ケアマネ試験オススメ勉強法3つと合格に大切な7つのポイント

ケアマネ,勉強法

「合格したい・・・!」

ケアマネ試験を控えているあなたは今こんなことを考えていませんか?

2019年度のケアマネ試験の合格率は19.5%と、合格率が非常に低い試験でした。この数字からもケアマネ試験の難易度の高さが伺えますね。

結論からいうと、ケアマネ試験に合格するためには、自分にあった、正しい勉強法を身につけることが大切です。

この記事では、ケアマネ試験合格のための勉強法を3つ提案をし、それぞれのメリット・デメリットについても解説をしました。

  1. 独学
  2. 通信講座
  3. 通学講座

後半では、ケアマネ合格のための攻略法7つを解説しました。ぜひ最後まで読み進めてみてください。

この記事を読むことで、自分なりの正しい勉強法を知ることができます。では解説をしていきます。

1.ケアマネのオススメ勉強法

ケアマネのお勧め勉強法を紹介します。

ケアマネ資格取得のためには、合格率10%~20%台前半という難易度の高い試験を合格しなければいけません。

ケアマネ資格取得を目指す多くの介護職員が、ケアマネ試験の壁に阻まれ続けています。

仕事をしながらでも、効率的にケアマネ試験に合格するための勉強法について、3つの勉強法を紹介します。

1-1.独学で勉強する場合

まず、独学で勉強する場合のメリットとデメリットを紹介します。

メリットデメリット
  • 費用の負担がかからない
  • スキマ時間にも学習できる
  • 集中して学習する環境を作りにくい
  • わからないことを質問する相手がいない
  • 学習意欲を維持しにくい

まずはメリットから解説していきます。

メリット①:費用がかからない

独学の最大のメリットは費用がかからないことです。

通信講座のテキスト学習や、講座への通学に比べてかかる費用は少なく、必要なのは参考書や問題集などの費用のみです。

ケアマネ試験対策の参考書や問題集は1,500円から3,000円程度です。3冊購入したとしても1万円になることはないでしょう。

中古本も多く販売しています。

ただ、介護保険をはじめとする制度は改定されることがあるため、中古本の購入はお勧めしません。

例えば令和元年度の試験を受けるのに、中古で2年前のケアマネ試験の問題集を買った場合、改正された制度などの内容が反映されていないため、誤った知識を覚えてしまう危険があります。

そのため、参考書選びは、試験年度のものを購入することをお勧めします。

また本がなくても、インターネットを活用すれば、コストをかけずに過去問を学習することもできます。

ケアマネ試験対策用のインターネットコンテンツをいくつか紹介します。

媒体コンテンツ名(リンク)
YouTube吉川正人のケアマネ試験対策講座2020
iPhone/iPadアプリケアマネ過去問 一問一答
Androidアプリ【中央法規】ケアマネ合格アプリ2020

独学であっても、テキスト・問題集・インターネットサイト・スマホアプリなど勉強法も多様になっています。

お金をかける余裕がない、という場合には独学を選択することをお勧めします。

メリット②:スキマ時間にも学習できる

独学のメリットとして、もうひとつはスキマ時間でも学習できるという点があります。

  • 仕事の休憩時間
  • 夜勤の仮眠時間
  • 通勤の移動時間

などちょっとした時間にも問題集を取り出して学習することもできます。

通学講座の場合には、受講するためにスクールに通う必要がありますが、独学の場合はスキマ時間に自分のペースで学習をすることが出来ます。

介護の仕事をしている人には、仕事以外にも家事や育児を行っている方や、家族の介護も行っている方、複数の職場を掛け持している方などもいます。

仕事以外の時間を自由に使えず、まとまった学習時間を確保できない場合には独学で学習することをお勧めします。

ここからは独学の場合のデメリットも紹介します。

デメリット①:集中して学習する環境を作りにくい

独学のデメリットのひとつは、集中して学習する環境を作りにくいことです。

通学講座ではその時間全てを学習のために費やすことができますが、独学の場合はそうではありません。

自宅で学習をする場合、家事や育児など様々な外部要因によって集中を阻害されやすいという点があります。

図書館やカフェなどで学習する人もいますが、自分で学習するための環境を見つけなければいけません。

集中して学習する環境を作ることが難しいのが、独学のデメリットと言えます。

デメリット②:わからないことを質問する相手がいない

わからないことを質問する相手がいないのも、独学のデメリットです。

参考書や問題集を見ていても、どうしても理解できない内容もあるでしょう。

そのときに通学講座であれば、講師に質問することができ、通信講座でもメールサポートなどで質問ができます。

独学の場合は質問する相手がいないため、「わからない内容がそのままになりやすい」というデメリットがあります。

職場内の先輩ケアマネに質問できる環境があればいいのですが、ケアマネがいない職場も多く、質問する相手がいないのは独学のデメリットのひとつになります。

デメリット③:学習意欲を維持しにくい

学習意欲を維持しにくいのも独学のデメリットです。

自分の力がどれだけついているのか確認しにくく、一緒に学ぶ仲間もいないと、学習意欲を維持しにくくなります。

通信講座や通学講座であれば、費用もかかっているので

  • 課題を出さなければいけない
  • 教室に行かなければいけない

といった気持ちが働きます。

独学の場合は意欲を失うと、次第に机に向かわなくなり、本を開かなくなります。

試験の難易度や合格率を考えても長丁場で学習をすることが必要なケアマネ試験。意欲を維持することが難しいのも独学のデメリットになります。

独学で学習する場合のメリットとデメリットを紹介しました。

独学での勉強方法

  • 参考書・問題集を購入、過去問は最低5年分はやる
  • スキマ時間を使って学習する
  • 集中して学習ができる時間
  • 環境を作る
  • 質問できる先輩ケアマネがいれば質問する
  • 制度改正をチェックする

おすすめネット動画・アプリ

過去問掲載サイト

おすすめ問題集

1-2.通信講座を利用して勉強する場合

通信講座を利用して勉強する場合のメリットとデメリットを整理しています。

メリットデメリット
  • 自分の都合に合わせて学習できる
  • わからない部分はサポートを利用できる
  • 模擬試験を受けられる
  • 費用がかかる
  • 学習に計画性が必要

 通信講座のメリットを解説していきます。

メリット①:自分の都合に合わせて学習できる

通信講座で学習するメリットのひとつ目は、自分の都合に合わせて学習できることです。

介護職の多くは不規則勤務です。夜勤がある場合や、土日や祝日の勤務がある場合など、勤務の予定はバラバラになっています。

通学の講座に行きたくても、全日程を希望休にするための調整は難しく、通えない場合も多いです。

通信講座であれば自分のペースで、自分の都合のいい時間に学習をすることができます。

テキスト学習や動画での学習など、様々な教材が提供されますので、自分のやりやすい教材を提供している通信講座を選ぶといいでしょう。

自分の都合に合わせて学習ができるのは、通信講座の大きなメリットです。

メリット②:わからない部分はサポートを利用できる

2つ目のメリットは、サポートを利用して質問できることです。

各通信講座には、メールでのサポートなどがついています。

ケアマネ試験の問題は難易度が年々高くなっており、テキストや動画で学習してもわからない内容もでてきます。

そのときに、メールやFAXなどで講師に質問できるサポートを利用できます。

わからないものをそのままにせず、質問することで疑問を解消できます。

質問対応などのサポートが得られることは、通信講座のメリットです。

メリット③:模擬試験を受けられる

3つ目のメリットは、模擬試験です。

各通信講座では学習の最後に模擬試験を行います。

模擬試験を自宅で行う場合もありますが、会場を設定して統一模擬試験を行う場合もあります。

模擬試験の結果によって、現時点での学習理解度を確認するだけでなく、自分の弱点などを確認することもできます。

模擬試験を受けることができるのは、通信講座の大きなメリットです。

次に通信講座のデメリットについて解説していきます。

デメリット①:費用がかかる

通信講座のデメリットとして紹介したい点は費用がかかることです。

通信講座をいくつかを紹介します。

講座費用
ニチイ学館 通信31,621円(税別)
三幸福祉カレッジ 筆記通信コース33,000円(税別)
ユーキャン ケアマネジャー講座49,800円(税込)

費用としては、3万円台から5万円台が多くなっています。

サポートの内容や模擬試験の有無など、オプションで費用が高くなる場合もあります。

高額というわけではありませんが、独学に比較すると費用がかかるのはひとつのデメリットになります。

デメリット②:学習に計画性が必要

最後にデメリットとして紹介したいのは学習に計画性が必要なことです。

勤務や家事だけでなく、プライベートな用事を優先することが多くなると、学習する時間が取れなくなります。

まとまった学習時間をどこで確保するかを考え、スケジュールを立てて学習することが必要です。

突発的な用事などがあることも想定した上で、余裕を持ったスケジュールを組める計画性がないと、すべてのカリキュラムを終えることができません。

学習プランを組み立てることが苦手な人は、自分で学習計画を立てなければいけないことはデメリットとなります。

1-3.通学して勉強する場合

最後に通学講座に通って学習する場合のメリットとデメリットを紹介します。

メリットデメリット
  • 学習に集中できる環境がある
  • 一緒に学習する仲間がいる
  • 費用が高額
  • 通学して学習する時間が必要
  • 講師によって力量に差がある

まずは通学講座に通って学習する場合のメリットから解説していきます。

メリット①:学習に集中できる環境がある

通学する場合のメリットは学習に集中できる環境があることです。

講習中は周囲の雑音もなく、学習することだけに集中できます。インプットできる学習量は大きく、効率的な学習ができます。

教室の中で体験として身についた知識は、記憶に定着しやすいというメリットもあります。

もちろん講師への質問も、その場でできるので、疑問を持ち越すことなくリアルタイムで解消できます。

学習に集中できる環境が用意されているのは、通学の大きなメリットです。

メリット②:一緒に学習する仲間がいる

メリットのふたつ目として紹介したいのは、一緒に学習する仲間がいるという点です。

全く違った環境で仕事をしている介護・福祉職同士が交流でき、ケアマネ試験についての情報交換をすることもできます。

一緒に学習する仲間がいるというだけでも意欲につながりますし、互いに励ましあうこともできます。

一緒に学習する仲間がいることで学習意欲を維持しやすいのは、大きなメリットです。

続いてデメリットも紹介します。

デメリット①:費用が高額

ひとつは費用が高額なことです。通学講座の料金をいくつか紹介します。

講座費用
藤仁館医療福祉カレッジ 通学総合課程165,800円(税込)
三幸福祉カレッジ 完全マスターコース150,000円(税別)
資格の大原 ケアマネジャー合格コース(通学)80,000円(税込)

通学回数などによっても異なりますが、10万円を超えるコースが多くなっています。通信講座に比べると、倍から数倍近い金額がかかることがわかります。

これに加えて、会場までの交通費なども必要になります。

独学や通信講座に比べて、費用が高額であることは大きなデメリットです。

デメリット②:通学して学習する時間が必要

次に紹介するデメリットは、通学して学習できる時間が必要なことです。

通学講座が行われる時間に指定の会場に行かなければいけません。

受講時間だけでなく、会場までの移動時間も含め、多くの時間を必要とします。

平日の勤務で土日が休みという方は、土日に行われるコースに参加しやすいと思いますが、不規則勤務の方は勤務調整を含め、通学しにくいことは間違いありません。

決まった時間に通学できる時間が必要になることが、デメリットになります。

デメリット③:講師によって力量に差がある

最後に紹介するデメリットは、講師によって教える力量に差があることです。

優秀な講師に当たればいいのですが、テキストを読むだけの講義だったら、費用や時間を費やして通学を選択したことを後悔するでしょう。

講師がケアマネ有資格者や講師経験のある方でも、彼らは教員課程を修了した教育の専門家ではありません。

事実として、講義が魅力的でない講師もいます。

さらに、講師の情報を掲載している講座の案内は少なく、受講者が講師を選ぶことはできません。いい講師に当たるかは、運が左右します。

講師の力量に差があることは、通学講座を選択するデメリットになります。

独学・通信講座・通学講座という3つの学習スタイル、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。

2.ケアマネ合格に大切な7つのポイント

ケアマネ試験合格に向けて重要なポイントとして7つを紹介します。

2-1.最低でも半年前から勉強する

ケアマネ試験合格に向けての勉強は、早い段階から始める必要があります。

ケアマネ試験は、問題の難易度も高く、合格率も10%~20%台前半と低い試験だからです。短期間の学習で合格することは難しいでしょう。

最低でも半年前から勉強することをお勧めします。

受験の申し込みを行うのが早くて6月ですので、受験の申し込みをしてから学習を開始しても、学習期間はおよそ4か月。

もう少し早い段階から、せめて4月頃には学習を開始していることが望ましいでしょう。

長期戦を意識し、短い時間でも毎日勉強する習慣を作ることが、合格するための重要なポイントです。

学習の習慣が身につけば、半年間でケアマネ試験合格に必要な知識は十分身についているはずです。

まずは最低でも半年前から勉強を開始することが、合格のための近道です。

2-2.過去問、最低5年分は解く

ケアマネ試験合格のポイントとして、過去問を最低5年分は行うことをお勧めします。

ケアマネ試験の問題は、過去に出題された問題と類似した内容が出題されることが多く、過去問を解いて問題の傾向をつかむことができるからです。

頻出問題のパターンもあるため、過去問を繰り返し解くことは最も効果的な学習法でもあります。

過去問は、過去問題集などを購入することで学習できます。

過去5年分以上の過去問はやっておいた方がいいでしょう。

インターネット上でも過去問を掲載しているサイトがありますので、上手に活用していきましょう。

オススメ過去問掲載サイト

最低、過去5年間分の過去問を学習することがケアマネ試験突破には必要です。

2-3.メインに学習する問題集・参考書を決める

独学で学習する場合は、メインに学習する問題集・参考書を決めることも重要です。

何冊もの問題集を解くのではなく、一冊の問題集を反復して解きましょう。

参考書や問題集をいくつも購入しても、本が増えたから知識が増えるわけではありません。

あっちこっちと目移りしながら学習するよりも、メインに学習をする問題集を決めましょう。

自分に合った問題集を反復して学習し、わからない部分をつぶしていくことを、お勧めします。

2-4.間違えた問題をノートにまとめておく

間違えた問題をノートにまとめることも有効な学習法です。

間違えた問題は、参考書・テキストなどを確認しノートに落とし込んでいくと、知識として定着しやすくなります。

ノートを見返してみれば「どんな問題が苦手か」などの傾向がつかめます。

間違えた問題は、正しい答えを見て納得するだけでなく、ノートにまとめて弱点を克服していくようにしましょう。

また間違えた問題をノートにまとめておけば、試験直前にも見直すことが出来ます。

2-5.通信講座を活用する

通信講座を活用することも重要なポイントです。

通信講座もe-ラーニングのウェブ学習のコースも増え、費用負担も少なく利用できるようになりました。

コストはかかりますが、通信講座を利用した方が、仕事と両立をしながら勉強ができます。

通信講座では、勉強の手順や抑えておくべきポイントなどもまとまっており、効率よく勉強を勧めることができます。

模試だけ通信講座で受講できるスクールなどもありますので、必要な部分に絞って通信講座を活用することも有効な勉強法です。

通信講座は十分にお金をかけるだけの価値はあるでしょう。

2-6.制度改正の情報をチェックする

制度改正の情報をチェックすることも重要なポイントです。

ケアマネ試験の特色として、制度改正が行われた年にはその制度改正の内容が複数出題されます。

制度変更した内容は、過去問の学習だけではチェックすることができません。

介護保険制度が改正された平成30年度の試験では、共生型サービスや介護医療院に関する問題も出題されています。

介護保険を始めとする制度や法令の情報について、常にアンテナを張っておく必要があります。

制度改正の情報は、インターネット上のケアマネ専門サイトにわかりやすくまとまっているので、以下のサイトの活用をお勧めします。

制度改正の情報は、インターネットを使ってチェックするようにしましょう。

2-7.100点満点を目指す試験ではないと割り切ることも必要

ケアマネ試験は、100点満点を目指す試験ではありません。

合格基準は年度によっても異なりますが、「正解率70%」が合格の目安とされています。

働いている職場などにより、得意な領域の問題もあれば、苦手な領域の問題もあります。

わからない問題を放置することは好ましくありませんが、最終的には割り切ることも大事です。

試験本番でも、わからないひとつの難問にこだわるよりも、わからない問題をパスして、それ以外の問題に時間を費やすことが重要です。

基準点のクリアが目標で、100点満点を目指す試験ではないことを意識し、割り切ることも必要です。

3.【現役ケアマネが語る】ケアマネ合格のための勉強法

最後に、現役でケアマネをしている私が、ケアマネ試験合格のために行った勉強法を紹介します。

私は独学でケアマネ試験に一発合格しています。

職場は三交替制で夜勤もあり、ちょうどその年に子供が生まれたこともあって育児にも時間がかかり、試験勉強のためのまとまった時間を確保することができませんでした。

そこで、独学で学習することを決め、一問一答の問題集を購入して、それをメインに学習しました。

一問一答の問題集はスキマ時間にも勉強がしやすく、職場での休憩時間なども使って学習していました。

過去問の問題集も購入し、過去問を解くことで自分の力を確認するのに活用しました。

私が活用した参考書を紹介します。

著者書籍名
ユーキャンユーキャンのケアマネジャー これだけ!一問一答
介護支援専門員受験対策研究会ケアマネジャー試験合格問題集

職場にはケアマネ職がいなかったので、質問する相手もいませんでしたが、インターネットも活用しながら自分で調べて学習をしていました。

独学で合格しましたが、通信講座などを活用すれば、より体系的に効率よく学習できたと思います。

私が試験を受けた頃はe-ラーニング教材などもなく、選択肢が限られていました。

今は通信講座でも様々なコースがあるので、自分に合った勉強方法を選択することができます。

それぞれの勤務スタイルや生活スタイルによって、最適な勉強法は異なります。

それぞれのメリット・デメリットを意識しながら長続きできる学習方法を考えていきましょう。

4.まとめ

 いかがだったでしょうか。

ケアマネの勉強法には大きく3つの勉強法がありました。

ケアマネ合格のためには7つのポイントが大切です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


あなたへのおすすめ記事