【必見!】どれを選べばいいの?介護事務の講座オススメ5選

介護事務,講座,オススメ

「介護事務の講座はどれがオススメなの?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

事実、介護事務の資格は民間の資格であり、各スクールによって資格の種類や費用が違うため、講座選びで非常に迷われることが多いかと思います。

結論から言うと、介護事務の講座選びには以下の3つのポイントがあります。

介護事務講座の選び方の3つのポイント

この記事では『介護事務の資格学校の選び方3つのポイント』を解説した後に、『オススメの資格スクール5選』を紹介しました。

スクール名費用特徴
ヒューマンアカデミー35,000円介護事務コンピュータの体験学習ができる
ニチイ
  • 通学:71,245円
  • 通信:40,333円
介護講座で100万人以上の修了生を輩出している安心の実績
ユーキャン39,000円スマホやパソコンで学習ができるWeb動画あり
ソラスト40,000円介護事務の基本から学べる
日本医療事務協会
  • 通学:49,500円
  • 通信:47,300円
短期間で専門スキルをマスター

この記事を読むことで、介護事務講座の選ぶ方のポイントを知ることができ、各スクールが提供する介護事務講座を比較することができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.介護事務の資格学校選び方3つのポイント

この章では、介護事務の資格学校の選び方を3つ解説をしていきます。

  1. 取得できる資格の種類
  2. サポート体制
  3. 費用

この3つは、講座を申し込む前にしっかりと確認するようにしましょう。

それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

1-1.取得できる資格

介護事務は国家資格ではなく民間資格です。そのため各スクールによって資格の名称が変わります。

具体的には、以下の5つの資格があります。

  • ケアクラーク
  • 介護事務管理士
  • 介護事務実務士
  • 介護保険事務管理士
  • 介護報酬請求事務技能検定試験

基本的にはどの資格を取得しても、介護事務の知識があることの証明になります。

反対に各資格の違いは

  • 試験の内容や形式
  • 試験時期
  • 費用

です。

上記の内容は各資格学校によって異なります。

そのため公式HPで比較したり、資料を一括請求して手元にパンフレットを取り寄せて比較したり、「介護事務の中でもどの資格を取得するか」を考えることが大切です。

それぞれ資格試験の内容・形式・試験時期・費用が異なるので、取得したい資格のコースがある学校を選ぶようにしましょう。

1-2.サポート体制

「サポート体制」もしっかりと確認しましょう。

なぜなら各スクールによってサポート体制も異なるからです。

具体的には各スクールによって、次のようなサポート体制があります。

  • 勉強する中でわからない箇所をメールなどで質問できる
  • 就職や転職サポートがある
  • 学習期間の延長を無料で受けることができる
  • 介護報酬ソフトを使用しながら学習ができる

例えば資格取得後に介護事務として転職を考えている場合は、無料で転職サポートしてくれるスクールをオススメします。

サポート体制は各スクールによって異なるので、自分の目的に沿って選択しましょう。

1-3.費用

講座を選ぶ上で費用面も重要なポイントです。

介護事務の費用相場は35,000円〜70,000円程度です。

上記で紹介したサポート体制の充実度によって、価格が異なります。

各スクールによって費用が異なるので、サポート体制や取得する資格の種類を考えながら比較しましょう。

また支払い方法も講座ごとに変わるため、あらかじめ確認しておきましょう。受講料の支払い方法は「一括払いのみ」「分割払い可能」に分かれます。

さらには教育訓練給付制度が受けられる講座もあるので、対象の方はこの制度の有無も確認しておきましょう。

講座の費用はもちろんですが、修了後に資格試験を受験する場合には受験料も必要となります。受験料も考慮した上で講座を検討しましょう。

※教育訓練給付金とは?

教育訓練給付金とは、ハローワークが実施している資格取得助成金制度で、通常の受講料から割引された金額で受講できる制度です。

対象のスクールとそうでないスクールがあります。気になっているスクールが対象内かどうかは、HPや資料請求をして確認できます。

2.介護事務資格スクールオススメ5校

この章では、介護事務の資格講座を提供しているスクールを5校紹介していきます。

今回紹介する講座は以下の通りです。

スクール名費用特徴
ヒューマンアカデミー35,000円介護事務コンピュータの体験学習ができる
ニチイ
  • 通学:71,245円
  • 通信:40,333円
介護講座で100万人以上の修了生を輩出している安心の実績
ユーキャン39,000円スマホやパソコンで学習ができるWeb動画あり
ソラスト40,000円介護事務の基本から学べる
日本医療事務協会
  • 通学:49,500円
  • 通信:47,300円
短期間で専門スキルをマスター

2-1.ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

介護事務講座で人気のヒューマンアカデミーの講座。ヒューマンアカデミーでは、全国医療福祉協会認定の「介護事務士」資格の取得が可能です。

その人気の理由は介護現場で使用されている介護事務コンピュータを体験できるプログラムにあります。

実際に使用されている介護事務ソフトを使って学習するため、即戦力で使用できるスキルが身に付くのです。

確実に資格を取得したい方、そして即戦力を身に付けたい方の多くが受講しています。

またわからないことはメール・FAX・郵便で随時質問できるので、初心者でも安心して受講できます。

さらには就職や転職のサポートも充実しているので、スムーズに仕事探しが行えます。

オススメポイント

  • 修了と同時に「介護事務士」の資格取得が可能
  • 介護事務コンピュータ「快悟郎Ⅱ」で即戦力が身に付く
  • 就職のサポートが万全

こんな人にオススメ

  • 確実に資格を取得したい方
  • 実際に現場で使用されている介護事務コンピュータを使用して実践的な学習をしたい方
  • 即戦力を身につけ、転職や就職をスムーズにしたい方

2-2.ニチイ

ニチイ

ニチイでは介護事務の資格として、「ケアクラーク」の資格を取得することができます。

ニチイの講座は45年以上の歴史があり、実績も豊富です。

介護事務必須のスキルである『介護報酬請求の方法』を学習できるのはもちろん、福祉制度・ケアマネージャーのサポート業務・お客様対応など、介護事務の仕事として現場で求められる知識とスキルを学ぶこともできます。

また通学コースと通信コースがあり、自身のスタイルに合わせて無理なく学習することが可能です。

オススメポイント

  • 就転職に有利な「ケアクラーク」資格を目指した学習内容
  • 介護現場で求められる知識とスキルを幅広く学習できるプログラム
  • 安心の無料延長制度あり(通信コース)

こんな人にオススメ

  • 「ケアクラーク」資格の取得を目指したい方
  • 介護報酬請求だけでなく、福祉制度やケアマネージャーのサポート業務も学びたい方
  • 実績のある講座を受講したい方

2-3.ユーキャン

ユーキャン

「介護事務管理士」の資格取得を目指すユーキャンの通信講座。

メインテキストはたったの2冊であるため、ポイントを絞った学習ができます。

またWebテストや動画講義のコンテンツもあるので、外出先でもスマホやパソコンから学習が可能です。

さらには在宅で受験できることもこの講座の魅力です。テキストを見ながら解答可能なので、初めて学ぶ方や暗記が苦手な人でもリラックスして受験に挑めます。

資格取得の有無に関わらず希望者には修了証が授与されるので、就職・転職時に履歴書でアピールすることもできます。

オススメポイント

  • 受講期間内なら「介護事務管理士」試験の在宅受験が可能
  • 外出先でも学習できる充実したWebコンテンツ
  • 質問や添削など全ての指導サービスが12ヶ月まで受けられる

こんな人にオススメ

  • ポイントを絞って効率的に学習したい方
  • 外出先やスキマ時間にスマホでも学習したい方
  • マイペースに受講したい方

\ポイントを絞って効率的に学習!充実したコンテンツ/

2-4.ソラスト

ソラスト

ソラストでは、介護報酬の請求事務を担う「介護事務管理士」の資格取得を目指します。

介護報酬に関する知識以外にも、介護事務に必要な知識を基本から学べます。

学習期間の目安は4ヶ月ですが、12ヶ月まで無料で延長して講義を受けることができるためマイペースに学習を進めることができます。

疑問点や不明点等がある場合は、メール・FAX・郵送だけでなく電話でも質問が可能です。専任講師が丁寧に回答してくれます。

オススメポイント

  • 「介護事務管理士」試験の在宅受験が可能
  • 専任講師が質問に回答してくれる
  • 介護事務全般を基本から学ぶことができる

こんな人にオススメ

  • ポイントを絞って効率的に学習をしたい方
  • 基本から学びたい初心者の方
  • 自分のペースで学習を進めたい方

2-5.日本医療事務協会

日本医療事務協会では、「介護報酬請求事務技能検定試験」の講座を受講することができます。

通学コースと通信コースがあります。

通学コースでは最短3日、通信コースでは最短1ヶ月と、日本医療事務協会の講座は短期間で修了できるプログラムが特徴です。

専任講師が教材作成から課題添削・質問への対応まで担当しているので、的確なアドバイスをもらうことができます。

オススメポイント

  • 短期間で専門スキルをマスターできる
  • 修了後も現場で活躍できる充実した内容のテキスト
  • 80%以上の高い合格率

こんな人にオススメ

  • 短期間で資格取得を目指している方
  • 確実な合格を目指したい方
  • 「介護報酬請求技能検定試験」の合格を目指す方

3.まずは気軽に資料請求をし、比較することが大切

数多くある介護事務講座の中から自身に合った講座を探すためには、いくつかの講座を比較することが大切です。

1章で紹介をした介護事務スクール選びのポイント

を軸に自分に合う資格はどれか、比較してみましょう。

上記の資料請求サイトから、簡単に一括で資料請求ができます。もちろん資料請求は無料です。

各スクールのHPにも詳細な情報は掲載されていますが、実際にパンフレットを取り寄せることで簡単に比較できます。

介護事務の資格取得のファーストステップはスクール選びです。

自分にあったスクールを選ぶためにも、まずは一括で資料請求してみるようにしましょう。

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、介護事務講座の選び方には3つのポイントがありました。

介護事務講座の選び方の3つのポイント

紹介した介護事務の講座は以下の通りでした。

スクール名費用特徴
ヒューマンアカデミー35,000円介護事務コンピュータの体験学習ができる
ニチイ
  • 通学:71,245円
  • 通信:40,333円
介護講座で100万人以上の修了生を輩出している安心の実績
ユーキャン39,000円スマホやパソコンで学習ができるWeb動画あり
ソラスト40,000円介護事務の基本から学べる
日本医療事務協会
  • 通学:49,500円
  • 通信:47,300円
短期間で専門スキルをマスター

まずは以下のサイトから、気軽に資料請求をし、手元に各スクールのパンフレットを取り寄せ、比較をしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


あなたへのオススメ記事