【介護転職】必ず知るべき状況別アドバイス6選|転職サイトおすすめ5選

介護士,転職
  • 「今の職場を辞めたい…」
  • 「転職時に気をつけるべきポイントは?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

転職で成功するには『自分は本当に転職をすべきなのか?』を考え、失敗しないためのポイントを知って正しい転職活動をすることが大切です。

そこでこの記事ではまず『介護業界の転職事情』を解説した後、『状況・悩み別にあなたが転職すべきかどうか』を解説しました。

あなたの今の職場の悩みから『あなたは果たして転職した方が良いのか?』を確認してみてください。

次に3章・4章では転職活動をする上での2つの注意点と、転職活動を成功させるために必要なポイントを3つ解説しました。

最後には当サイトが厳選したオススメの転職サイトを紹介しております。ぜひ最後までご覧になってください。

この記事を読むことで『自分は転職すべきなのか』を知ることができるだけでなく、ブラック施設に転職しないための方法を知ることができ、理想の職場に出会える確率が高まります。では解説していきます。

好きなところから読む

1.介護業界の転職事情

介護業界は他業界と比較して、転職しやすい業界であるといえます。介護業界は売り手市場であり、どの施設も人手不足に悩まされているからです。

介護業界が売り手市場であることは、有効求人倍率の高さからも分かります。

有効求人倍率とは?

仕事の数を働きたい人の数で割った数値を指します。この数値が1より大きければ売り手市場(施設が人手を欲している)、1より小さければ買い手市場であることを示します。

有効求人倍率仕事の見つけやすさ
有効求人率が1より大きい仕事を見つけやすい
有効求人率が1より小さい仕事を見つけにくい

厚生労働省のデータによると、介護業界の有効求人倍率は平成28年の時点で3.02となっています。

つまり仕事を探す人1人に対して3.02人分の仕事がある状態を指します。

介護業界の有効求人率は以下の表のように過去10年以上にわたって1以上の高い水準を示しており、求職者数に対して求人数が多いことが分かります。

平成22年以降は右肩上がりであることからも、この数値は今後も高まると予想できます。

※介護業界の有効求人倍率は青線

引用:介護人材確保対策

表からも「いかに介護業界が人手不足で売り手市場となっているか」が分かります。

そして特に経験者・有資格者である場合は、介護業界では採用されやすく重宝される傾向にあります。

ここまでで「介護業界は人手不足が原因で、どの事業所も人手を欲していて転職しやすい業界」とわかりました。

次の章では現在転職を考えている方に、状況・悩み別のアドバイスを解説していきます。

2.【あなたは転職すべき?】状況・悩み別7つのアドバイス

この章では「自分は今転職しようか悩んでいる」という方向けに、状況・悩み別にアドバイスをしていきます。

転職するか悩んでいる介護職の方によくある悩みは主に次の7つです。

  1. 今の職場の人手が足りない
  2. 仕事が上手くいかない
  3. 現状の職場の人間関係が良くない
  4. 給料が低い
  5. 仕事に見合った給料をもらえない
  6. 夜勤に何か起こるのではないかと不安
  7. 事業所の理念や運営に不満がある

悩み1つ1つを解説しながら、その対応策や転職すべきかどうかのアドバイスを説明していきます。

2-1.【今の職場の人手が足りない】まずは職場の上司に相談すべき

職場の人手不足は現場で働くスタッフによくある悩みです。

人手が足りなかったら

  • どうして自分ばかり大変な思いをしなければいけないんだ
  • どうして休憩を減らされなければいけないんだ

とストレスも溜まりますよね。

人手不足が原因で転職を考える介護職員もよくいます。

人手が足りない場合は、まずは職場の上司や施設長、施設の経営者に相談しましょう。

現場の生の声を届けることで、求人広告を増やしたり、人事異動で他部署からスタッフを派遣してもらえるかもしれません。

上司にかけあっても何も対応してくれない際には、転職を考えるのも一手です。

2-2.【仕事が上手くいかない】勢いで転職をしてしまうことに注意!

仕事が上手くいかず「自分はこのまま働き続けて良いのだろうか」と悩む人も多いはず。

ミスをしてしまったり利用者さんとの信頼関係を築けなかったりすると、仕事が嫌になりつい転職を考えてしまいがちです。

しかし仕事が上手くいかないからといって、勢いで転職するのは要注意です。

仕事が上手くいかない原因があなた自身にあった場合、勢いで転職しても転職先でまた同じ悩みに苦しみます。

したがって安易に転職活動を始める前に、仕事がうまくいかない原因を分析して改善を試みてみましょう。

原因が分からない時は、1人で抱え込まずに同僚や上司に相談して意見を聞いてみましょう。

全国の介護職員が匿名で交流ができる「介護プロ」で相談してみてもいいですね。

介護プロ|介護職の為の意見交換・相談アプリ

全国の介護職員で匿名で交流ができる「介護プロ」はこちらからダウンロードできます。

2-3.【現状の職場の人間関係が良くない】まずは職場の異動を申し出る

職場の人間関係で悩んでいる人も多いです。上司や同僚との人間関係が悪かったり、利用者さんや利用者さんの家族との相性が悪いケースもあります。

人間関係で悩んでいる場合は、転職を決意するのではなくまずは上司に同じ事業所内での職場の移動を申し出てみましょう。

自分の気持ちや悩みを口に出して伝えることが大切です。正直に思いを伝えれば、希望を聞いて異動を承諾してくれるかもしれません。

私が勤めていた施設でも『同僚との相性が合わない』ことを理由に異動を申し出た結果、同じ法人の中で他の施設への異動を実現した人もいます。

現状の職場の人間関係が良くない場合には、まず職場の異動を申し出ることをオススメします。

申し出をしても職場の異動が承諾されない場合には、転職を考えるのも1つの手です。

2-4.【給料が低い】今の職場で給料を上げれないかを考えるor転職する

給料の低さに悩んでいる人はとても多いです。介護業界の給料は他業種と比べても低いため、より高い収入を求めて給料が高い施設に転職を考える人もいます。

しかし転職を検討する前に、まずは今の職場で働きながら給料を上げることができないかを考えてみましょう。

例えば資格を取得すれば、資格手当が加算され給料を上げることが可能です。

以下の資格別の平均月給からもわかるように、資格を取得することで給料を上げることができます。

職種平均給与額(ひと月あたり)
無資格261,600円
初任者研修285,610円
実務者研修288,060円
介護福祉士313,920円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

※平均給与額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

特養やグループホームなど夜勤のある職場に勤めている場合は、夜勤を増やして夜勤手当による収入アップも可能です。

労働基準法により22~5時までの7時間は深夜割増賃金として時給を25%アップすることが定められており、数日を夜勤にするだけでも時給が上がり収入を増やすことができます。

このように給料の低さに悩んでいる場合は

  • 資格を取得する
  • 数日を夜勤にする

などして、今の職場で少しでも収入を増やすことができないかを考えてみましょう。

また給料を上げるためには、給料が高い施設に転職するのも有効な手段です。

次の表は施設形態別の平均給料です。

施設形態施設の特徴年収(月収)
介護老人福祉施設終身介護を受けられる施設398万7,120円(約33.2万円)
介護老人保健施設リハビリや医療的ケアが必要な高齢者が自宅復帰を目指し、一時的に入居する施設380万8,200円(約31.7万円)
訪問介護事業所介護士が直接自宅を訪問して介護サービスを提供する施設350万3,160円(約29.1万円)
介護療養型医療施設重度の高齢者が医療処置やリハビリを受けられる施設342万4,320円(約28.5万円)
通所介護事業所自宅で過ごす高齢者の外出機会や他者との交流ができる施設315万4,800円(約26.2万円)
認知症対応型共同生活介護認知症高齢者の共同生活を目的とした施設216万4,920円(約18万円)

施設別に見ると、夜勤がある特養や老健の給料が1番高く、グループホームやデイサービスの給料が低いことがわかります。

もし「施設にとらわれず給料を上げたい」と考えている場合は、特養や老健などの給料が高い施設に転職することも選択肢として考えてみましょう。 

2-5.【仕事に見合った給料をもらえない】転職を考えるべき

「介護福祉士のような専門職として働いていたり、毎日残業しているにも関わらず、仕事に見合った給料をもらえない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな人は転職を考えるべきです。

なぜならあなたをもっと評価してくれる事業所は他にもあるからです。

まずは自分の給料の水準がどの水準にあるのかを、求人サイトなどを見ながら確認してみましょう。

特に初任者研修や介護福祉士の資格を保有しているのにも関わらず、求人サイトにある求人よりも月給が低い場合は、今の施設の給与体系に疑問を抱くようにしましょう。

転職サイトを見ながら、自分が保有する資格で今よりもっと高い給料をもらえる事業所はないかを確認してみることが大切です。 

2-6.【夜勤に何か起こるのではないかと不安】転職を考えるべき

夜勤に不安を感じる場合は、転職を考えるのも1つの手です。

なぜなら夜勤がない施設形態もあり、夜勤の不安をなくすことができるからです。

人にはそれぞれ向き不向きの施設形態があります。特に夜勤の有無による、精神的な悩みは大きいものでしょう。

デイサービスや訪問介護など夜勤のない施設に転職することで、夜勤時の悩みから解放されます。

「夜勤に何か起こるのではないか」と不安な場合は、夜勤のない施設に転職することをオススメします。 

2-7.【事業所の理念や運営に不満がある】転職を考えるべき

事業所の理念や運営に対して不満を感じて悩んでいる人もいます。

例えば施設が利益ばかりを追求し、利用者さんが過ごしやすい環境作りを怠っている場合は、「利用者さん第一」を信条に働いている介護士にとっては不満を感じる原因になるはずです。

事業所の理念があなたと合わない場合は、あなたが解決することは難しいため転職を考えるべきです。

転職サイトや施設のホームページを見ながら、その施設の理念や方針を調べてみることをオススメします。あなたの仕事観と合っている施設を探してみましょう。

転職する際には、施設を見学して自分の目で施設の雰囲気を確かめてみたり、転職エージェントを利用して担当スタッフに評判を聞くことが大切です。

施設の理念や方針によって、仕事をする上でのモチベーションが大きく変わるはずです。

事業所の理念に不満などがある場合は、納得して働くためにもあなたの仕事観と事業所の理念が一致する施設に転職するのがあなた自身のためです。

ではこれまでに解説した内容をまとめてみましょう。

悩みアドバイス
今の職場の人手が足りないまずは職場の上司に相談すべき
仕事が上手くいかない勢いで転職をしてしまうことに注意!
現状の職場の人間関係が良くないまずは職場の異動を申し出る
給料が低い給料アップを検討or転職を考える
仕事に見合った給料をもらえない転職を考えるべき
夜勤に何か起こるのではないかと不安転職を考えるべき
事業所の理念や運営に不満がある転職を考えるべき

3.後悔のない転職がしたい!転職する際の2つの注意点

ここからは後悔のない転職を実現するための注意点を解説します。

転職する人にありがちな失敗は次の2つです。

  1. 転職先の施設の雰囲気を把握しないまま転職してしまった
  2. 求人を複数比較しないまま転職してしまった

では1つずつ順に見ていきましょう。

3-1.転職先の施設の雰囲気を把握しないまま転職してしまった

転職先の施設の雰囲気を知らないまま転職してしまうのは要注意です。

  • アットホームな職場だと思っていたのに、実はスタッフ同士の仲が悪かった
  • 仕事とプライベートをきちんと分けて働きたいのに親睦会が多くて苦痛

などと仕事を始めてから後悔してしまうからです。

事業所とあなたのミスマッチは転職活動において非常によくある失敗です。

転職前には紹介会社に登録してエージェントの方からその施設の雰囲気や人間関係や評判などを聞いたり、面接前に見学に行くなどして、事業所とあなたのミスマッチを防ぐことができます。

  • 紹介会社に登録して施設の評判を確認する
  • 転職前には必ず見学を行う

という2点を意識して転職活動を進めるようにしましょう。

3-2.求人を複数比較しないまま転職してしまった

求人を複数比較せずに転職先を決めてしまうのも危険です。

なぜなら限られた求人だけしかチェックしないことで、より自分の希望に合った求人の存在に気付くことができないからです。

複数の求人を比較しないまま転職すると

  • 近くの施設は同じ仕事内容なのに今の施設よりも給料が高い
  • 今の施設では交通費が出ないのに近くの施設は交通費を出してもらえる

など仕事を始めてから、今よりもっと条件の良い施設の存在に気付き後悔します。

後悔しないためにも、複数の求人(5事業所ほど)を比較することが大切です。

転職エージェントを活用することで、あなたの希望条件を話すだけで条件にピッタリの施設をいくつかピックアップしてくれます。

登録には一切お金がかからず

  • 給料を今よりも高く
  • 人間関係の良い職場

など希望の条件をいくつか言うだけで求人を提案してくれるので、手間暇なく楽に求人を探すことができます。

転職する際は転職エージェントに登録し、複数の求人を比較するようにしましょう。

介護の転職でよくある失敗理由7選

今回紹介できなかった介護の失敗理由として次の7つ理由があります。

  1. 自己分析が足りなかった
  2. 採用面接で話を誇張してしまった
  3. 軽い気持ちで転職してしまった
  4. 入社後の人間関係が上手くいかなかった
  5. 施設のリサーチをしていなかった
  6. 施設選びを間違えてしまった
  7. 給料の金額を最優先してしまった

4.転職を成功させるためのポイント3つ

ここからは『転職を成功させるためのポイント』について解説します。チェックしておきたいポイントは次の3つです。

ではそれぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

4-1.転職の目的を明確にする

まずは転職の目的を明確にすることが大切です。転職の目的を明確にしなければ、数ある求人情報を取捨選択することができません。

今の施設の不満や悩みから、自分が何のために転職するのかを考えてみてください。そして優先順位をつけましょう。

具体的には以下のような例があります。

  • どうしても人間関係の良い職場に転職がしたい
  • どうしても今よりも給料が高い施設で働きたい

転職の目的が明確になっていれば、何を基準に求人を比較すればよいかが分かります。

まずは転職の目的を明確にすることから始めましょう。

4-2.転職サイトを利用する

転職サイトを利用することも転職を成功させるための大切なポイントです。

転職サイトを利用せずに1人で転職活動すると、ブラック施設を選んでしまう可能性があるからです。

例えばハローワークには介護職の求人が多数ありますが、掲載されている情報だけでは「評判の良い施設はどれか」などを自分で判断するのは難しいです。

転職サイトを利用すれば、担当スタッフがあなたの希望を聞いて仕事探しをサポートしてくれます。

転職サイトのスタッフは転職のプロです。今まで転職をサポートしてきた実績から表には出てきづらい施設の評判や人間関係などの情報が溜まっています。

転職活動では転職サイトをフル活用することが非常に大切です。転職サイトを利用することで、ブラックな施設に転職して後悔することなく、より条件に合った施設への転職を実現できます。

4-3.転職サイトに複数登録する

転職サイトは2〜3サイト登録するようにしましょう。

2〜3個ほどのサイトに登録することで、複数の転職のプロから求人の提案を受けることができるからです。

求人サイトによって保有している求人の特徴が違うこともあります。

1つのサイトしか利用しなかった場合、限られた提案の中からしか仕事を探すことができません。

しかし提案される求人が多いほど、自分の理想とする求人に出会うことができます。

後悔のない転職活動をするためにも、転職サイトには2〜3サイトほど登録し、求人の提案をできるだけ多く受け、数ある選択肢の中から転職先を選ぶことが大切です。

ここまでご紹介した転職を成功させるためのポイントをまとめてみましょう。

5.【厳選】オススメ転職サイト3選!

5-1.きらケア介護

きらケア派遣
転職サイトきらケア介護
求人数46,399件
主な対象職種・ヘルパー・介護職
・生活相談員
・サービス提供責任者
・管理職・管理職候補
・ケアマネージャー
・無資格・未経験
地域【北海道・東北】北海道、宮城
【関東】茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川
【東海】静岡、愛知
【関西】京都、大阪、兵庫、奈良
【中国・四国】広島
【九州・沖縄】福岡
就労形態・正社員
・契約社員
・パート・アルバイト
公式ページ介護の求人/転職/募集情報サイト【きらケア介護求人】

きらケア介護のオススメなポイント3選

  1. 無資格・未経験からの転職に強い
  2. 非常に親切なキャリアアドバイザーの存在
  3. 幅広い条件の求人に対応

きらケア介護の最大の強みは『無資格・未経験からの転職に強い』ことです。

きらケア介護では他業界から介護職への転職を積極的にサポートしています。

未経験から他業界へ転職をすると不安や悩みは付き物ですが、きらケア介護では親切なキャリアドバイザーがあなたをサポートします。

  • 介護業界のこと
  • 他業界から介護職に転職をする際の面接対策

まで、丁寧なアドバイザーがとても親切にあなたの相談に乗ってくれ、転職活動を成功に導いてくれます。

またアドバイザーが顔写真付きで紹介されているのも安心できるポイントです。

引用:キャリアアドバイザーのご紹介|介護・福祉の求人/転職/仕事情報は【きらケア介護求人】

さらには求人検索の際に

  • 土日祝休み
  • 駅チカ
  • 経験者歓迎

などを含む幅広い条件から求人を検索でき、自分にあった求人を探し出すことができます。転職を考えている方は、まず『きらケア介護』に登録しておけば間違いないでしょう。

\親切なキャリアアドバイザー・幅広い条件の求人対応/

5-2.かいご畑

かいご畑
転職サイトかいご畑
求人数10,073件
主な対象職種・介護士
・看護助手
・訪問介護員
・ケアマネージャー
・サービス提供責任者
・生活相談員
・介護事務
・その他(調理員、管理者など)
・無資格・未経験
地域47都道府県
就労形態・正社員
・契約社員
・派遣・パート
・紹介予定派遣
公式ページ介護求人専門サイト かいご畑

かいご畑のオススメなポイント3選

  1. 未経験OKの求人が多い
  2. 介護の資格を保有する担当スタッフが就業をサポート
  3. 会社としての信頼性が高い

かいご畑は、きらケア介護と同様『未経験からの就業に強い転職サイト』です。

総求人のうち約8割が『未経験&無資格OK』の求人です。

担当のスタッフは介護の資格を保有しており、介護現場のことを熟知しています。

『未経験から転職する際の悩み』や『介護のお仕事』などについて気軽に相談に乗ってくれる体制を整えています。

またかいご畑を運営する会社は、創立から20年と歴史も長く

  • 厚生労働省から優良派遣事業者の認定
  • 一般社団法人日本人材紹介事業協会に所属

などの実績もあり非常に信頼性が高い会社だと言えます。

以上から『未経験から介護の仕事に就業をしたい』場合は、きらケア介護と合わせて登録をオススメしたい転職サービスです。

\無料で資格取得×無資格・未経験OK豊富!/

5-3.カイゴワーカー

カイゴワーカー
転職サイトカイゴワーカー
求人数101,861件
主な対象職種・介護職・ヘルパー
・ケアマネージャー
・サービス提供責任者
・相談員
・管理職
地域47都道府県
就労形態・正社員
・パート
・派遣
公式ページ介護求人・転職なら介護求人情報サイト|カイゴワーカー

カイゴワーカーのオススメなポイント3選

  1. 年収アップに強い
  2. 日本最大級の求人数
  3. 施設の口コミを知ることができる

カイゴワーカーの最大の強みは『年収アップに強い』ことです。

カイゴワーカーの求人には高月収・高時給の求人が多く、担当スタッフも施設との交渉において給料をアップすることを得意としています。

その結果、カイゴワーカーで転職した8割以上の方が年収アップを実現しています。

転職時に希望年収を担当スタッフに伝えれば、スタッフがあなたの理想の年収通りの求人をピックアップしてくれます。

またスタッフがあなたと事業所の間に入り給料交渉をしてくれるため、希望を伝えるだけで、年収アップを実現することができます。

さらにカイゴワーカーに登録をすれば『施設の口コミ』をスタッフから聞くこともできるので、『施設の雰囲気や人間関係』を転職前から確認することができます。

転職サイト選びにおいては、『きらケア介護・かいご畑』と同様、必ず登録すべきサイトであるといえます。

登録は5分弱で簡単にできるので、気軽に登録することをオススメします。

\転職した実に8割以上の方が年収アップ/

6.Q&A

ここからは、転職活動を進める上でよくある質問について答えていきます。

Q1.転職サイトは無料で利用できる?

A.転職サイトは無料で利用可能です。

転職サイトは転職が決まると施設から採用費をもらっているため、転職者は無料で利用することができるのです。

Q2.転職するのにベストな時期はあるのか?

A.転職にベストな時期は「2~3月または8~9月」「4~5月」です。

「2〜3月・8〜9月」は人事異動の影響から採用活動が活発になり、求人数も増えます。

4〜5月は新卒採用などによる人員確保ができなかった企業や、年度末の退職などで現場が手薄になる時期でもあり求人情報が出やすくなります。

したがって転職活動をするなら「2~3月・8~9月」か「4~5月」が狙い目です。

Q3.無資格でも転職することができるのか?

A.無資格でも介護職への転職は可能です。

介護業界は常に人手不足となっているからです。

例えば上記でご紹介した「かいご畑」は、無資格でも応募できる求人を多数取り扱っています。

Q4.何歳からでも転職することは可能なのか?

A.介護職の転職は何歳からでも可能です。

特に年齢を気にする必要はありません。

事実、40代や50代からでも介護業界に転職する事例も多々あります。 

Q5.転職サイトを利用してから転職するまでの流れは?

転職サイトの登録から転職までの流れは、以下の5STEPです。

A.転職サイトの登録から転職までの流れ

  1. 【STEPその1】サイトに登録する
  2. 【STEPその2】サイト内で求人を探す
  3. 【STEPその3】気になる求人に応募する
  4. 【STEPその4】面接を受ける
  5. 【STEPその5】採用後、転職

7.まとめ

いかがでしたか?今回は介護の転職事情についてたっぷり解説しました。

ではこの記事で解説した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

介護職によくある悩みとアドバイスは次の通りです。

悩みアドバイス
今の職場の人手が足りないまずは職場の上司に相談すべき
仕事が上手くいかない勢いで転職をしてしまうことに注意!
現状の職場の人間関係が良くないまずは職場の異動を申し出る
給料が低い給料アップを検討or転職を考える
仕事に見合った給料をもらえない転職を考えるべき
夜勤に何か起こるのではないかと不安転職を考えるべき
事業所の理念や運営に不満がある転職を考えるべき

転職を後悔する人にありがちな失敗は以下の2つです。

転職を成功させるためのポイントは以下の3つです。

今回解説した内容を参考に、あなたもぜひ理想の転職を実現させてくださいね。