ケアマネ試験に落ちた…|来年必ず合格するための3つのポイント

「今年のケアマネ試験に落ちた…」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

台風の影響があった令和元年度のケアマネ試験、受験者約4.1万人に対し約3.3万人の受験者が不合格となりました。

合格率は実に19.5%とケアマネ試験は5人に1人しか受からない難関試験であることがわかります。

この記事ではケアマネ試験を今年不合格だった人に向けて、来年必ず合格するための3つのポイントを解説しました。

  • 落ちた原因を分析する
  • 早いうちから受験対策をする
  • 勉強方法を変える

落ちてしまった試験は取り戻せません。来年の合格に向けて今から少しずつ学習を進めていくことが大切です。

では解説していきます。

1.【試験に落ちた…】ケアマネの不合格率は81.5%

まずは一旦冷静になり、ケアマネ試験の結果について振り返って見ましょう。

過去3年に行われたケアマネ試験の不合格率と不合格者数は以下の通りです。

平成29年度
(第20回)
平成30年度
(第21回)
令和元年度
(第22回)
受験者数131,560人49,333人41,049人
不合格率78.5%89.9%81.5%
不合格物数103,274人44,350人33,454人

最新の令和元年(2019年10月13日実施)の不合格率は81.5%でした。

ケアマネージャーはほとんどの受験生が仕事や家庭の両立を図りながら受験勉強をしています。そのため勉強する環境が思うように整わないことが、合格率を下げる要因だと考えられます。

しかし落ちてしまった試験は戻ることはありません。来年の試験で必ず合格するためにも、今からしっかりと試験対策を行なっていけば合格へ確実に近づきます。

では、どのような勉強方法があるのでしょうか?次の章で3つにまとめて紹介します。

2.来年は必ず受かるための3つのケアマネ試験対策

前文でも述べたように落ちてしまった試験は取り戻すことはできません。今からできる来年の試験に受かるための試験対策を3つ、この文章では解説していきます。

  1. 落ちた原因を分析する
  2. 早いうちから受験対策をする
  3. 勉強方法を変える

2-1.落ちた原因を分析する

まずは落ちた原因を分析することから始めましょう。

ケアマネ試験は

  • 「介護支援分野」が25問
  • 「保健医療福祉サービス分野」が35問

の計60問で出題され、各分野の正答率が70%を越えることが合格基準です。

この合格率は試験問題の難易度によって毎年調整されています。

まずは試験の自己採点をしましょう。自己採点をしてみて、自分は何点であったかを確認し、不正解が多かった科目がどれかを確認してみてください。

不正解が多かった科目から苦手分野を発見し、来年の試験に向けてその科目を中心に勉強することで点数アップに繋がります。

苦手分野を見つけたらその分野を総復習し、何度も繰り返し解くようにしてください。

2-2.早いうちから受験対策をする

ケアマネの試験勉強は遅くても半年前から始めましょう。今年度の試験に不合格だった人は、今から試験対策を始めましょう。

試験勉強するのが早すぎても「ダラけてしまうのでは?」と思うかもしれません。しかし長い期間でコツコツ試験勉強を行うことで基礎知識の基盤ができます。少しでも長く問題数に触れておくことが合格のカギとなります。

まずは無理のない「1日の勉強時間」を設定しましょう。最初から「休みの時間は5時間以上」「平日は最低でも3時間」など高い目標を掲げてしまうと、達成できなかった場合に心が折れてしまいます。

そのためまずは「1日30分」と無理のない範囲を決め、達成できたら時間を伸ばしていきましょう。

早いうちから受験対策を始めれば、1日30分からの受験勉強でも十分に勉強時間の確保ができます。

2-3.勉強方法を変える

3つ目のポイントは勉強方法を変えることです。

今年のケアマネ試験の勉強法を振り返り、来年合格に向けて今の勉強法を疑ってみましょう。勉強法を変えるとは、具体的には次のような方法があります。

  • 独学から通信講座に切り替える
  • 複数の問題集から1冊に絞る
  • アプリや動画など勉強法をオンラインにして隙間時間に勉強する

紹介した中で特に効果があるのが「通信講座を活用すること」でしょう。

通信講座は合格のための勉強法が確立されており、通信講座通りに勉強することで着実に知識をつけることが可能だからです。

次の章から詳しく解説していきます。

3.「講座」を活用すれば、合格に近づく

あなたが「来年のケアマネ試験で確実に合格したい!」という場合は、講座を活用することをオススメします。

前章でも解説したように、講座はケアマネ試験合格のための勉強法やポイントが確立されているからです。

実は「勉強方法が確立されている」こと以外にも講座を活用するメリットはあります。

講座を活用する具体的なメリットは次の通りです。

  • 勉強法が確立されている
  • 自分の都合に合わせて学習できる
  • わからない部分はサポートを利用できる
  • 模擬試験を受けられる

講座を受講するには費用がかかりますが、確実にケアマネ試験に合格したい場合は効率の良い勉強をするためにも受講することを強くオススメします。

下記からケアマネ試験の通信講座の資料請求を無料で一括請求できます。

\来年合格するための最善策!/

まずはお手元にパンフレットを取り寄せ、各講座の比較検討をしてみましょう。

資料請求自体は無料で行うことができます。「費用がかかるから」独学でなんとか勉強したいと決めている方も、一度視野を広げ、まずは講座の資料請求をしてみてください。

ケアマネ試験合格のための第一歩は講座選び・勉強法選びから始まります。

今年の悔しさをはねのけ来年の試験に合格するためにも、できることを今から少しずつ始めていきましょう。

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると令和元年度のケアマネ試験では、受験者約4.1万人に対し実に約3.3万人の受験者が不合格となった試験でした。

来年必ず試験に合格するために大切なポイントは次の3つでしたね。

このうち最も効果があるのが「勉強方法を変える」のうちの「通信講座を活用すること」でしたね。

下記からケアマネ試験の通信講座の資料請求を無料で一括請求できます。

\来年合格するための最善策!/

落ちてしまった試験は取り戻せません。来年の合格に向けて今から少しずつ学習を進めていくことが大切です。

あなたが今年落ちた悔しさをバネに、また来年ケアマネ試験に合格できることを心から祈っています。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。