介護職,50代,未経験

50代未経験でも介護に転職できる!成功のための3つのポイント

50代未経験から転職って流石に無理でしょ?

あなたは今こんな悩みを抱えていませんか?50代未経験から介護業界に転職するとなると、本当に転職できるのか不安ですよね。

結論を言うと、介護業界では50代未経験からでも介護業界に転職することはできます。なぜなら介護業界は、業界全体として深刻な人手不足であり、たとえ50代未経験でも人手を借りたい業界だからです。

しかし間違った転職活動をすると、いつまでも転職先が決まらなかったり、「転職後に思うような施設と違った…」と後悔することもあります。

そのため未経験から介護業界に転職するための予備知識が必要です。この記事では、50代未経験で転職するために大切な3つのポイントを解説しました。

  • 自分にあった施設と雇用体系を理解する
  • 今までに培ってきた他業界の知見を、介護業界に活かせることをアピールする
  • 転職エージェントに登録し、プロから求人を提案される

この3つのポイントを抑えておけば、50代未経験からの転職活動は安心です。

最後に50代未経験から転職する際の注意点も解説しているので、ぜひ最後まで読ご覧ください。この記事を読めば、未経験から介護業界へ転職するために必要な知識が分かります。

オススメ転職サイトオススメポイント


きらケア介護
無資格・未経験の方も
積極的にサポート!

公式サイトを見る


ジョブメドレー
自分のペースで
仕事探しができる!

公式サイトを見る


介護ワーカー
利用者の満足度が高い
年収アップに強い!
公式サイトを見る

50代からの再就職!未経験からでも介護職には就業できる!

結論から言うと、50代からでも介護の仕事に十分就職できます。なぜなら介護業界は、業界全体として深刻な人手不足に陥っているからです。

介護業界は他業界よりも転職しやすい業界で、50代からでも介護業界にとってはwelcomeなのです。

しかし人手不足だからといって、きちんとしたプロセス・方法で転職活動をしないと、”ブラックな介護施設”に転職してしまうなど、後悔する場合もあります。

そこで次の章では、50代未経験で介護業界に再就職を成功させるための大切なポイントを3つ解説していきます。

50代未経験から転職を成功させるために大切な3つのポイント

この章では50代未経験から介護職の転職を成功させるのポイントを解説していきます。

  • 自分にあった施設と雇用体系を理解する
  • 今までに培ってきた他業界の知見を、介護業界に活かせることをアピールする
  • 転職エージェントに登録し、プロから求人を提案される

自分にあった施設と雇用体系を理解する

1つ目の大切なポイントは、「自分にあった施設と雇用体系を理解する」ことです。

事実、介護業界には主に9つの施設があり、雇用体系も、正社員・契約社員・派遣社員・パート社員など、メリット・デメリットは様々です。

介護施設の主な施設

施設形態主な種類特徴
施設型特別養護老人ホーム(特養)終身介護を受けられる施設
介護老人保健施設(老健)自宅復帰を目指して一時的に入居する施設
介護付き有料老人ホーム運営元の企業によってさまざまな特色のある施設
居宅型通所介護(デイサービス)自宅で過ごす高齢者の外出機会や他者との交流ができる施設
短期入所生活介護(ショートステイ)家族の介護負担の軽減などを目的に一時的に入所する施設
訪問介護ステーション介護士が直接自宅を訪問して介護サービスを提供する施設
地域密着型グループホーム認知症高齢者の共同生活を目的とした施設
小規模多機能型居宅介護デイサービスやショートステイなど複数のサービスをひとつの事業所に集約した施設
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)介護士が常駐する高齢者向けの賃貸住宅

介護施設の主な雇用体系とメリット・デメリット

雇用体系メリットデメリット
正社員・毎月の収入が安定している
・昇給、ボーナス、退職金がある
・福利厚生が充実している
・基本的に無期雇用
・残業がある
・休みを取りにくい
・異動や転勤の可能性がある
・休日出勤が必要な場合も
契約社員・雇用期間中の収入が安定する
・正社員と同じ待遇を受けることができる
・雇用期間中は解雇されない
・残業がある
・昇給、ボーナス、退職金がない
・契約を更新できないことも
派遣社員・ライフスタイルに合わせやすい
・様々な施設で勤務できる
・契約満了後も再雇用してもらえる可能性がある
・休みを取りやすい
・残業がない
・昇給、ボーナス、退職金がない
・交通費が支払われない
・雇用期間の満了後、一時的に職を失うリスクがある
パート・アルバイト・ライフスタイルに合わせやすい
・残業が比較的少ない
・異動や転勤がない
・昇給、ボーナス、退職金がない
・残業がゼロではない
施設に直接雇用されるのが正社員雇用
派遣会社に雇用されるのが派遣雇用

自分はどの施設が良いのか、どの雇用体系が良いのかを知らずに思いつきで施設に転職すると、後から苦しい思いをします。

自分はどんな施設、どんな雇用体系がピッタリなのかを考え、転職活動することが大切です。

今までに培ってきた他業界の知見を介護業界に活かせることをアピールする

2つ目の大切なポイントは「今までに培ってきた他業界の知見を介護業界に活かせることをアピールする」ことです。

50代未経験から介護業界に転職する場合、面接時に今までの仕事に関して詳しく聞かれることが多いです。

採用されるには、今までの他業界での経験をアピールし、その経験が介護業界にどのように活きるのかを伝えることが大切です。

例えば前職が接客業の場合、人とコミュニケーションする技術が、そのまま介護職で利用者さんとのコミュニケーションに活かすことができます。

また50代からでも、1から介護業界を勉強する学習力をアピールするのも大切です。変にこだわりがある求職者を、施設側も採用したいとは思わないからです。

前職でどんな業務をし、その経験が介護職でどのように活かせるのかをアピールすれば、未経験でも十分採用されるでしょう。

転職エージェントに複数登録し、プロから求人を提案される

3つ目の大切なポイントは「転職エージェントに登録し、プロから求人を提案される」ことです。

もし後悔のない転職をしたいなら、できるだけ多くの転職エージェントに登録することをオススメします。なぜなら転職エージェントに複数登録することで、複数の求人から職場を選べるからです。

転職エージェントの登録には一切お金はかかりません。転職エージェントはあなたの要望を聞き、あなたにピッタリの求人を提案してくます。

複数に登録することをオススメするのは、色々な視点から求人の提案を受けることができるからです。

1社に登録して3個しか求人提案を受けることができなくても、3社に同時に登録をすれば、9個の求人提案を受けることができます。多くの求人を比較検討できれば、あなたにピッタリの職場に出会える可能性が高まります。

未経験の業界に50代から転職することはとても勇気が要りますよね。安易な転職活動をすると、入職後に後悔することも多々あります。転職エージェント、プロの意見を借りながら、転職活動を進めていきましょう。


以上が50代未経験から介護職に転職する際に大切な3つのポイントでした。

  • 自分にあった施設と雇用体系を理解する
  • 今までに培ってきた他業界の知見を、介護業界に活かせることをアピールする
  • 転職エージェントに登録し、プロから求人を提案される

50代未経験から転職する際は自分ひとりで抱え込んでしまうことに注意する

最後に注意点です。50代未経験から介護職に転職する際は、自分ひとりで悩みを抱えまないように注意しましょう。

1人で悩みを抱え込み、安易に施設に転職してしまうと、きっと後悔してしまいます。転職活動の充実度によって、今後の生活やキャリアが左右されるといっても過言ではないでしょう。

自分の頭の中だけで考え、狭い選択肢の中から求人を選んで、決断することは危険です。

入所後に「思った施設と違った…」や「入所後、同僚との人間関係が悪く、ストレスが溜まった…」といった事例も数え切れないほどあります。

自分ひとりで抱え込まないようにするには、次の対策があります。

  • 複数の転職エージェントに登録し相談する
  • 介護業界に就業している友人に相談してみる

特に転職エージェントは無料で登録でき、「転職のプロ」に気軽に相談することができるのでオススメです。

一人で抱え込むのではなく、「まずは話だけでも」という段階でもいいので、気軽に転職サイトに登録し、相談してみることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

50代未経験でも介護業界に就職することはできます。

転職を成功させるには、次の3つのポイントが重要でしたね。

  • 自分にあった施設と雇用体系を理解する
  • 今までに培ってきた他業界の知見を介護業界に活かせることをアピールする
  • 転職エージェントに登録し、プロから求人を提案される

自分ひとりで考え込まないよう、転職のプロである転職エージェントに相談しながら、幅広い選択肢から求人を選ぶようにしましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。