【2ch・5chで話題!】介護職から転職についてのスレッドまとめ

「2ch・5chではどんなことが話題になっているんだろうか?」

介護から転職を考えているあなたは今こんなことを思っていませんか?

事実、2ch・5chの「介護職から他の業種職種に転職 」スレでは、主に以下の3つの話題が上がっていました。

また介護から転職する際にオススメの職種として、次の7つの職業が話題に上がっていました。

この記事では、2ch・5ch上での「介護から転職」について話題に上っていた内容をピックアップしてまとめました。

自分で2ch・5chを見るよりも、この記事を読めば、どんなことが2ch・5chで話題に上がっていたのかを知ることができます。

では解説していきます。

1.    介護から転職についての2chまとめ

それでは早速、介護から転職についての2chの書き込みを見ていきましょう。

ここでは、『介護職から他の業種職種に転職』スレで話題に上がっていた内容をいくつかピックアップしてご紹介します。

これらの内容をまとめていきます。 

1-1介護職をやめたい理由

33:名無しさん@介護・福祉板 2018/12/31(月) 00:42:38.80 ID:1NcAkTb7

無駄な金に無駄な時間。このまま介護報酬は上がることはない。人手不足は更に進みます。この業界もって10年だ。準備した方がいい。足を洗うことをおすすめします。

介護職から他の業種職種に転職

124:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/14(月) 20:36:04.47 ID:lFhQTu/D

運ちゃんにジョブチェンジしたけど楽しくて困る

帰宅願望連中の無駄話に付き合ったりしょうもないレクやらされるのはどうも向いてなかったみたいだ

この仕事辞めてもまた介護に出戻り出来るってのも大きい

介護職から他の業種職種に転職

297:名無しさん@介護・福祉板 2019/05/29(水) 07:22:35.79 ID:gH28YCpQ

介護の仕事が疲れたのと、家の事情や体調でシフト制がきついので、事務職の応募して書類は通ったけれど、やっぱりダメでした。事務歴10年以上ですが、年齢が50近いのもあったし仕方ない。

やっぱり介護業界で頑張るしかないかな。

ケアマネも資格はあるけれど、現場のほうが良いか迷う。

介護職から他の業種職種に転職

介護職をやめたい理由は様々でした。

2ch・5chに書き込まれた介護職を辞めたい理由まとめ

  • 給料が安い
  • 身体に負担がかかる
  • 仕事が楽しくない

まず、給料が安いという指摘が何度か話題にあがっていました。

厚生労働省の統計によると、介護職の平均賃金は300,970円となっています。しかしこの金額は資格保有者や長年勤めている人も含めた平均賃金なので、実際には300,970円に届いていない人も多いのではないでしょうか。

事実平成30年には介護報酬改定があったため、今後さらなる介護職従事者の賃金改善は期待できますが、「長い期間賃金改善を待てない」という人もいますよね。

また介護職は力を使う仕事なので身体に負担がかかります。腰を痛めてしまう人も少なくありません。

さらには「シフト制という不規則な勤務形態も辛い」と感じる人が多いようです。中には「そもそも仕事が自分にあっていない」との声もありました。

みんなが介護職を辞めたいと思う7つの理由とブラック施設3つの特徴』では、介護職の皆様が、介護職を辞めたいと思う理由をズラッと解説しました。きっと共感いただける内容も多いはずです。ぜひご覧になってください。

1-2.介護職から転職したその後

104:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/13(日) 16:50:51.47 ID:ZNM2qFZc

高卒で2年フリーターしてから25まで介護、その際ヘルニア発症してもうこの仕事は無理だと悟り退職

僅かな貯金とアルバイトで生計をたてながら、以前から興味があったプログラミングスクールに通って、去年なんとかIT系に転職できました。現在1年目若者(特に20代)は本当に転職した方がいい。老い先短い老人を必死に介護して、俺みたいに20代で老人並みの腰になるなんてもったいないぞ

介護以外したことないなら、なおさら転職しろ。世界が変わるぞ

介護職から他の業種職種に転職

116:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/14(月) 16:40:28.93 ID:oq8qBk7z

2年前に介護職辞めてバリバリの営業会社に入ったんだけど自分にはあってたみたい

年収1000万は行かないけど基本給300万にインセンティブ500万ちょっともらってる

それなりに成績出してるから残業も求められないし休みも取れる

多くはないけど年間110日くらいはきっちり休んでる

成績出ない人は詰められるし休日出勤も暗黙の了解だし続かない人多いけど

自分も数年後は成績出なくなってるかもわからんし先は読めないけど最後の手段は介護があると思うと気も楽

介護職から他の業種職種に転職

164:名無しさん@介護・福祉板 2019/02/10(日) 03:47:30.22 ID:pvAy0muv

郵便局のアルバイト6年やって社員登用試験合格した

流石にあと28年もケツ拭きしてられない

介護職から他の業種職種に転職

126:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/14(月) 23:34:59.24 ID:g2fGlFG7

10年前に転職

介護→大手工場

介護時代年収300→現在550

休み年108→121

工場の仕事は当たり外れがあるけど

大手はいいぞ。労働組合があるから

有給も、取得目標数がある。

うちは16日。

介護職から他の業種職種に転職

224:名無しさん@介護・福祉板 2019/04/03(水) 19:27:52.05 ID:fo2ydWc8

メーカーの本社に内定いただきました

難しいが不可能ではない

ただし年齢が若いかもしくは元々他業種他職種の経験があるかが必要

介護職から他の業種職種に転職

298:名無しさん@介護・福祉板 2019/05/29(水) 08:11:32.29 ID:PAeI71cf

>>297

事務歴0秒「はたらこねっと」で派遣会社に申し込んだらすぐ見つかった。

(50過ぎてるけど)

時給1000~1200円だけど。もっと高い所を希望したのかな?

都内だと一般事務で1600~1800円が相場です。(派遣だけど)

肉体労働が無いってホント楽

介護職から他の業種職種に転職

介護から転職した人は、次のような業種に就いたようです。

  • プログラマー/システムエンジニア
  • 営業
  • 郵便局
  • 工場
  • 派遣の事務

転職した人の多くは、給料が大きく上がったり休暇が増えたりと、介護職に就いていたころより満足できる環境に変わったようです。また「肉体労働がなくなり、身体的な負担が軽くなった」と感じた方もいます。

【経験を活かせる】介護から転職の際のオススメの職種・働き方16選』では介護職から転職を考えている方へ、オススメの職種や働き方を紹介しています。介護職から転職を検討されている方全てにオススメできる内容なので、ぜひご覧になってください。

1-3.その他の話題

3:名無しさん@介護・福祉板 2018/12/23(日) 02:22:14.75 ID:P5auANeH

まず自分の例だと周りを見る限り元の職に戻る人は意外と多い気がする

営業職や販売職あとは飲食店関係は意外と入りやすい?

介護職から他の業種職種に転職

6:名無しさん@介護・福祉板 2018/12/23(日) 14:00:47.86 ID:X9DtvC8f

若いなら努力すればいろんな仕事でできるだろ

他が嫌になったり出来なくなって介護にくると

40ぐらいで他に移れなくなる

介護職から他の業種職種に転職

8:名無しさん@介護・福祉板 2018/12/23(日) 15:10:46.83 ID:+7DxwUch

>>6

だな 40近辺でもう潰しが効かなくなる 世間が厳しい過ぎて笑ったわw

チャレンジしたいならどうぞ 結果聞きたいわ どんな奴ならいけるのか

介護職から他の業種職種に転職

102:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/13(日) 03:37:19.29 ID:qQildoIw

正社だけどさ

派遣に登録して

介護と他の業種 掛け持ちするか…な

キツイかな?

単発バイトとかやりたいな

介護職から他の業種職種に転職

103:名無しさん@介護・福祉板 2019/01/13(日) 11:32:09.90 ID:i3uPzYUL

全然、みんな副業してるでしょ

介護職から他の業種職種に転職

214:名無しさん@介護・福祉板 2019/03/29(金) 23:15:58.15 ID:cyVqhmC/

>>213

とりあえずパートで働きながら就活するわ

無職はゴメン

介護職は働きながら就活しやすいからな

介護職から他の業種職種に転職

270:名無しさん@介護・福祉板 2019/04/14(日) 23:42:51.65 ID:5tlZ3v2i

ウチの職場に3ヶ月で戻ってきた奴がいてワロたわ。

介護職から他の業種職種に転職

272:名無しさん@介護・福祉板 2019/04/15(月) 00:44:48.81 ID:d0UCPNaD

>>270

うちの職場は5日で戻って来た奴いたわw

有休取ったの?

といじられまくった事は言うまでもないw

介護職から他の業種職種に転職

276:名無しさん@介護・福祉板 2019/04/15(月) 06:26:42.43 ID:fbZ0Vi3q

質問です。

他業種の面接に行くとき提出する履歴書の資格欄に介護福祉士って書かない方がいいですか?

介護で頑張ってたんだなーって評価されるなら書きますけど変に介護の国家資格持ってることアピールしたら「何で介護やめんの?」って流れになるリスク高いですかね?

介護職から他の業種職種に転職

284:名無しさん@介護・福祉板 2019/04/15(月) 13:17:43.19 ID:G1l3rU3w

>>276

書くべき

その職種の資格は取ってて当たり前

辞めた理由を聞かれたら

求職活動しながら働くには、介護が適してたとでも言っとけばいい

そして

どんな資格を書いても誰も頑張ってるとは思わない

介護職から他の業種職種に転職

2chでは、次の内容についても話題になっていました。

2chで話題になっていたテーマまとめ

  • 他業種に転職しても介護職に戻る人が多い
  • 40歳くらいから転職しにくくなる
  • 介護職は時間がとりやすい
  • 転職するときに介護福祉士の資格をアピールすべきか悩んでいる

他業種に転職しても介護職に戻る人が多い

他業界に転職したにも関わらず、介護職に戻ってくる人も多いようです。転職先が自分の肌に合わなかった人もいるのでしょう。

実際に2chのスレッドの中にも、介護職に出戻りをした人が何人もいました。

40歳くらいから転職しにくくなる

「40歳くらいからは、介護から転職しにくくなる」との声もありました。

実際のところ、年齢が上がるにつれて転職しにくくなります。採用されるためには資格が必要になる職種もあるので、転職を考えたらなるべく早く行動しましょう。

介護職からの転職は難しい?40代が成功するコツ』では、介護職から他業界に転職を検討している40代以上の方へ、転職する際のアドバイスや転職に失敗しないためのポイントを解説しています。

介護職は時間がとりやすい

「他業種と比較してみても、介護職は時間がとりやすい」という声もありました。

もちろん職場によって事情は異なりますが、介護職はほとんどがシフト制なので、希望する日や時間に休みがとりやすいようです。 

転職するときに介護福祉士の資格をアピールすべきか悩んでいる

「転職するときには、介護の資格を有していることを伝えたほうがよいのか?」という話題もありました。

「資格を持っていることがマイナスに働く場合は少ないので、資格を持っていれば正直に伝えたほうが良い」という結論となっていました。

【自己PR例文つき】介護から転職をする際にアピール出来る5つの強み』では、「介護職から転職を考えているけど、介護業界で働いた経験を面接でどのようにアピールできるだろう…」と悩んでいる方に、「介護業界から転職する際にアピールできる強み」を紹介しました。

介護業界で働いたことで培った強み、他業界で活かせるスキルは多々あります。ぜひ記事をご覧になって、介護業界で働いたことによる、自分自身の強みを発見してみてください。

2.【介護から転職】2ch内で話題・言及が多かった他業種7選

最後に2ch内で話題になっていた『介護から転職するのにオススメの他業種』を紹介していきます。仕事内容や仕事の魅力などを紹介していくので、転職活動の参考にしてみてくださいね。

2chでは次の7つの職業が話題になっていました。

2-1.プログラマー/システムエンジニア

未経験からでも活躍できる、かつ高収入を期待できる仕事として、2chでは「プログラマー、システムエンジニアの仕事がオススメ」という書き込みがありました。

システムエンジニアは、顧客の要望をヒアリングし、ニーズに応えられるようにシステムを設計しテストを行う仕事です。 

プログラマーは、システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、プログラムを書く仕事です。Webプログラマー・アプリケーションプログラマー・ゲームプログラマーなど様々な種類があります。

プログラマー/システムエンジニアの仕事は、自分が関わったシステムが多くの人の役に立つため、やりがいのある仕事です。またクリエイティブ職の側面もあるので、自分が役に立っている実感を得やすいでしょう。

近年、プログラミングを学ぶためのプログラミング教室がブームとなっています。「DMM WEBCAMP」や「Tech Academy」のようなスクールが有名で、これらのスクールではプログラミングを教える他にも、学んだ後にエンジニア職として、他業界からの転職支援もしてくれます。

転職支援をしてくれるプログラミング教室の中でも特に、「GEEK JOB」がオススメです。GEEK JOBは受講料無料でプログラミングを学ぶことができ、かつ転職支援のサービスも受けることができるからです。

つまりGEEK JOBの受講生は通常30万円〜50万円ほどかかる受講料を一切支払うことなく、システムエンジニア/プログラマーとしてのスキルを身につけることができ、そのままエンジニアとして転職することが可能です。

実際に2chのスレッドの中では、退職後にプログラミングスクールに通ってスキルを身に付け、IT業界に転職した人がいました。

介護からシステムエンジニア/プログラマーへの転職を考えている方であれば、受講料が無料で、かつ転職支援サービスも受けることができる「GEEK JOB」をオススメします。

2-2.営業

営業職

営業職とは、自社の商品やサービスを客に勧める仕事です。

営業にはいくつかの種類があり

  • 新しい顧客を開拓する新規営業
  • すでに獲得している顧客へ営業するルートセールス
  • 顧客からの問い合わせに対し解決策を提示するインバウンドセールス

などがあります。

介護職は給与面ではインセンティブ設計がない業界です。基本的に仕事を頑張れば頑張るほど、給料が上がることは少ないです。

一方、営業職はインセンティブ設計が確立されている業界です。営業で契約などの結果を取れば取るほど、結果として給料に現れてきます。

つまり成果がインセンティブとして給与にプラスされることがあるため、頑張った分だけ稼げるというメリットがあります。

介護からの転職先として営業職が気になるという方は、営業職の求人を25,308件(2020年09月25日現在)保有しているリクルートエージェントに登録してみてください。

リクルートエージェントに登録することで、あなた専属のスタッフがつき、転職活動をフルサポートしてくれます。またリクルートエージェントは登録しないと分からない非公開求人を、営業職でいうと18,571件保有しています。

登録は無料なので、介護から営業職に転職することを少しでも考えている方は、まずは登録しておくことをオススメします。

2chのスレッドでも、ノルマ達成によるインセンティブが入ることで「介護職に就いていたころよりも給料が大幅に上がった」との声がありました。

2-3.郵便局

郵便局は郵便や貯金、生命保険に関する仕事を行います。郵便局は日本全国に設置されており、地域に密着した働き方ができます。

また郵便局は基本的に転勤はありません。給料が安定していて福利厚生もしっかりしているので、女性でも働きやすいです。

郵便局に勤めるためには、特別な資格は必要ありません。日本郵政グループに入社することで、郵便局で働くことができます。アルバイトから始めて正社員に登用されることもあるので、チャレンジしやすい職業です。

郵便局への応募は会社のHPまたはリクナビNEXTなどの求人サイトより行うことができます。リクナビNEXTに登録すれば、『郵便局がどの地域で人材を募集しているのか』を確認できます。

登録は無料なので、少しでも気になる方はリクナビNEXTに登録し、求人を探してみてください。

実際に2chのスレッドでも、「アルバイトを6年間したあとに社員登用された」という人がいました。

2-4.工場勤務

工場での勤務は鉄鋼工や化繊紡糸工などさまざまな職種がありますが、大きく分けると

  • ライン作業
  • ピッキング(指定されたものを倉庫から取り出す作業)
  • 生産・工程管理

の仕事があります。

モノ作りが好きな人にピッタリの仕事といえるでしょう。

介護職はコミュニケーションが必須な仕事なので、中には対人関係に疲れてしまう人もいます。

一方、工場では黙々と作業をするので対人関係で悩むことが少なくなります。また大きなノルマや責任を与えられることもないので、プレッシャーを感じることも少ないでしょう。

加えて工場は学歴不問のところが多いので、比較的誰でも転職しやすいです。『40代未経験』でも募集しているところは少なくありません。 

実際に「リクルートエージェント」でも工場勤務の求人は5,146件あり、「未経験可能」と条件を絞ってみても、848件の求人が見つかりました。(2020年09月25日時点)

とは言いつつも、新型コロナウイルスの影響で、求人数は減少傾向にあります。製造業、工場への転職を少しでも考えている方は、早めに行動に移すべきです。

工場勤務に特化した「工場求人ナビ」や大手求人サイト「リクルートエージェント」に今すぐに登録し、転職活動をスタートしましょう。

2chのスレッドでも工場勤務に転職した人が複数見られました。「介護職よりも年収が上がった」との声もあり満足している人が多いようです。また「年間休日が多いので、プライベートの時間がとりやすくなった」との声もありました。

2-5.事務

事務職

事務の仕事とは

  • 書類作成
  • データ入力
  • 電話対応

などのオフィスワーク全般を指します。

多くの場合はルーティンで、1日の流れが決まっているのが特徴です。そのため事務は定時で帰れることが多く、仕事とプライベートのメリハリがつけやすい仕事です。

また基本的にはデスクワークなので、体力も必要なく、女性でもこなしやすいというメリットもあります。加えてパソコンのスキルも身に付くので、他の仕事にも役に立ちます。

事務は、特別な資格や学歴がなくてもできる仕事です。

ただ事務の募集の倍率は高騰しているので、採用してもらうためには自分の強みをしっかりとアピールすることが必要になるでしょう。介護職で培った丁寧な気配りや観察力などをアピールしてみるのもよいかもしれません。

また事務職は、正社員での採用よりも派遣やパートでの採用が多いという特徴もあります。

正社員で事務職を考えているのであれば、事務の求人を1,771件保有する「doda」を、派遣で事務職を考えているのであれば事務の求人数8,479件を保有する「スタッフサービス」を利用すると良いでしょう。

こちらも新型コロナウイルスの影響により、求人数は減少傾向にあります。
事務職への転職を少しでも考えている方は、今すぐに行動に移すことが大切です。

 2chのスレッドでも、派遣の事務職に転職した人がいました。「肉体労働がないので、介護職に就いていたころよりも楽に感じた」とのことです。

2-6.タクシー運転手

タクシードライバー

タクシー運転手は客をタクシーで目的地に送り届ける仕事です。 

タクシー運転手の魅力は、歩合制である点が挙げられるでしょう。自分なりに乗車率を挙げる方法を工夫すれば、その分給料として還元されるのでモチベーションを保ちやすいです。

また休日が多いので、プライベートの時間を十分確保できます。 

タクシー運転手として仕事をするには、普通第二種免許を取得する必要がありますが、取得費用は会社が立て替えてくれることが多いようです。

タクシー運転手に登録を考えているのであれば、「P-CHAN TAXI」に登録することをオススメします。「P-CHAN TAXI」には、年収600万円以上の求人があったり、業界に精通しているコンサルタントが転職をサポートしてくれるため、書類選考突破率は驚異の100%を記録しています。

タクシー運転手への転職が少しでも気になる方は、「P-CHAN TAXI」に登録してみてください。

2-7.清掃業

清掃業は商業施設やオフィスなどの清掃をする仕事です。汚れやごみを除去したり、ゴミを回収したりします。

清掃の仕事は高齢者でも募集していることが多いので、年齢に関係なくチャレンジできることが魅力です。

また仕事も安定してあるため、いきなり収入が途絶えてしまうことも少ないでしょう。

清掃の仕事は黙々と仕事をこなせる人にピッタリの仕事です。学歴や職歴はほとんどの場合が不問なので、慌てて転職する必要もありません。

「綺麗にする仕事」という点では介護職と似ている部分もあります。2chでも「介護職を経験していると、清掃業に抵抗がなくなる」という声がありました。

清掃業に転職を考えているのであれば、「リクルートエージェント」に登録するのをオススメします。「リクルートエージェント」は清掃業の求人を実に839件保有しており、担当のスタッフが未経験でも清掃業に転職をするコツを教えてくれ、転職成功までしっかりとサポートしてくれます。

介護職からの転職先として、清掃業が気になるのであれば、「リクルートエージェント」に登録をしておけば損はないでしょう。

以上が、2ch・5chで話題になっていた、2ch内で話題・言及が多かった他業種7選になります。

【経験を活かせる】介護から転職の際のオススメの職種・働き方16選』では、「介護職から転職する際のオススメの職種・働き方」を当サイト独自に徹底的に調査し、選定しました。上記7職種以外にもオススメの仕事を提案しているので、ぜひご覧になってください。

最後に、介護から転職を考えている方に向けて、利用すべき転職エージェントを紹介していきます。

介護から転職、特に未経験の業界に転職する場合、あなたが採用される確率は低いといえます。採用する側にしてみても、「未経験の人材よりも経験者の方を採用したい」と思うからです。

しかし、たとえ未経験の業界の転職でもあなたの転職活動の頑張り次第で、道は開けてきます。そして未経験からの転職を少しでも考えている場合は、必ず転職エージェントに登録してください。

転職エージェントは転職のプロだからです。転職エージェントは、今までにも未経験から他業界への転職を何人もサポートをしてきました。履歴書の書き方・面接での答え方など、未経験の業界で採用されるためのノウハウが転職エージェントにはあります。

転職エージェントを使い倒すくらいの勢いで利用すれば、あなたが理想の仕事、職場に出会うことのできる可能性がググッと上がるでしょう。

転職エージェントは”登録から転職決定まで全て無料”でサポートを受けることができます。転職する方は使わない手はないでしょう。

次章で、介護から転職する際に利用すべき転職エージェントを3つ紹介していきます。

3.介護から転職をする際に利用すべき転職エージェント3選

この章から、介護から転職をする際に利用すべき転職エージェントを3つ紹介をしていきます。

新型コロナウイルスの影響から、総求人数は減少傾向にあります。そのため、少しでも介護から転職する意思がある場合は、早めに転職エージェントに登録し、転職活動を始めましょう。

転職エージェントは2~3個、登録をしておくのがオススメです。なぜなら各エージェントによって保有している求人に違いがあるからです。

自分にピッタリの仕事・求人を見つけるためにも、できるだけ多くのエージェントに登録し、視野を広げながら転職活動を進めていきましょう。

今回紹介する次の3つの転職エージェントに登録しておけば、間違いないでしょう。

1つ1つ解説をしていきます。

3-1.リクルートエージェント

リクルート,転職サイト

1つ目にオススメをするのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

リクルートエージェントのアドバイザーは経験豊富なアドバイザーが多く、今までにも介護職から他業界への転職を数々と成功に導いてきました。

職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析をした業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など、転職サポートも非常に充実をしています。

介護から未経験の業界に転職をするとなると、不安なことも多いですが、リクルートージェントのスタッフがあなたの転職を成功へと導いてくれます。

\案件総数・内定決定数ともにNo.1/

3-2.doda

doda転職

2つ目にオススメするのが「doda」です。

dodaはパーソルキャリアが運営をする国内最大級の転職エージェントです。

求人数が豊富なのはもちろんのこと、転職アドバイザーによる転職相談も非常に充実しています。

首都圏・都市部問わず求人数も豊富なので、地方在住の方でも安心して利用することが出来ます。

上記で紹介したリクルートエージェントと合わせて、利用をオススメするサービスです

\首都圏、都市部問わず、求人数も豊富/

3-3.マイナビ転職

マイナビ転職

3つ目にオススメをするのが、「マイナビ転職」です。

マイナビ転職は特に関東在住の20代〜30代方にオススメをしたい転職サービスです。

人事&担当者との強いパイプがあることから、介護職から未経験の業界に転職をする際でも、ラクラクに転職をすることが可能です。

担当スタッフも非常に親切に寄り添いながら転職サポートを提供してくれます。

\特に関東在住の20代〜30代方にオススメ!/

4.まとめ

2chの『介護職から他の業種職種に転職』のスレッドから、次の話題について紹介しました。

『介護職から他の業種職種に転職』の話題

同じスレッドの中で、介護職からの転職先として話題にあがっていた職業も紹介しました。

そして最後に、『介護から転職する際に利用すべき転職エージェント』を3つ紹介をしました。介護から転職を考えている方は、早めに登録し動き出すようにしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


あなたへのオススメ記事