くないのかな?」
  • 「今日は何だか歩きづらそう。足が痛いのかな?」

など、細かい仕草や表情で利用者さんの体調の変化に気付いてきた経験があなたの血肉となっているはずです。

高齢の利用者さんには我慢強い人が多く、自分の不調を口に出さない人もいます。

介護士は、そんな利用者さんの変化にもいち早く気付いて上司や看護職に報告しなければいけないので、鋭い観察力が養われるのです。

1-5.対応力

介護から転職をする際にアピールができる5つ目の強みは、対応力です。

介護の仕事は、マニュアル通りに進むものではありません。

日々様々なアクシデントが起こるため、一人一人の判断によって適切な対応を求められる場面が多々あります。

筆者は訪問ヘルパーとしての経験があります。

訪問ヘルパーは一人で利用者さんの自宅に訪問して仕事をするため、特に対応力を求められる職種です。

筆者の過去の体験として

  • 訪問してみたら利用者さんが室内で倒れて骨折していた
  • 認知症の利用者さんが混乱してパニックになってしまった

なども経験しました。

しかしその結果、訪問ヘルパーの仕事を通じて、高い対応力を身につけることができました。

介護職を通じてあなたには、不測の事態にも適切に対処できる高い対応力が身についているはずです。

ではここでご紹介した、介護業界で働いたことで身についている強みをまとめてみましょう。

介護業界で働いたことで身についている5つの強み

  1. コミュニケーションスキル
  2. 体力・メンタルの強さ
  3. 協調性
  4. 観察力
  5. 対応力

2.介護から転職をする際の自己PRの書き方3つのポイント

ここからは、介護から転職をする際の自己PRについて解説します。

自己PRは、以下の3つのポイントを意識すると書きやすいです。

介護から転職をする際の自己PRの書き方・ポイント

  1. 経験を伝える
  2. 強みをアピールする
  3. 頑張れる理由をアピールする

では、ひとつずつ順に見ていきましょう。

2-1.経験を伝える

まずは、これまで頑張ってきた経験を伝えることが大切です。

勤めていた施設や職種、その施設でどんな仕事をしていたのかを書きましょう。

経験を書く際は、具体的な数字を明記するとより伝わりやすくなります。

例えば、「○○デイサービスにて○年間勤めた」など、数字を取り入れながら記載しましょう。

また、その仕事の中で自分がどんな努力をし、どんな成果を上げることができたのかも説明することが大切です。

2-2.強みをアピールする

次に、あなたの強みをアピールしましょう。

1章で解説をした強みを体験談と共にアピールをしたり、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格を取得していれば、合わせて記載しましょう。

福祉と関係のない業界へ転職する場合には「介護系資格を書いても意味がないのでは?」と思うかもしれませんが、資格の取得はその業界で経験を積んだ努力の証でもあるため書いておく方がより良いです。

2-3.頑張れる理由をアピールする

次に、あなたが転職先の業界で頑張れる理由をアピールしましょう。

具体的なテーマとしては

  • この業界でこんな仕事を成し遂げたい
  • この仕事に就くのが長年の夢

などの目標や夢を説明するのがオススメです。また説明では、頑張れる理由をできるだけ具体的に書いた方が評価も高いでしょう。

ここで、ご紹介した自己PRの書き方の3つのポイントをまとめてみましょう。

介護から転職をする際の自己PRの書き方・ポイント

  1. 経験を伝える
  2. 強みをアピールする
  3. 頑張れる理由をアピールする

3.介護から他業界に転職をする際の自己PR例文

ここでは、2章でご紹介したポイントも踏まえつつ、他業界に転職をする際に参考にしてほしい自己PRの例文をご紹介します。

ただし以下はあくまでも一例のため、実際に作成する時には以下を参考にしながら、自分の言葉で熱意を伝えるようにしましょう。

なお、自己PR文は300字程度にまとめるとボリュームとして丁度良いです。

「原稿用紙1枚弱」をイメージして、300字で簡潔にPRできるよう、参考にしてみてください。

【例文1】

大学卒業後、介護士として特別養護老人ホームにて4年間、グループホームにて3年間勤務いたしました。

2020年には介護福祉士資格も取得し、一人一人のご利用者に合わせたより専門的なケアを行なってまいりました。

介護職では、他職種との密に連携を図ることで、チームの一員として働く協調性を培うことができたと考えております。

対応の難しいご利用者に対しても、時間をかけてじっくりと関わることで、信頼関係を構築することができ、自分自身の忍耐力も養われたと感じています。

介護の仕事で身に付けた協調性や忍耐力は、他の職種でも必ず活かすことができると考えています。

【例文2】

私はこれまでデイサービスにて4年間介護業務に携わってまいりました。

職場では認知症の高齢者を積極的に受け入れており、介護技術に加えて認知症対応の知識についても深く学ぶことができました。

介護職では、ご利用者一人一人の様子を見ながら適切な声掛けを行うことで、どんなご利用者にも心を開いていただけるコミュニケーションスキルを身に付けることができました。

介護職で培ったコミュニケーションスキルは、多くのお客様と接する販売の仕事でもきっと役に立つと考えています。

また、持ち前の明るさや行動力を活かし、新しい環境でもさらに成長していきたいと考えております。

【例文3】

私は2005年~2020年の15年間、特別養護老人ホームにて介護士として勤務いたしました。

未経験から介護職を始めましたが、慣れない環境でも常に前向きな思考で業務に取り組むことで、自分で考えて行動する力が身に付きました。

介護職で培った主体性を活かし、接客の仕事でも積極的に意見を出して、より良いサービスができるよう努めてまいりたいと考えております。

4.介護から転職をする際には「理由」の伝え方に注意をする

ここからは、介護から転職をする際に注意したい『転職理由の伝え方』について解説します。

転職の理由を伝える際には、以下の2点を意識しましょう。

転職の理由を伝える際の2つの注意点

→ポジティブな退職理由に変換して伝える

→なぜこの業界・会社を選んだのかを明確にしてスムーズに伝えられるようにしておく

それぞれ順に解説していきましょう。

4-1.ネガティブな退職理由をストレートに伝えないこと

転職先の面接において、退職理由を聞かれることは多々あります。

面接官に退職理由を尋ねられた際には、ネガティブな退職理由をストレートに伝えないことがポイントです。

例えば、介護職を辞める理由が

  • 給料が低いから
  • 人間関係でトラブルがあったから
  • 職場の上司と相性が悪かった

などだったとしても、それを正直に転職先へ伝えてしまうのはNGです。

なぜならあなた自身の印象を悪くしてしまうからです。

  • 仕事内容よりも給料を重視する人
  • 新しい職場でも良い人間関係を築けない人

などのマイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。

したがって退職理由を聞かれた場合はネガティブな退職理由をストレートに伝えるのではなく、「自分のスキルアップのため」などポジティブな理由に変換をして伝えるようにしましょう。

ネガティブな退職理由には、以下のようなものがあります。

それぞれの言い換え表現も参考にしてみてください。

退職理由,変換例

4-2.転職理由を明確にしておくこと

次に、転職理由を明確にしておくこともポイントとなります。

転職時の面接では必ず転職理由を尋ねられます。

自分の中で転職理由がしっかりと固まっていないと、いざ質問された際にスムーズに答えられず、せっかく熱意を持って応募していたとしても相手には伝わりません。

特に、なぜこの業界・会社を選んだのかを明確にしておくことが大切です。

実際に転職理由を伝える際には、明確に、熱意をもって伝えましょう。

ではここで転職する際に注意したい転職理由の伝え方について、ポイントをまとめてみましょう。

転職の理由を伝える際の2つの注意点

→ポジティブな退職理由に変換して伝える

→なぜこの業界・会社を選んだのかを明確にしてスムーズに伝えられるようにしておく

5.まとめ

いかがでしたか?今回は、介護職から別の業界に転職する際の自己PRについて解説しました。

それでは、この記事で解説した内容を、もう一度おさらいしておきましょう。

介護業界で働いたことによって身につく強みは、以下の5つです。

介護業界で働いたことによって身につく5つの強み

  1. コミュニケーションスキル
  2. 体力・メンタルの強さ
  3. 協調性
  4. 観察力
  5. 対応力

次に、自己PRの書き方のポイントは以下の3つです。

介護から転職をする際の自己PRの書き方・ポイント

  1. 経験を伝える
  2. 強みをアピールする
  3. 頑張れる理由をアピールする

そして、転職の理由を伝える際には、以下の2点を意識することが大切です。

転職の理由を伝える際の2つの注意点

→ポジティブな退職理由に変換して伝える

→なぜこの業界・会社を選んだのかを明確にしてスムーズに伝えられるようにしておく

今回解説した内容を参考に、ぜひ希望する業界への転職を実現させてくださいね。