介護職からの転職は難しい?40代が成功するコツ

介護職から転職,40代

40代ともなると体力的にも衰えを感じたり、同世代との収入差が気になったりする方も多いのではないでしょうか。

特に介護職は、身体的にも精神的にも負担が大きい仕事にも関わらず、給料は安いという現実があり、転職を考えることは珍しくありません。

介護職からの転職は十分に可能であり、異業種でも経験を生かせる場面が多くあるのです。

この記事では「40代でも介護職から異業種に転職する」ことができる理由や、おすすめの仕事、失敗しないためのコツを解説していきます。

最後までお読みいただければ、自信をもって転職成功への一歩を踏み出すことができますので、「自分には無理」と思う方ほど参考になさってください。

1.40代からでも介護職から転職に成功できる!転職に成功した体験談を紹介

介護職は主に肉体労働であり、精神的にもダメージを受けやすい大変な仕事ですが、40歳を過ぎ、体力低下などの身体的負担を強く感じて転職を考えることもあるでしょう。

20代、30代でも資格や経験がなければ条件に合った転職は難しいと言われる中、40代ともなると「不可能かもしれない」と不安ですよね。

しかし、介護職では無意識でしていたことが、実は「有利な経験」になる場合も多く、40代以降でも転職は十分に可能なのです。

私が施設で働いていた当時の先輩方にも、40歳を過ぎてから全くの異業種に転職した方が数名いますが、みなさん、生き生き働いています。

48歳で介護施設から飲食店に転職したAさんの体験談を紹介していきます。

体の大きい男性要介護者の移動介助など、女性には辛い仕事も有利にこなせることもあり、介護職にやりがいを感じていたそうです。

それでも、年齢には適わず蓄積したダメージからか、肩と腰の痛みが酷くなり転職を考えることにしました。

他の業種での仕事は学生時代のアルバイト程度だったため、不安も大きかったそうですが、「人と接することが楽しい」「感謝されると、こちらも感謝したくなる」という気持ちが大きく、接客業を選んだとのことです。

小売業も含めて検討しましたが、40代で正社員としての入社を条件にするには、商品知識や販売に関するスキルが求められる傾向があったそうです。

Aさんはその基準を満たさなかったため、給与関係の基準となるランクが低く希望最低年収に届かないことが予想されたことから、飲食店を最終的に選択したそうです。

面接を受けた飲食企業は3社でしたが、「転居を伴う異動の可否」や「緊急時対応」など、仕事に関する動機より、勤務条件を重視された質問が多かったとか。

家族もいるため、転居を伴う異動は避けたかったAさんは、異動地域限定という働き方にこだわったため数社と交渉し、転職決意から内定までに8か月ほどの時間がかかりました。

覚えることも多く、慣れない仕事に最初は戸惑うことが多かったようですが、介護で培った目配りする力が生きて、お客様の些細な「困った」にいち早く気づき対応できる店員として評価されているとか。

年中無休で営業時間も長い職場に正社員として就職したため、休日や勤務時間は不規則な生活ですが、夜勤がないこと、全身を使うような重労働がないことで、介護職時代より体も楽だと語っていました。

介護職は体力面、メンタル面でもかなり鍛えられる業種ですよね。

その中で頑張って来たからこそ、転職先では仕事を楽しむ余裕もあるのではないでしょうか。

飲食店以外にも、介護職から転職する場合におすすめの業種がありますので、紹介していきます。

2.【40代介護職から転職】おすすめの職種5選 

ではここから、40代で介護から転職をする際に、おすすめの職種を5つ紹介していきます。

まず転職先におすすめの業種と介護職からの転職の場合のメリットと注意点をまとめました。

メリット注意点
専門補助職
  • 特別な資格が不要で間接的に専門職に携われる
  • 専門職より勤務形態は安定し融通も利く
  • 雑用が多い印象があり、専門職に比べやりがいは低い
  • 収入が減る可能性が高い
接客業
  • コミュニケーション力を生かせる
  • 日常に生かせるような新しい知識、経験を得られる
  • シフト制が多く、勤務日や時間は部規則
  • 業務内容が多く覚える、慣れるまでは大変
営業職
  • コミュニケーション力を生かせる
  • 新たな知識を身に付けられる
  • インセンティブで収入に期待できる
  • 個人の素質差が大きい
  • ノルマがある場合があり、達成が難しい場合などストレスも大きい
製造業
  • 仕事として人と接しないので人間関係の悩みが少ない
  • 勤務時間や曜日が安定している
  • 会社外部との関りがほぼない
  • 同じ姿勢での作業により体の一部に負担がかかる
IT業界
  • スキルを身に付ければ一生稼ぎ続けられる
  • テレワークなど自由な働き方ができる
  • 大手企業に転職できる可能性もあり
  • 高度なスキルが必要
  • スキル取得にかかる時間と資金が比較的高額
  • デスクワーク中心で運動不足になりやすい

どんな職種でもメリット・デメリットが存在していますが、どの部分が妥協でき、どの部分が譲れないかをしっかり考えて絞っていきましょう。

それでは、それぞれの職種について詳しく解説していきます。

2-1.専門職員の補助職

専門職をサポートする補助(助手)としての仕事が多くあります。

資格不要なので専門的なことはできませんが、環境整備や準備など間接的な部分で携わるのです。

補助職の中には、主に以下の3つの職種があります。

  1. 介護助手
  2. 看護助手
  3. 保育助手

一つ一つ解説をしていきます。

2-1-1.介護助手

体力的な面や、腰を傷めたなどの理由から身体介助、入浴介助などの直接介助が厳しいと感じているなら、利用者に直接関わる介護を行わない介護助手がおすすめです。

掃除やベットメイキングといった施設の環境整備や介護に必要な準備をすることが主な業務です。

介護職員としての経験があると、新たに学ぶべきスキルもほとんどなく、すぐに対応できるので、補助職を増やしたい施設では即戦力になれるため優遇されます。

給与面では介護よりも安い可能性が高いのが難ですが、施設の基準はそれぞれなので上がる可能性がないということではありません。

2-1-2.看護補助(看護助手)

介護から転職,看護助手

病院やクリニックの形態、基準によって業務内容は大きく違うので、先にきちんと確認する必要があります。

例えば資格が必要な医療分野を看護師が、身体介助などは助手が行う形態もあり、助手というより介護ヘルパーの意味合いが強くなります。

逆に環境整備や医療器具の準備など患者さんに直接関わることがない業務を、助手に任せる施設や、医療事務を兼務するクリニックなど雑用を総務する位置づけの場合もあります。

介護職経験者は優遇されますが、介護要員として採用されてしまうと転職した意味を感じない可能性もありますので、勤務形態を含め慎重に検討しましょう。

2-1-3.保育補助(保育助手)

介護から転職,保育助手

保育士などの資格がなければ子供たちと直接関わることは少なく、保育施設の環境整備や、活動に関わる準備をすることがメインの仕事になります。

お昼寝の見守りやトイレの付き添い・介助など、保育士だけでは目を配り切れない場面でサポートすることはありますが、体が小さいという点を見ても、介護職より身体的負担は非常に少なく済みます。

元気な子供の姿や声を身近に感じながら仕事ができるので、刺激もやりがいも感じることでしょう。

2-2.接客業

介護から転職,接客業

要介護者と接することで身に付けたコミュニケーション力は、飲食店や小売などお客様と接する仕事で生かすことができます。

接客業の主な役割は、お客様の満足に貢献できるかどうかです。

裏では多少の力仕事があったり、細かな事務的作業があったりと表から見える部分以外にも業務が多いのも特徴です。

最初は覚えることも多いですし、慣れない業務に苦戦することはありますが、介護職は体力面、メンタル面を鍛えている部分もあり、全く経験がなくても比較的接客業に順応できる方が多いです。

飲食店なら調理技術を、小売りなら商品知識を身に付けることができますし、そこからのキャリアアップを目指せる業種もありますので、幅広くチェックしてみましょう。

2-3.営業職

介護から転職,営業職

施設内で働いていた方にとって営業は全く異業種でハードルが高いかもしれませんが、コミュニケーション力を生かして働ける業種としては有力です。

専門的な知識や経験は、顧客に提案しやすいというメリットにもなりますので、介護関連の営業は有利な部分もあります。

介護関連の営業、具体的には、以下の3つです。

  • 介護用ベッドなどの在宅介護支援品販売やレンタル業
  • バリアフリー住宅リフォーム業者
  • 介護施設入所希望者開拓や説明

個人だけでなく、介護用品などを施設や病院に売り込みに行くものもあります。

介護関連に限らず、営業職に肉体労働はほとんどなく、これから知識と経験を積む気があれば十分挑戦できる分野です。

営業成績によってインセンティブが付く場合が多いので、実力を生かしてしっかり稼ぎたいという方におすすめです。

2-4.製造業

介護職は人と関わる部分が多いため、人間関係に悩むことも多いです。

転職先で、できるだけ人間関係で苦労したくないなら、人と関わる仕事の少ない製造業にチャレンジしてみるのがオススメです。 

勤務形態はそれぞれですが、夜勤がなく休日はカレンダー通りという所も多いため、家族サービスや趣味の充実などプライベートの予定も組みやすいのは嬉しいですね。

夏休みなど長期休暇があったり、有給休暇が取得しやすかったり、魅力たっぷりです。

給与面でも安定しているので、内容の割に給料が安い介護職に比べると、最初からそれ以上の金額になる可能性もあります。

2-5.IT業界のエンジニア

介護から転職,IT業界のエンジニア

介護職に一切の未練がなく、経験を生かす仕事にこだわりもない場合は思い切ってIT業界に転職を考えるのもおすすめです。

IT技術は発展を続け、将来的にも需要が高い業界ですが、高いスキルを有するエンジニアの数は不足しているため、稀に見る売り手市場となっています。

企業では人手不足を補うために、採用の年齢制限を撤廃するところも増えていますし、未経験からエンジニアを目指すスクールも受講しやすいので、これから学び始めても大丈夫です。

PCに苦手意識が強い方には難しい分野かもしれませんが、特に抵抗がないという方はまだまだ大手IT企業へ転職するチャンスがあるのです。

番外編

転職しようと決めたものの、介護の仕事に何となく未練を感じている方もいるでしょう。

無意識だったとしても、介護にやりがいを感じていたからこその感覚だと思います。

そんな方にお勧めするのが、介護に携わりながら働き方を変えることです。

例として以下の3つを紹介します。

①ケアマネージャーとしてステップアップ

重労働に体がついていかないと感じ始めたのなら、相談やケアプランの作成、要介護認定など間接的な介護に関わるケアマネージャーを目指すのがおすすめです。

難易度の高い試験ではありますが、介護のような肉体労働はほとんどなく、勤務時間なども安定し働きやすい環境になります。

収入もアップする可能性が高いため40代からの収入水準も満たすことができる点もポイントです。

「介護福祉士」資格を取得し5年以上勤務している方で、「介護に携わること」に魅力を感じているのなら、キャリアアップは有力な選択肢の1つになるはずです。

②デイサービス担当の介護士

在宅の利用者を定期的に預かり、食事や入浴の介助、レクリエーションなどを行う施設なので、介護そのものに不満や厳しさを感じている場合は除外される職業です。

24時間介護の施設に比べれば夜勤もなく、土日はほぼ休みという勤務形態が実現できるので、規則正しい生活を送りやすくなり、体が楽になるでしょう。

生活習慣が原因で体調を壊してしまったけれど、介護の仕事にやりがいを感じているという方にはぴったりな働き方ではないでしょうか。

③介護事務として働く

介護報酬請求業務や各種手続きを行う職業です。

専門的な事務の知識を学ぶ必要がありますが、介護の現場を知っている場合はイメージしやすいなどの利点もあり、スキルを習得しやすいでしょう。

施設によっては介護事務と介護助手を兼務する場合があり、事務の他に環境整備なども業務内容に含まれている場合もあります。

しかし、基本的に介護者に直接関わるような肉体労働をしないので、身体・体力面で楽になることは間違いないでしょう。

3.40代介護から転職活動をしても失敗しない4つのポイント

40代で転職することができても、働き始めてから失敗に気付き後悔することがあっては意味がありませんよね。

この章では、40代から介護職に転職活動をしても失敗しないための4つのポイントを解説していきます。

  1. 考えをまとめる
  2. 資格を取得しておく
  3. 転職活動は在職中に行う
  4. エージェントサービスを利用する

3-1.考えをまとめる

転職活動をする前に自分の考えを明確に固めておくことは大切です。

具体的には、まず最初に以下の4点について考えをまとめ、転職活動の軸を固めましょう。

  1. なぜ転職をしたいのか
  2. 目標を設定する
  3. 目標のために転職は必要か?
  4. 転職先に求める条件

3-1-1.なぜ転職したいのかを明確にする

転職を考える理由を明確にします。

具体的にいえば、

  • 「腰を痛めた」「体力的に辛い」などの身体的理由
  • 「職場の人間関係」「介護者と接するのが怖い」などの精神的理由
  • 「収入が少なく生活が不安」などの経済的理由  

などでしょうか。

24時間勤務による不規則な生活や人間関係などの要因が重なって、普通の生活が維持できない状態まで追い詰められているという方もいるかもしれません。

転職先の条件を絞るためにも必要ですので、はっきりした理由を見つけてください。

「体力的に辛い」が理由なら「肉体労働の少ない業種」、「勤務時間が不規則」なら「日勤のみ」というように条件を絞っていくことができます。

「何となく」で転職してしまうと、今と変わらない条件の仕事に就いてしまう、やりたくない業務を行わなければならないなど、転職の意味を根本から失う可能性があります。

3-1-2.目標を設定する

転職することでどのような生活をしていたいのか、5年後、10年後を想像して目標を決めます。

例えば

  • 独立してお店を出す
  • プライベートや趣味を充実させる時間に余裕がある
  • 上位資格を取得して活躍する

といった実現が決して不可能ではないリアルなビジョンです。

3-1-3.目標のために本当に転職が必要か

自分の将来像を実現するために、転職が本当に必要かどうかを見極めましょう。

場合によっては今の仕事の方が実現の可能性が高いこともあります。

転職したい理由と合わせて

  • 本当に転職するのか
  • いつまでに転職したいのか
  • 転職までにできることはないのか

をはっきりさせましょう。

40代以降だと若い頃と比べ転職先が限られてくると聞き、焦ることもあるでしょう。

しかし、それを理由に慌ててしまうことは失敗する原因になりかねません。

選択肢が減るからこそ、冷静になって検討しましょう。

3-1-4.転職先に求める条件

  • どんな仕事をしたいのか
  • 勤務時間、休日などの勤務条件
  • 給与や福利厚生などの待遇

条件に極端に合わない職場に転職すると、家族との時間が確保できない、やりたくない仕事が多いなど、転職して失敗したと感じる場合が多く妥協すべきではない部分です。

特に仕事のやりがいだけにこだわり、収入面を含めずに決めてしまうと「体は楽でも生活は苦しい」という状態にもなる可能性もあります。

だからといって、条件を多くしてしまうと転職自体が難しくなり本末転倒ですので、優先順位をつけておくと検討しやすくなります。

3-2.資格を取得しておく

目標とする業種が決まっている場合、転職活動をする前に資格やスキルを取得するようにしましょう。

特に転職(中途採用)の場合、即戦力となる人材を求める傾向が強いので、入社試験でスキルを試されることも多いです。

資格が特に必要ない業種でも、簡単なPCスキルやビジネスマナーなど、仕事に生かせる知識を先に学んでおきましょう。

40代の中途採用となると、企業独自のことを除いた一般的なスキルは「知ってて当たり前」という風潮の職場も多く、「働きながら覚える」だけでは対応しきれない場合があります。

介護職には不要だった知識を付けることは、モチベーションアップにも繋がりますし、ぜひチャレンジしてください。

最近では通信教育やオンライン学習など、気軽に学習できる環境が多くありますので、上手く利用すれば効率的に学習することができます。

3-3.転職活動は在職中に行うこと

転職活動をするなら、退職し失業保険を受給しながら行う方が良いと思っていませんか?

確かに雇用保険に加入していれば失業保険を受け取れますが、自己都合での退職の場合、3ヶ月の受給猶予期間があり、その間は収入がないことになります。

1社目で決まったとしても、新規採用手続きや配属関係で応募から就業開始まで3か月程度かかるケースも珍しくありせん。

40代以降の転職は若い世代に比べれば難しいですし、1年以上就職先が決まらない可能性もあるのです。

退職しての転職活動では決まらなければ焦りが出て妥協しがちにもなるため、結果として転職に失敗しかねません。

仕事を続けながらの転職活動は確かに大変ですが、収入を含めた生活が安定した環境の中でじっくり向き合う方が、冷静に判断することができます。

退職してからの転職先を探すには、休む暇なく転職活動をする必要がありますが、在職中に転職先が決まっていれば、退職と入社の間の期間を利用して、気持ちも切り替えやすくなります。

リセットして新しい仕事の準備をする余裕が持てる可能性がある点も魅力なのです。 

3-4.エージェントサービスを利用する

転職エージェントは、求人の紹介や企業との難しいやり取りを代行してくれる仲介サービスで、多くのサービスが無料で利用できます。

自分の経験やスキル、希望条件などを登録すると、

  • プロ目線でぴったりの求人を紹介
  • 企業の情報開示や問い合わせ代行
  • 履歴書や職務経歴書の書き方を相談できる
  • 応募方法の説明や応募代行
  • 面接のセッティングや同伴
  • 入社日などの条件交渉

を代わりに行ってくれるため、忙しくなかなか行動できない方でも転職活動を進められます。

転職エージェントサービスは特にこんな方におすすめです。

  • 忙しく求人のチェックすら進まない
  • 書類や面接が不安
  • 一人で転職を成功させる自信がない

インターネット上で登録し、担当者とのやりとりは電話やメールで行うため、基本的に出向く必要もなく、転職支援のプロが転職成功のビジョンを明確に示してくれます。

一般には出回らない好条件の求人情報を得られる場合もあり、一人では挫折してしまいそうな条件交渉などもサポートしてもらえるので、ミスマッチも防げます。

40代だからこそ、プロの力を借りて転職成功をつかみ取りましょう。

4.まとめ

40代でも可能な介護職からの転職について解説しました。

転職の検討について、少しでも前向きな気持ちになれたでしょうか。

20代、30代に比べれば難易度は上がりますが、社会経験や介護職で得た経験を生かして転職に成功する人は多くいます。

40代、介護職からの転職先としておすすめなのは以下の6つです。

  1. 専門補助職
  2. 接客業
  3. 営業
  4. 製造業
  5. ITエンジニア
  6. 介護職の働き方を変える

興味のある業種、目標にできる職業はありましたか?

また、転職活動をする際は、以下の4つのポイントを意識すると良いです。

転職活動を行う方法はさまざまありますが、このポイントを意識して冷静に取り組むことで、成功への道が開ける可能性が高くなります。

40代以上の年齢になったからといって諦めずに、積極的に一歩を踏み出しましょう。