40代女性でも介護職には転職可能!失敗しない為の3つの注意点

介護,転職,40代,女性

「40代女性で転職か……」

あなたは今こんな悩みをお持ちでないですか?

この年齢で転職となると、困難なく転職が出来るのか非常に不安ですよね。もしも転職をする施設が全くなかったら…なんてことも思われているのかもしれません。

結論からいうと、40代女性で介護職に転職は、他業界と比較して比較的スムーズに転職をすることが出来ます。

なぜなら介護業界は人手不足の業界であり、50代、60代の働き手でもすごくwelcomeな業界だからです。

しかし、求職者が有利な売り手市場だからといって、安易に転職をするのは危険です。

なぜなら、転職先の中には「サービス残業当たり前」や「人間関係が悪く、離職率が非常に高い」といった隠れたブラック施設があるからです。

そこでこの記事では、40代女性で介護職への転職を考えている方に向け、「後悔のない転職をしてほしい」という思いから、

40代で転職活動をするメリット・デメリット、40代女性介護職へ転職で気になる3つのことを解説しました。

  1. 正社員か派遣社員どちらがオススメなのか?
  2. 給料はどのくらいもらえるのか?
  3. おすすめの施設形態は?

最後には、介護業界への転職活動で失敗しないための3つの注意点を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。では解説をしていきます。

1.40代女性でも介護業界に転職をすることは出来る

結論からいうと、40代女性でも介護業界に転職をすることは出来ます。

なぜなら、介護業界は業界全体として人手不足なため、仮に40代、50代未経験だとしても様々な場面で活躍できるからです。

例えば

  • 「子供が社会人になり、子育てが一段落し働きたい」
  • 「親の介護をきっかけに、親の介護の経験を活かしたい」

などの理由で、40代未経験から介護業界に転職をした女性が、子育てやご両親の介護の経験を元に、利用者さんを介護することはよくあります。

業界全体としても人手不足である介護業界では、40代未経験者でも転職先の現場で受け入れられ、様々な場面で活躍できるのです。

しかし、40代で未知の介護職に転職するのは不安という方に、次の章では40代から介護職に転職をする際のメリット・デメリットを解説していきます

2.【40代女性】介護職に転職をする際のメリット・デメリット

40代から介護職に転職をする際のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリットデメリット
  1. 生活力、家事力を活かすことが出来る
  2. 40代からでもまだ若手世代
  3. 親の介護経験があれば、経験を活かすことができる
  1. 身体的な負担が大きい
  2. 人間関係の不安による精神的な負担が大きい
  3. 資格取得がキャリアップにつながる

メリット・デメリットを1つ1つ解説していきます。

2-1.【40代女性】介護職に転職をする際のメリット

40代女性から介護職に転職をするメリットは以下の3つです。

  1. 生活力、家事力を活かすことが出来る
  2. 40代からでもまだ若手世代
  3. 親の介護経験があれば、経験を活かすことができる

①生活力、家事力を活かすことが出来る

1つ目のメリットが「今までの生活力、家事力を活かすことができる点」です。40代までに培ってきた生活力や家事力は、介護現場で強みになります。

介護職としての業務には「見守り」といった、利用者の生活に寄り添った業務などがあります。

特に40代となると、家事を率先してやってきた経験や、生活の知恵もたくさんあります。

このような経験を、介護現場では発揮できる場所がたくさんあるのです。

如何に効率的に介助をすることが出来るかが、介護現場では必要になってきます。

今までの40年間で培った培った家事力がそのまま介護現場で活かすことができるという点で40代から介護職に転職をすることが出来るメリットの1つです。

②40代からでもまだ若手世代

2つ目のメリットが「40代からでもまだ若手世代である点」です。

40代から転職となると特に気になるのが、自分の年齢と周りの年齢ですよね。特に介護という仕事はチームケアが基本とであるため、同僚とのコミュニケーションがかかせません。

しかし、介護業界においては、40代女性が最も人多いということが厚労省のデータより判明しています。

厚生労働省 「介護労働の現状」より

調査を見ると、介護士は40歳までは男性介護士が多いのに対し、40代以降は女性介護士の比率が高まっています。

40代以降となると、男性介護士よりも女性介護士のほうが介護現場では多いということが上記データから分かります。

自分より若い世代の施設の中に転職をするとなったら、精神的にも不安になることが多いかと思います。

しかし、40代、特に女性が多い介護現場では、年齢という面において、周りから浮くということは少ないのが特徴です。

40代女性から転職となっても、周りには同世代が多いので気持ち的にも安心して働くことができるでしょう。

③親の介護経験があれば、経験を活かすことができる

3つ目のメリットが「親の介護経験があれば、経験を活かすことができる点」です。

この読者の中には、親の介護を今現在行っている、親の介護を経験したことがある、40代女性の方も多いでしょう。

親の介護経験があれば、親の介護経験をそのまま介護現場に活かす事ができます。

先程も解説しているとおり、介護業界は業界全体として人手不足であることから、仮に40代女性未経験でもとてもwelcomeな業界です。

仮にあなたに親の介護経験があるとその経験を面接時にアピールすることができるだけでなく、施設側としても採用をしたくなる強みでしょう。

40代未経験女性で、一度親の介護を経験したことがあるからという理由で介護業界に転職を決意し、現場で活躍をしている人はたくさんいます。

以上3つが40代女性でも介護業界に転職をすることができるメリットです。

では次にデメリットをデメリットを3つを解説していきます。

2-2.【40代女性】介護業界に転職をするデメリット

40代女性から介護業界に転職をするデメリットは3つです。

  1. 身体的な負担が大きい
  2. 人間関係の不安による精神的な負担が大きい
  3. 資格取得がキャリアップにつながる

こちらもメリットと同様1つ1つ解説をしていきます。

①身体的な負担が大きい

1つ目のデメリットが「身体的な負担が大きい点」です。

40代の転職者が現場に入って特に大変なのは「身体の疲労感」です。

40代となると今までの若い頃と比べて体が思うように動かなかったり、次の日の朝起きたら全身の疲労感が若い頃に比べてひどいということも出てくるでしょう。

これまで専業主婦として生活をしていた方、デスクワークとして仕事をしていた方にとっては、肉体労働である介護という仕事に負担を感じることもあるかと思います。

もちろん人によって違いはありますが、40代となると、体にいきなりガタが来ることが多いです。日頃からマッサージに通ったりするなど身体のメンテンナンスが必要となってきます。

転職をする前であれば肉体労働で身体の疲労感がたまるということを心構えをしておく必要があるでしょう。

②人間関係の不安による精神的な負担が大きい

2つ目のデメリットが「人間関係の不安による精神的な負担が大きい点」です。

介護はチームケアの仕事です。同じ施設内の同僚と利用者さんの為に協力をし、仕事を進めていく必要があります。

そのため、他の業種と比較してもより人との触れ合いが多いことから、対人間関係において、精神面で負担がかかることも多々でてくるでしょう。

施設によっては、直属の上司が自分より年下であるということも珍しくありません。

中には上司が自分よりも年下だと、仕事がやりづらかったり、精神面でもストレスが感じてしまうこともあるかと思います。

人間関係における精神的な不安はどの仕事でも共通してあることですが、対人間関係での仕事が多い介護業界においては、より負担が多いと心構えをしておくと良いでしょう。

③資格取得がキャリアップにつながる点

3つ目のデメリットが「資格取得がキャリアップにつながる点」です。

介護現場でこれからバリバリと働いていきたいという場合は基本的に資格取得が必要となってきます。

40代となると資格取得のための勉強時間の確保、勉強の定着度など様々な壁が出てきます。

日々の仕事の肉体的な疲労が溜まっていて、それに加えて家庭のことなどが重なると、なかなか勉強時間も確保できなくなるでしょう。

昔よりも覚えが悪く、定着度が悪かったりなど、資格取得を目指していく上では困難なことがたくさん出てくきます。

ただ、計画を立て、真面目にコツコツと頑張り、資格を取得することが出来れば、

  1. 現場で活躍することが出来る
  2. 資格手当で月給に+で5000円〜1万円程度昇給がある
  3. 新しく転職をする際に経験者&有資格者として転職がしやすい

などの良いことがたくさんあります。

これから未経験者として介護職に就業をする方は、初任者研修の資格を取得することをおすすめします。

もしあなたが介護職員としてどんどん成長したければ、年齢を壁に感じることなく、コツコツと資格取得を目指していくことでキャリアップを図ることができます。

以上3点が、40代女性として介護業界に転職をデメリットになります。

再度メリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
  1. 生活力、家事力を活かすことが出来る
  2. 40代からでもまだ若手世代
  3. 親の介護経験があれば、経験を活かすことができる
  1. 身体的な負担が大きい
  2. 人間関係の不安による精神的な負担が大きい
  3. 資格取得がキャリアップにつながる

メリット・デメリットが理解できたところで、次に介護職転職で気になる3つについて解説していきます。

3.【40代女性】介護職転職で気になる3つのこと

これから介護業界に転職をしようと考えているあなたは、次の3つのことが気になっていませんか?

  1. 正社員か派遣社員どちらがオススメなのか?
  2. 給料はどのくらいもらえるのか?
  3. おすすめの施設形態は?

この章では、この3点を1つ1つ解説をしていきます。

3-1.正社員か派遣社員どちらがオススメ?

1つ目は、「正社員か派遣社員どちらで働くのがおすすめなのか?」という雇用形態に関する疑問です。

結論からいうと、

  • 安定性を求め、同じ職場で安定的に働きたい人であれば、正社員雇用がオススメ
  • 自分が決めた自由な時間で色々な施設形態で働きたいのであれば派遣雇用がオススメ

です。

正社員と派遣の違いは雇用主の違いにあります。

正社員は施設に、派遣介護士は派遣会社に雇用をされます。

派遣介護士・派遣会社・勤務先の雇用関係図

派遣介護士,派遣会社,雇用関係

また正社員が同じ施設で長期的に雇用されるのに対し、派遣介護士は契約期間を3ヶ月、6ヶ月と定め、短い期間の間位に働くことが特徴です。

そのため、安定的に同じ施設でずっと働きたいのであれば、正社員雇用が、シフト制で自分が決めた時間に働き、短いサイクルで色々な施設で働きたいのであれば、派遣介護士がオススメです。

「派遣社員は即戦力しか採用されないので、未経験者は派遣介護士にはなれない」と勘違いしている方がいますが、

業界全体の人手不足である介護業界では求人数は経験者よりも少ないものの、未経験者でも派遣介護士として働くことができます。

3-2.給料はどのくらいもらえるの?

未経験の業界に転職をするとなったら気になるのはやはり、お金のこと。給料をいくらくらい貰えるのかは非常に大事な部分でもあります。

介護士の平均年収は361万円です。

とはいうものの、保有資格や職種、経験数、年齢、どの施設で働くかによって、給料には違いがあります。

そこで厚労省の数値を参考に月給の手取りの額を男女、年齢別の給料を表にまとめてみました。

年齢男性(ひと月あたり)女性(ひと月あたり)
29歳以下286,920円(229,536円)274,450円(219,560円)
30~39歳325,930円(260,744円)292,530円(234,024円)
40~49歳343,420円(274,736円)★298,610円(238,888円)
50~59歳314,030円(251,224円)300,260円(240,208円)★
60歳以上271,610円(217,288円)☆272,760円(218,208円)☆

参照元:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※手取り額は8割(平均給料×0.8)と仮定して計算しています。

40代の女性の平均給料は約29万8千円、手取り23万8千円です。

男性と比較をすると、全体的に給料は低いことが分かりますが、女性の中で年齢別で比較すると40代女性の給料は50代女性の次に給料が高いことがわかります。

給料を上げるには、資格を取得して、月々5千円〜1万円加算される資格手当を目指したり、給料が比較的高い特養に転職をしたり、同じ施設内でリーダーや管理職を目指すなど、キャリアップを図るのも良いでしょう。

3-3.おすすめの施設形態は?

40代女性にオススメしたい施設形態は「デイサービス」です。

なぜならデイサービスは、家事などの生活スキルを大いに発揮することができる施設だからです。

デイサービスは毎朝、利用者さんお自宅前まで迎えに行き入浴や食事、レクリエーションなどを行い、夕方に自宅前まで送る日帰りサービスです。

入浴の際の入浴介助、利用者さんお食事をお手伝いする食事介助において、重要になるのは、いかに少ない時間で効率よく仕事をするかという点です。

またデイサービスは利用者さんを楽しませるためのレクリエーションを、介護職員が行うことが多く、どうやって利用者さんを楽しませるか?利用者さんを笑顔にさせるか?といった場面で、生活の知恵が試されます。

特養などと比較すると軽度の低い(介護を必要とする度合いが低い)利用者さんが多く、未経験だとしても安心して働き始めることができる職場です。

40代女性、これから介護職に転職を考えているのであれば、まずはデイサービスから勤めてみるのを考えてみてはいかがでしょうか?

以上がこれから介護職に転職する上で気になる3つのことになります。

質問回答・ポイント
①正社員か派遣社員どちらがオススメなのか?・安定性を求め、同じ職場で安定的に働きたい人であれば、正社員雇用がオススメ
・自分が決めた自由な時間で色々な施設形態で働きたいのであれば派遣雇用がオススメ
②給料はどのくらいもらえるのか?・介護士の平均年収は361万
・40代の女性の平均給料は約29万8千円、手取り23万8千円
③おすすめの施設形態は?・40代女性から介護職に転職をするとしたらデイサービスがオススメ

4.【40代女性】介護職へ転職に失敗しない為の3つの注意点

では最後に、これから転職をする際に、失敗しない為の3つの注意点を解説していきます。

  1. 自分の体と相談する
  2. 条件を妥協しない
  3. 幅広い選択肢から職場を選ぶ

4-1.自分の体と相談する

1つ目の注意点が「自分の体と相談をすること」です。

40代の女性の転職を成功させるためには、まず自分のコンディションの状態を把握しておく必要があります。

介護職は肉体労働的な要素が多々あり、体力勝負な業界なので、身体が資本となります。

仮に腰痛を患っているということであれば、仕事を長く続けることも困難なこともあります。

これから介護業界に入る前に、今一度自分の体と相談をし、自分に合う雇用体系から自分の働きやすい施設を考えることが大切です。

4-2.条件を妥協しない

2つ目の注意点が「条件を妥協しない」ことです。

40代女性だといって、転職の条件面を妥協してはいけません。

先程から何度も解説しているように、介護業界は売り手市場で、たとえ、40代女性・介護業界未経験でも受け入れてもらえる業界だからです。

自分のことを下に考え、条件面などで妥協をしてしまうと転職後後悔をしてしまいます。

そのため、細かい条件をしっかりと自分の中で固め、妥協することなく転職活動をすれば必ずあなたにピッタリの施設を見つけることができます

4-3.幅広い選択肢から職場を選ぶ

3つ目の注意点が「幅広い選択肢から職場を選ぶ」です。

40代女性でこれから転職をしようとしている人の中には、「近所の施設だから」や「たまたま求人を見たから」など、よく考えないで転職活動をしている人がいます。

しかし、これは危険です。

なぜなら未経験の業界に、安易に飛び込んでしまうと

  • 実はお局さんがいる、離職率が非常に高い施設
  • 残業代が一切支払われず、サービス残業当たり前の施設

といったブラック介護施設に転職をしてしまい、後々後悔をする可能性があるからです。

短期間で安易に転職を考えてしまうことが、後々ため息ばかりの仕事につながってしまいます。

そこで、後悔のない転職活動をするためには、転職エージェントに登録をし、転職のプロから転職についてアドバイスを貰うことが大切です。

転職エージェントに登録すること自体、お金は一切かかりません。

また転職エージェントのキャリアスタッフは、あなたよりも40代女性の介護業界転職に関する知識・経験が豊富です。

40代女性の転職をたくさん支援してきた経験から、あなたにオススメの求人を提案してくます。

登録するだけタダ、あなたの選択肢を広げ、後悔のない転職活動を支援してくれます。

ハローワークや友人がいる施設など、自分の範囲内で転職活動をすることも大切ですが、プロからの意見を多少なりとも聞くという点で、転職エージェントに登録をしてみるのをオススメします。

  1. 自分の体と相談する
  2. 条件を妥協しない
  3. 幅広い選択肢から職場を選ぶ

上記3点が、40代でこれから介護職に転職をする際に、失敗しない為の3つの注意点でした。

注意点に気をつけつつ、後悔のない転職活動が出来ることを祈っています。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

介護業界は全体的な人手不足から、40代女性未経験でも受け入れてもらいやすい業界でしたね。

実際に、40代からでも介護業界に転職をすることが出来ます。

メリット・デメリットは以下の表のとおりです。

メリットデメリット
①生活力、家事力を活かすことが出来る
②40代からでもまだ若手世代
③親の介護経験があれば、経験を活かすことができる
①身体的な負担が大きい
②人間関係の不安による精神的な負担が大きい
③資格取得がキャリアップにつながる

介護業界に転職をする際には以下のようなことが気になったと思います。

気になることポイント
①正社員か派遣社員どちらがオススメなのか?・安定性を求め、同じ職場で安定的に働きたい人であれば、正社員雇用がオススメ
・自分が決めた自由な時間で色々な施設形態で働きたいのであれば派遣雇用がオススメ
②給料はどのくらいもらえるのか?・介護士の平均年収は361万
・40代の女性の平均給料は約29万8千円、手取り23万8千円
③おすすめの施設形態は?・40代女性から介護職に転職をするとしたらデイサービスがオススメ

最後に失敗しない転職活動にするために、以下の3点に注意してくださいね。

  1. 自分の体と相談する
  2. 条件を妥協しない
  3. 幅広い選択肢から職場を選ぶ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。