介護福祉士を取得する4つのメリット|介護福祉士を取得するための手順

「介護福祉士を取得することにはどんなメリットがあるのだろうか?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

結論から言うと、介護福祉士を取得するには主に4つのメリットがあります。

介護福祉士は介護実務の中でも唯一の国家資格です。

介護業界で長く働き、キャリアップを図りたいと考えている方は、介護福祉士取得を目指すのがオススメです。

この記事では、『介護福祉士を取得する4つのメリット』について丁寧に解説した後、『介護福祉士を取得するための手順』も詳しく解説しました。

また後半では、『介護福祉士を取得する際の大切なポイント』も解説しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

では解説していきます。

1.介護福祉士を取得する4つのメリット

早速、介護福祉士を取得することで得られる4つのメリットを解説していきます。

1つ1つ丁寧に解説していきます。

1-1.給料が上がる

介護福祉士を取得するメリットの1つ目は「給料が上がる」ことです。

実際に公的機関が開示している調査結果からも、介護福祉士を取得することで給料が上がることがわかっています。

次の表は、介護職員の平均所定内賃金(月給の者)の調査結果です。

保有資格平均所定内賃金
無資格190,515円
初任者研修修了者203,232円
実務者研修修了者209,183円
介護福祉士222,566円

介護労働安定センター「令和元年度介護労働実態調査」より

表を見てわかる通り、介護福祉士の平均所定内賃金は222,566円となっており、無資格よりも32,051円、初任者研修修了者よりも19,334円、実務者研修修了者よりも14,383円高いことがわかります。

介護福祉士が他の資格と比較しても給料が高くなるのは

  • 資格手当
  • 特定処遇改善加算
  • 役職手当

が主な要因です。

資格手当

ほとんどの介護施設や介護サービス事業所では、職員が保有している資格によって「資格手当」を給与に上乗せしています。

介護福祉士の資格保有者には、月1万円程度の資格手当を支給している施設・事業所が多いのが、介護福祉士の給料が高い理由となります。

特定処遇改善加算

介護職員特定処遇改善加算を算定している事業所であれば、技能・経験に優れた介護福祉士の給与には特定処遇改善加算が手厚く支給され、事業所によっては月8万円の給与を上乗せするところもあります。

役職手当 

介護福祉士を保有していることで、ユニットリーダーやサービス提供責任者などの役割を与えられることも多くなり、役職手当などが上乗せされることもあります。

このように介護福祉士を取得することで、給与が他の資格よりも上がるというメリットがあります。

介護福祉士の給料事情についてもっと知りたい方は、『福祉系資格の代表格!介護福祉士の給料を色んな角度から深掘り解説!』をご覧ください。
関西のホームヘルパーとして働かれている方の生々しい給料事情についても紹介しています。

1-2.利用者さん、職場からの信頼度が上がる

介護福祉士を取得する2つ目のメリットが「利用者さん、職場からの信頼度が上がる」ことです。

#1-1:給料が上がる』でも解説した通り、介護福祉士は介護実務の中でも唯一の国家資格です。(※初任者研修や実務者研修は、厚生労働省認定の公的資格)

介護福祉士を取得すると国家資格保有者になるため、今まで以上に利用者・家族から信頼を得ることができます。また仕事に対する向上心や知識も評価され、職場からの信頼にもつながるのです。

1-3.転職の際に有利になる

介護福祉士を取得する3つ目のメリットが「転職に有利になる」ことです。

『より高い技能を持っている職員』として、また『チームをまとめる能力のある職員』として期待され、より好条件で転職することができます。

現に求人サイトを見てみると、介護福祉士は他の資格よりも求人件数が多いことがわかります。

次の表は、介護求人サイト「きらケア求人」で保有資格ごとの求人件数を比較したものです。

保有資格求人件数
無資格OK9,532件
初任者研修修了者16,423件
実務者研修修了者16,610件
介護福祉士17,869件

※2020年09月23日、求人サイト「きらケア介護」にて検索

表を見ての通り、介護福祉士の場合、選択できる求人数は17,869件でした。介護福祉士は、初任者研修修了者よりも1,446件多くの求人に応募が可能になります。

選択肢が増えることで、より好条件の職場を見つけることも可能になります。

また介護福祉士は国家資格者としての優れた知識や技能、介護職の中心としてリーダーシップ、多職種連携を担う調整力などを発揮できる存在であることから、事業所や施設にとっても採用したい人材です。

介護福祉士を保有することで

  • 選択できる求人件数が多いこと
  • 採用がされやすい

という点から、転職に有利になるのです。

1-4.さらなるキャリアアップを目指せる

介護福祉士を取得する4つ目のメリットが、「さらなるキャリアアップを目指せる」ことです。

具体的には、介護福祉士の資格取得後にさらに5年の実務経験を積むと、ケアマネージャーになるためのケアマネ試験の受験資格を手に入れることができます。

ケアマネジャーになることで、利用者を支えるケアチームをマネジメントする相談援助職としてキャリアを築くことができます。

また給料も高くなります。介護福祉士の所定内賃金は222,566円/月ですが、介護支援専門員の所定内賃金は257,279円です。(参考:介護労働安定センター「令和元年度介護労働実態調査」

つまりケアマネ資格を取得し、ケアマネジャーとして勤務することで大幅に給料アップを狙うことが可能です。

ここまで介護福祉士を取得することで得られる4つのメリットを紹介しました。

次の章では、メリットとは反対の、介護福祉士を取得する際の注意点を解説します。

2.介護福祉士を取得するための手順

この章では、介護福祉士を取得する際の手順を解説していきます。

介護福祉士取得の主な4つのメリットを1章で解説しました。ただ介護福祉士は、誰でもなれる訳ではなく、資格を取得するには下記2つのステップを満たす必要があります。

1つ1つ丁寧に解説していきます。

2-1.介護福祉士試験の受験要件を満たす

介護福祉士試験を受験するためには、受験要件を満たす必要があります。

具体的に、介護福祉士国家試験の受験要件には次の3つのパターンがあります。

介護福祉士国家試験の受験要件
  • 実務経験(3年以上介護等の業務に従事した方)+実務者研修
  • 介護福祉士養成施設卒業者
  • 福祉系高校卒業

多くの受験者は1番上のパターンである

  • 介護職としての3年の実務経験を積む
  • 実務者研修を修了する

の2つの条件を満たすことで受験資格を得ています。

介護福祉士の試験を受ける年度の3月31日まで(令和2年度は令和3年3月31日まで)に、上記2つの条件を満たす必要があります。

※介護福祉士試験の受験要件は平成28年度より変更になりました

平成28年度からは介護福祉士国家試験の受験要件として、実務経験だけでなく、実務者研修を修了する研修要件が加わりました。

通信課程で開講される実務者研修を、試験の行われる年度の12月31日(令和2年度は新型コロナウイルスにより実務者研修受講ができない時期もあったため、令和3年3月31日まで期限を延長しています)までに修了しなければいけません。

通信課程ですが、医療的ケアや介護過程の通学(スクーリング)も必要です。 

2-2.介護福祉士国家試験に合格する

受験要件を満たした後は、介護福祉士国家試験を受験し、合格しなくてはいけません。

ここ4年間の合格率・合格者数は次のようになっています。

合格率合格点合格者数
第29回
(平成28年度)
72.1%75点55,031人
第30回
(平成29年度)
70.8%77点65,574人
第31回
(平成30年度)
73.7%72点69,736人
第32回
(令和元年度)
69.9%77点58,745人

ここ数年は70%前後の合格率となっています。ケアマネ試験の合格率10%〜20%台と比較すると、難易度はそれほど高い試験ではありません。

仕事と両立をしながら試験勉強をしなくてはいけないのが最大のネックとなりますが、空いた時間にコツコツ勉強をしたり勉強を習慣化させることで、合格に近づくことができます。

以上が介護福祉士になるための手順でした。

最後に介護福祉士取得を少しでも検討している方に向け、取得する上で大切なポイントを解説していきます。

3.介護福祉士取得を考えているのであれば早めに動くことが大切

介護福祉士を取得する上で大切なポイント、それは「早めに動き出すこと」です。介護福祉士取得を考えている方は、早めに準備・対策を始めましょう。

次の表は、最短で介護福祉士を取得するための理想的なステップです。

時期
取るべき行動
  1. 介護の仕事を始める
  2. 実務経験1~2年目
  3. 実務経験3年目
  4. 実務経験満3年
  5. (合格したら)
  • 初任者研修を取得
  • 実務者研修を取得
  • 国家試験対策の学習
  • 国家試験受験
  • 介護福祉士登録

介護福祉士になるためには

という2つのステップが必要です。

介護福祉士の試験が行われるのが1月末。試験対策のための学習期間を3ヶ月〜6ヶ月とすると、その前には実務者研修を終わらせるべきです。

なぜなら働きながら実務者研修を受け、さらに国家試験の勉強を同時で行うことは難しいからです。

介護福祉士の取得を考えている方は、できるだけ早めに実務者研修を受講しておき、介護福祉士試験勉強に専念して時間を使うのがベストだと言えます。

介護福祉士の資格取得は、『試験を受ける1年前までに初任者研修と実務者研修を取得しておく』のように、早めに実務者研修を受講することが重要なポイントになります。

以下のサイトより、実務者研修の資料請求をすることができます。
介護福祉士になるには、早め早めに行動をしておくことが大切です。
無料で資料請求ができるので、まずはお気軽にパンフレットを取り寄せてみてください。

\完全無料!たった2分で完了!/

4.まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると介護福祉士のメリットには主に次の4つがありましたね。

介護福祉士になるためには、次の2つのステップを満たす必要がありました。

介護福祉士の資格取得は、早めに実務者研修を受講することが重要なポイントになります。まだ実務者研修を取得していない方は、介護福祉士取得に向けて実務者研修を取得することをオススメします。

この記事が少しでも参考になれば、幸いです。