【介護福祉士落ちた】不合格率は30.1%|来年合格の為の3つの試験対策

介護福祉士,落ちた

「介護福祉士試験に落ちてしまった…」

あなたは今こんな状況ではありませんか?

前回(令和元年度)の合格率は69.9%でした。逆に言えば、試験を受けて不合格だった人が30.1%、すなわち25,287人もいるということになります。

不合格だった方は、「もっと勉強をしておけば良かった」と後悔することもあるでしょう。しかし過去の結果を取り戻すことはできません。

「試験に落ちた」という事実を自分の中でしっかりと受け止め、来年の試験に向けて、今から備えることが大切です。

この記事では介護福祉士試験に落ちてしまった方に向け、来年は必ず受かるための介護福祉士試験対策3つを解説しました。

  1. 落ちた原因を分析する
  2. 早いうちから受験対策をする
  3. 勉強方法を変える

この記事を読むことで来年の介護福祉士試験に合格をする確率がグッと高まります。

「来年の介護福祉士試験は、万全の準備をして望んでほしい」という思いからこの記事を執筆しました。では解説をしていきます。

1.【試験に落ちた…】介護福祉士の不合格率は30.1%

介護福祉士の国家試験、前回(令和元年度)の合格率は69.9%でした。

つまり試験を受けて不合格だった人が30.1%、25,287人もいるとも言えます。

ここ数年の介護福祉士国家試験の合格率と合格者数は以下の表のとおりです。

介護福祉士国家試験の合格率・合格点・合格者数の推移

合格率
合格者数
不合格率
不合格者数
合格点
第29回
平成28年度
72.1%
55,031人
27.9%
21,292人
75点
第30回
平成29年度
70.8%
65,574人
29.2%
27,080人
77点
第31回
平成30年度
73.7%
69,736人
26.3%
24,874人
72点
第32回
令和元年度
69.9%
58,745人
30.1%
25,287人
77点

※問題数が125問になった平成28年度から掲載

 平成28年度以降は合格率70%前後で推移しています。それ以前の介護福祉士国家試験は、50~60%台の合格率で推移していました。

つまり近年では、5年前と比較すると、合格率が上がっているのが実情なのです。

これは 「介護福祉士試験の受験資格が厳しくなり、受験者のレベルが上がった」ため合格率が上昇したと考えられます。

しかし実際には、約3割の方が不合格となっており、数に直すと2〜3万人が落ちている介護福祉士試験。

ただ「合格率が高い試験に落ちた」といって恥じる必要はありません。

次の試験に向けて、悔しい思いをしないようにしっかり準備をすることが大事です。

2.来年は必ず受かるための介護福祉士試験対策

落ちてしまった試験結果は取り戻せません。そこで1年後の試験に向けてどのような準備をするかが重要です。

この章では、試験対策の重要ポイントを3つ紹介します。

  1. 落ちた原因を分析する
  2. 早いうちから受験対策をする
  3. 勉強方法を変える

2-1.落ちた原因を分析する

なぜ自分が不合格だったのかを分析してみましょう。

まず介護福祉士国家試験の合否判定には、2つの基準があることを再確認しましょう。

合格基準は以下のように定められています。

介護福祉士国家試験合格基準(筆記試験)次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア:問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。

イ:アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。

[1]人間の尊厳と自立、介護の基本

[2]人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術

[3]社会の理解

[4]生活支援技術

[5]介護過程

[6]発達と老化の理解

[7]認知症の理解

[8]障害の理解

[9]こころとからだのしくみ

[10]医療的ケア

[11]総合問題

(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

公益財団法人 社会福祉振興・試験センターホームページより

つまり介護福祉士試験に合格をするためには、以下の2点をクリアしなくてはいけないのです。

介護福祉士試験に合格するための2つの基準

  • 総得点が合格基準点(全体の60%が目安)を超えている
  • 試験科目11科目群全てで得点している

まず『総得点が全体の60%程度の合格点を超えているかどうか』という基準があります。

試験問題は125問なので、そのうちの75点が合格ラインの1つになると思ってください。

自己採点をして、その基準をクリアしていたかどうか確認しましょう。

この基準点を超えていなかった場合は、次回は1点でも多くとるためにまた学習を積み重ねていくことが大切です。

間違っていた問題をノートに書いて復習することや、得点があまり取れなかった科目がなかったかを確認し、苦手分野を集中的に勉強しましょう。

もう1つの合格基準が、『全ての科目群での得点』です。

合格基準点を超えていたのに不合格になった場合には、得点を取れていない科目があったことが考えられます。

得意な科目でどれだけ点数が取れていたとしても、苦手科目で点数が取れていない場合は合格にはなりません。

苦手科目をなくすことが、合格の重要ポイントでもあります。

講座を活用しながら、苦手科目を克服していきましょう。

その他にも不合格だった理由としては以下の理由も挙げられるでしょう。

  • 時間の使い方が悪かった
  • 体調管理で失敗した
  • 実技で不合格になった(※実技受験者のみ)

介護福祉士国家試験に落ちた方は、下記のポイントも確認し次回に活かしていきましょう。

反省点次年度に向けての修正点
学習方法は適切だったか学習方法を変えてみる
試験時間の使い方は適切だったか難問は切り捨てることも
苦手科目がなかったか苦手科目を克服し、得点を伸ばす
体調管理ができていたか寒さ対策・感染症対策をしっかり行う
実技で不合格だった本番を意識したケアを現場でも行う

2-2.早いうちから受験対策をする

落ちた試験を取り戻すことはできません。そこで気持ちを切り替えて、来年の試験に向け早いうちから受験対策をすることをオススメします。

介護福祉士試験合格のコツは「できるだけ早いうちからコツコツと勉強をする」です。

ただ無理に意気込んで「毎日2時間勉強をするぞ!」といった高い目標を設定してしまうと、モチベーションを維持できなくなり、試験本番前に心が折れてしまうでしょう。

そのため少しずつでいいので、『1日10分でも20分でも勉強の習慣を続ける』という姿勢を持ちましょう。

例えば疲れている時でも、問題集1ページだけでも開いて学習することで、勉強の習慣ができて、結果的に知識がつき合格に近づきます。

試験での不合格の悔しさをモチベーションにして、短距離走のペースで試験勉強をするのではなく、マラソンのようなイメージで1年間という長期戦略の中で学習を積み上げていくことが重要です。

試験勉強のスタートは不合格の悔しさのあるうちに始めましょう。鉄は熱いうちに打て。

そしてマラソンのようなイメージでコツコツと積み上げていくことを意識し、短時間でも毎日問題集や参考書を開く習慣を続けましょう。

2-3.勉強方法を変える

勉強方法を見直すことも重要です。

「勉強方法を変える」具体的な方法としては、以下の3つの方法があります。

  1. 独学の場合は通信講座や通学講座を活用する
  2. 参考書を変えてみる
  3. 勉強する環境を変えてみる 

上記の点において、1番効果があるのは『①独学の場合は通信講座や通学講座を活用する』ことです。 

通信講座・通学講座のメリット

通信講座・通学講座には下記のようなメリットがあります。

  • プロの教員から講義やテキストで学習できる
  • メールやFAXなどで質問できるサポートがある
  • 通学の場合は集中して学習できる環境がある

例えば事例の問題が出ても、自分の経験したことのないサービス領域や対象者などを想定した問題が出題された時には、解答に詰まることが多いでしょう。

そういった経験不足を補うために、通信講座や通学講座は有効です。

通信講座ではメールやFAXなどで質問をできるサポートがついています。

わからない問題があった時には積極的に質問サポートを使うことで、上記のような事例問題にも対応することができ、理解を深めることができます。

独学の場合は、わからない問題をそのままにしてしまいやすいと思いますが、講座を利用することで、わからない問題を質問することができ、疑問を解消することができます。

質問した問題の1点が、国家試験の合否を分けるかもしれません。

通信講座や通学講座に通うことで、苦手分野を克服し、介護福祉士国家試験合格に一歩近づくことができるでしょう。

以下のサイトから、介護福祉士試験の講座を無料でかつ、一括で資料請求をすることができます。

まずはお手元に資料を取り寄せてみて、自分の目で講座を比較してみてください。

介護福祉士試験の講座の資料請求をする。来年の試験に向けた準備はここからがスタートです!

3.まとめ

いかがだったでしょうか。

前回(令和元年度)の合格率は69.9%でした。逆を言うと、試験を受けて不合格だった人が30.1%、25,287人もいるということでしたね。

来年の介護福祉士試験に合格するためにも、以下の3つを参考にしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


あなたへのオススメ記事