【超高齢者社会】介護士に将来性があると言える3つの理由

介護士,将来性

「介護職に将来性はあるのかなあ・・・」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

結論からいうと、介護士に将来性はあると言えます。

なぜなら、超高齢者社会になる日本において、介護サービスの需要は増え続けるものの、サービスの担い手である介護職は不足をしているからです。

結果、介護業界は売り手市場であり、多くの施設が人手を欲しています。

この記事ではまずは介護士に将来性がある3つの理由を解説をしました。

介護士にリストラはあるのか?そして介護士の給料の将来性まで合わせて解説をしました。最後までぜひご覧になってください。

1介護士に将来性はある!その3つの理由

事実、介護士には将来性があるといえます。

これから介護の仕事を考えている方に、介護職の将来性がある3つの理由をこの章では、紹介します。

介護業界に将来性がある理由は以下の通りです。

ここからは、介護業界に将来性がある理由を解説します。

1-1.日本全体で高齢化が進み、サービスの需要が増えるから

介護業界に将来性がある1つ目の理由は、高齢化社会が急速に進んでいるためです。

日本は、2019年に65歳以上の人口が28.4%を超える超高齢化社会になっています。

その中でも75歳以上の高齢者人口は増加しているのが特徴です。

今後も高齢者の人口の割合は増加することが考えられており、2025年には人口の30%、2060年には人口の40%以上が高齢者となります。

高齢者人口の割合と推移

出典:総務省「統計トピックスNo.121 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで」

高齢者の人口が増えることにより、介護サービスの需要、ニーズは増えます。

厚生労働省が公表しているデータでは、要介護・要支援認定数(介護が必要な人)は約640万人となっています。

15年間で要介護・要支援に認定された人は2倍以上に増加しており、今後も増加ペースが拡大することが考えられます。

出典:厚生労働省「介護保険事業状況報告(全国計)」

超高齢者社会が進むことにより、介護のサービスの需要が増えることから、介護士の仕事も増えます。したがって、介護士には将来性があるといえます。

1-2人手不足の業界だから

2つ目の介護業界に将来性がある理由は、介護人材が不足しているからです。

介護業界ではどのくらいの人材が不足しているかと言うと、2025年には、34万人の介護士が必要であることが分かっています。

出典:経済省HPより

また、2035年には倍以上の68万人以上が必要になります。今後も増え続ける高齢者人口に対して、介護人材が不足していることがわかります。

介護人材が増えている理由については、高齢者人口が増加していることが挙げられます。

不足している介護人材を埋めるために、施設は介護ロボットや外国人人材の受け入れを進めています。しかし、介護業界はまだまだ人手不足の業界です。

2025年までに34万人の介護士が必要になるなど、介護職の人材は人手不足です。

介護の仕事は人手が必要とされていることからも、将来性があるといえるでしょう。

1-3業界全体として売り手市場だから

2つ目の理由と被る部分がありますが、介護業界は、人手不足の影響で、業界全体として売り手市場です。

介護業界の有効求人倍率は、他の業種に比べて高く、約4倍となっています。

また地域によって格差があり、東京や愛知では、6倍以上も有効求人倍率があります。

有効求人倍率が6倍とは、1人の介護士に対して6件の求人があることを指します。

介護施設は経験者に限らず、未経験者でも受け入れを加速させています。

そして、介護施設が人材確保を他の施設と競争して行っている結果、条件や待遇が昔に比べてどんどん良くなってきています。

東京や愛知以外にも、5倍以上の有効求人倍率の地域もあるので、就職する地域によっては、他の業界では考えられないほどの売り手市場となっているのが特徴です。

介護職,地域別,有効求人倍率

出典:介護人材の処遇改善について

売り手市場だからこそ、介護業界で働くことを考えている方は、未経験といえども、就職がしやすいといえます。

今後、サービスの需要が増え続けることにより、介護職は将来性がある仕事であるといえるでしょう。

2.【番外編】介護士にリストラはあるのか?

結論からいうと、介護業界にはリストラはほとんどありません。

前章でも解説をしたように、介護士は人手不足の影響から、売り手市場であるため、介護人材は施設に重宝されるからです。

人材不足の問題が起こっている介護業界では、リストラではなく、逆に給料を上げるなどの、離職率を防ぐための対策が行われています。

リストラが行われないといった意味では、介護業界で働くことを考えている方は長い間安心して働くことが可能です。

そして、これからの高齢者社会においては、介護業界は必要不可欠の仕事になります。

リストラがない職種で働きたい方にとって、介護士はおすすめの職業です。

3.介護士の給料の将来性

介護士という仕事には将来性があることが分かりました。

では介護士の給料はこれからも上がり続けるのでしょうか?

結論からいうと、介護職の給料は、これから上がり続けることが考えられます。

なぜなら、国が処遇改善加算と呼ばれる援助を行い、介護士の給料面での待遇を向上させようとしているからです。

「勤続年数10年以上の介護福祉士に、月額平均8万円相当の昇給を執行する」など、介護士の給料を上げるための方針を国は出しています。

実際に、勤続年数を増やすことで給料が上がることも分かっています。

介護職員,平均給与額

出典:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

資格を取得したり、管理職を目指したりするなど、自らが努力をすることで、給料を上げることができます。

  1. 国が介護士の人材の離職率を減らす&介護人材を増やすために、待遇を向上させようとしている
  2. 資格取得や、施設でのキャリアップを目指すなど、自身が努力をすれば、給料を上げることができる

以上の2点のことにより、介護士の給料には将来性があると言えます。

4.まとめ

介護業界はこれからの将来に期待することができる職業です。

介護業界に将来性がある理由は以下の通りです。

  • 高齢化により介護サービスの需要が増える
  • 介護業界は人手不足である。
  • 有効倍率が高いため売り手市場である
  • リストラがほとんどない
  • 処遇改善加算やキャリアアップにより給料の将来性がある

介護業界は無資格・未経験でもお仕事ができる業界です。

この記事が介護職にこれから就業を考えている人のために少しでもなれたら幸いです。