【特養と比較】老健の年収は380万円!給料を上げる為の4つの方法

老健,給料

介護施設には、特養や老健、デイサービス、グループホームなどさまざまな種類があり、働く施設によって平均給料も異なります。

より給料が高い施設で働くなら、特養や老健のように夜勤勤務がある施設がおすすめです。

そこで今回は、老健の平均給料や特養との違い、給料を上げる4つの方法などを解説します。老健への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.老健で働く介護職員の年収は約380万円

厚生労働省のデータによると、老健で働く介護職員の平均月収は317,350円、年収に換算すると、約380万円です。

平均月収平均年収(月収×12カ月)
317,350円380万8,200円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※平均給料額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

介護業界の平均と比べてみると、以下のようになります。

平均月収平均年収(月収×12カ月)
介護業界全体300,970円361万1,640円
老健317,350円380万8,200円

このように、老健は介護業界全体よりも年収が約20万円高いことがわかります。2万円ほど平均給料が高いことが分かります。

その理由としては、「夜勤があること」が考えられます。

老健は、デイサービスや訪問介護などと異なり夜勤があるため、日勤が中心の施設に比べると給料が高くなる傾向にあります。

それでは、老健で働く正社員と非正社員ではどのくらいの差があるのでしょうか。それぞれの給料を比べてみましょう。

なお、今回は厚生労働省のデータに基づき、以下の3つの項目で比較しています。

  1. 正社員(月給・常勤)
  2. 非正社員(日給・常勤)
  3. 非正社員(時給・常勤)

1-1.正社員の給料

老健で働く正社員の平均給料は、上述の通りひと月あたり317,350円となっています。

平均年収(月収×12カ月)平均給与額(ひと月あたり)平均年収(月収×12カ月)
正社員(月給・常勤)317,350円380万8,200円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※平均給与額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

1-2.非正社員の給料

非正社員には、日給で働くスタッフや時給で働くスタッフなど契約により異なりますが、それぞれの平均給料は、

  • 日給労働者の月給:222,360円
  • 時給労働者の月給:212,940円

です。

正社員の月給317,350円と比べると、月給が約10万円ほど低いことが分かります。

雇用体系平均給与額(ひと月あたり)平均年収(月収×12カ月)
非正社員(日給・常勤)222,360円266万8,320円
非正社員(時給・常勤)212,940円255万5,280円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※日給の平均給与額は、基本給(日額)×実労働日数+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

※時給の平均給与額は、基本給(時給)×実労働時間+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

2.特養と比較をした際の老健の給料

次に、特養の給料と比較してみましょう。

特養も老健も、「夜勤勤務がある」「身体介護が比較的多い」という点ではどちらも同じですが、給料には違いがあるのでしょうか。

実は、以下の厚生労働省のデータからも分かる通り、特養と老健では特養の方が少し高く、月収では約15,000円の差、年収では約18万円の差があります。

施設形態平均給料(ひと月あたり)平均年収(月収×12カ月)
介護老人福祉施設(特養)332,260円398万7,120円
介護老人保健施設(老健)317,350円380万8,200円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※平均給料額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

したがって、より高い収入を求めているなら特養の方がおすすめです。

※特養の給料について知りたい方は、『【体験談】特養の平均年収は386万円!特養の給料と他施設を比較』を参考にしてください。

3.老健での給料を上げる4つの方法

ここからは、老健での給料を上げる方法について解説します。

押さえておきたいポイントは、以下の4つです。

  1. 資格を取得する
  2. 夜勤を増やす
  3. 役職に就く
  4. 勤続年数を増やす

では、ひとつずつ順に見ていきましょう。

3-1.資格を取得する

介護の資格を取得すると、給料を上げることができます。

介護現場で活かせる資格には、

  • 初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士

などがあり、これらを取得すれば給料アップにつながります。

では、無資格者と有資格者ではどのくらい平均給料が違うのか、厚生労働省が公表している正社員の給料を参考に比べてみましょう。

職種平均給与額(ひと月あたり)
無資格261,600円
初任者研修285,610円
実務者研修288,060円
介護福祉士313,920円

引用:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

※平均給与額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

このように、資格の難易度に応じて平均給料は高くなります。

したがって、無資格の人や、まだ取得していない資格がある人は、これを機に資格取得を目指すのも一手です。

3-2.夜勤を増やす

夜勤を増やすことでも、給料アップが可能です。

労働基準法により、22~5時までの7時間は深夜割増賃金として時給を25%アップすることが定められています。

つまり、ひと月の勤務日のうち数日を夜勤にするだけでも時給が上がり、収入を増やすことができるのです。

また、日勤をせず夜勤のみ勤務する夜勤専従スタッフとして働くと、勤務日の時給がすべて25%アップになるため、より効率良く稼ぐことが可能です。

例えば、仮に時給1,300円の人が夜勤を行った場合の夜勤手当は、以下のようになります。

基本給(時給)1,300円
夜勤手当を含んだ時給1,625円(1,300円×1.25)
22~5時までの合計報酬11,375円(1,625円×7時間)

上記の例では、夜勤をするだけで基本給よりも325円も時給が上がるため、日勤だけの勤務に比べると同じ労働時間でもより高い収入を得られることが分かりますね。

老健には夜勤があるため、夜勤が苦でない人は、無理のない範囲で日数を増やすことも検討してみてください。

3-3.役職に就く

役職に就くことも、給料アップにつながります。

介護施設には、施設長や管理者のほかにも現場でスタッフ達をまとめる現場リーダーがいます。

主に事務所にいる管理職と異なり、現場リーダーは各フロアで介護業務を行うため、現場スタッフにとって身近な存在でもあります。

現場リーダーになれば、毎月の給料に役職手当が加算されるため、給料を上げることが可能です。

現場リーダーになるには、介護技術や知識だけでなく、リーダーシップなども求められます。

介護スキルを磨くだけでなく、マネジメントに関する本を読んだり資格取得を目指すことも役立つでしょう。

現場リーダーになるための必須資格はありませんが、介護福祉士資格を取得すると、現場リーダーとして働く知識や能力を持っている証明になるため、有利ですよ。

なお、加算される役職手当は施設により異なるため、上司や事務職員に確認しておきましょう。

3-4.勤続年数を増やす

ひとつの施設で長く勤めれば勤めるほど、給料も高くなる傾向にあります。

厚生労働省のデータによると、勤続年数別に見た介護士の平均給料は、以下の通りです。

勤続年数平均給与額(ひと月あたり)
1年270,740円
2年278,550円
3年282,700円
4年284,300円
5年295,450円
10年以上334,140円

引用:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※平均給与額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

このように、勤続年数の経過と共に給料も高くなっていきます。

したがって、より高い給料を目指すなら、短期間で転職を繰り返すよりも、ひとつの施設で長く働く方が良いと言えます。

では最後に、上記で解説したポイントをまとめてみましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?今回は、老健の給料について解説しました。

では、これまでに解説したことをもう一度おさらいしておきましょう。

老健で働く介護職員の年収は380万円。

老健の給料が他の施設形態よりも年収が高い理由は、以下の2つ。

  1. 夜勤があること
  2. 身体介護が比較的多いこと

正社員・非正社員の給料の違いは以下の通り。

雇用体系平均給与額(ひと月あたり)
正社員317,350円
非正社員(日給・常勤)222,360円

特養と老健の給料の違いは以下の通り。

施設形態平均給料(ひと月あたり)
介護老人福祉施設(特養)332,260円
介護老人保健施設(老健)317,350円

老健で給料を上げる方法は以下の4つ。

  1. 資格を取得する
  2. 夜勤を増やす
  3. 役職に就く
  4. 勤続年数を増やす

老健は、施設形態の中でも特養に次いで平均給料が高い施設です。

夜勤や身体介護など大変な業務もありますが、その分ほかの施設よりもしっかりと稼ぐことができます。

今回解説した内容を参考にしながら、老健も転職先の候補としてぜひ考えてみてください。