【辛い】訪問介護を辞めたいと思う3つの理由と正しい退職4ステップ

訪問介護,辞めたい

「もう訪問介護を辞めたい・・・」

あなたは今こんな悩みを抱えていませんか?

事実、以下の3つの理由で訪問介護から離職をすることが多いです。

  • とにかく多忙だから
  • 業務に対して給料が低いから
  • 利用者さんとの人間関係が辛いから

この記事ではまず、訪問介護を辞めたいと思う理由を1つ1つ解説をしました。

あなたの辞めたい理由はどれなのか1つ1つ見て、確認してみてください。

2章では訪問介護の正しい辞職ステップを解説をしました。

事業所に迷惑をかけない、円満な退職をするためにも正しい辞職のステップを心がけることが大切です。

最後に、訪問介護を辞めた後につく職業をいくつかピックアップをしたので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。では解説をしていきます。

1訪問介護を辞めたい・・・訪問介護を辞めたいと思う理由3選

まず、訪問介護のヘルパーたちが「仕事を辞めたい」と思う主な理由を紹介していきます。

1-1とにかく多忙

1つ目の理由は、「とにかく多忙だから」です。

具体的には、以下の三つの理由で忙しさを感じるようです。

仕事が忙しいと感じる3つの理由

  • 移動が大変
  • 簡単に仕事を休めない
  • サービスが忙しく体力的にキツイ

訪問介護事業所では一日に何件も掛け持ちしているヘルパーも多く、訪問先から次のお宅へと移動が続きます。

雨の日や雪の日など、どんなに天候不順でも現場に行く必要があり、駐車スペースがない訪問先では自転車やバイクでの移動が必要で、移動が大変と感じるヘルパーもいます。

また、多くの訪問介護事業所では少人数のヘルパーがフル稼働していることが多く、慢性的に人手不足です。

仕事を休みたくてもなかなか代わりがおらず、簡単には休めないことも多々あります。

例えば、子どもや家族の世話が必要になった場合でも仕事を優先させなくてはいけません。

日々の積み重ねが体力的にも精神的にもストレスになり、「辞めたい」という思いになるようです。また、ヘルパーは短い訪問時間にたくさんの仕事をこなす必要があります。

一度にこなす仕事の種類や項目の多さに圧倒されてしまうヘルパーたちも少なくありません。

訪問介護特有の忙しさにより辞めたいと感じることもあるようです。

1-2業務に対して給料が低い

さらに、業務に対する給料の低さも辞めたくなる理由の一つのようです。

他の施設形態を見てみると、訪問介護の給与は比較的高い水準にあります。

施設形態平均給料(ひと月あたり)
介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム(特養)332,260円
介護老人保健施設(老健)317,350円
訪問介護事業所291,930円
介護療養型医療施設285,360円
通所介護事業所(デイサービス)262,900円
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)180,410円

参照元:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

※平均給料額は、基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給額の1/6)

上記の表を見ても、訪問介護は全体の3位に位置しており、他の施設と比較をすると給料はとりわけ安いというわけではありません。

しかし、ホームヘルパーの仕事は忙しく「忙しい割には給与がそれほど高くない」と感じ、仕事へのやる気を失い辞めていく方も多いです。

1-3.利用者さんとの人間関係

利用者さんとの人間関係に疲れてしまうこともあります。

訪問介護は施設介護とは違い、利用者さんのお宅で、「一対一」で向き合わなければなりません。

中にはクレームをつける「アクの強い利用者さん」などもおり、対応に疲れてしまうヘルパーもいるようです。

筆者が勤めていた事業所でも、利用者さんから「ヘルパーが自分の思い通りにしてくれない」といったクレームの電話が日々かかってきていました。

事業所に直接届いたクレームを聞いてしまうと、一生懸命仕事をしているヘルパーたちにとってストレスになりえます。

何かにつけてクレームの連絡が来ると「もう訪問介護はしたくない」と感じ、辞めてしまうヘルパーたちもいます。

2訪問介護の辞職ステップ4選

辞めることを決意したなら、まずは退職する日付を決定し、早めに行動することが大切です。

辞職するまでには正しいステップを踏む必要があります。

注意が必要な点として、何も言わずに連絡を絶ってしまう、つまり「無断退職」だけは決してしないようにしましょう。

というのも、悪質な「無断退職」の場合は損害賠償請求を会社から請求される可能性や、悪い噂がたち、転職の際に不利になることもあるからです。

たしかに「辞める」と言い出すのは緊張を強いられますが、辞職のための正式な手続きを踏むことは社会人としての最低限のマナーです。

すでに「辞める」と決意している場合は、躊躇せず正しい退職のステップを踏むようにしましょう。

実際にどのような手順で辞職できるのでしょうか。

以下が、仕事を辞めるまでの4ステップです。

それでは具体的に各ステップを見ていきましょう。

2-1就業規則の確認

まず退職を考え始めた時点で、就業規則を確認しましょう。

勤めている事務所の就業規則に基づき退職をすることで、円満に退職をすることができるからです。

就業規則は仕事を始める時に渡されている場合もありますし、事務所で閲覧できるよう置いてある場合もあると思います。

就業規則には通常「○ヶ月前までに退職を申し出る」などと書かれているため、退職日から逆算をし、早めに確認しておくようにしましょう。

2-2上司や責任者に退職を伝える

次に、直属の上司に退職の意思を伝えます。

訪問介護事業所のヘルパーなら、まずは直属の上司であるサービス提供責任者に退職の意向を伝えるようにしましょう。

上司の仕事が忙しいときに話しかけてもあまりいい話し合いはできません。上司がリラックスしていて、話を聞いてもらえそうなタイミングを探していきましょう。

上司から退職の了承を得たあとは、引き継ぎ業務を行っていきます。

2-3引継ぎ業務

退職時期が決定したら、それに合わせて引継ぎ業務を行っていきます。

引継ぎ業務の主な内容は、利用者さんの状況や介護の経緯、介護中の注意事項、利用者さんの好みや性格など、できるだけ詳しく情報を引き継ぐようにしましょう。

もし口頭での引継ぎが可能な場合であっても、できるかぎりメモを作っておくようにしましょう。

こうすることで引継ぎ漏れを予防し、仕事を引き継いだヘルパーもスムーズにお仕事が開始できるからです。

2-4退職届を提出する

直属の上司に「書面で」退職届を提出します。

というのも、口頭だけで退職の意志を示しても証拠として残らず、後々トラブルになる場合があるからです。

退職届の文面はシンプルなもので構いません。具体的な作成方法は、ネットにあるテンプレートを参考にすれば良いでしょう。

例えば『退職届・退職願の書き方と違いとは(テンプレート・フォーマットダウンロードあり)』のようなサイトも参考にしてください。

退職届はヘルパーを保護する法的書類の役割もありますから、面倒でも一筆書いて提出しておくことが重要です。

3【番外編】どうしても退職出来ない場合

前もって伝えていたのに、事務所が辞めさせてくれない、また辞めないように圧力をかけられている、という場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合におすすめのが、「退職代行サービス」です。

退職代行では具体的に以下のサービスを提供しています。

  • 自分の代わりになって会社に退職を申し出てくれる
  • 会社に行かなくても退職ができる
  • 即日で退職可能

どうしても退職できない時に、代わりに退職の申し出を請け負ってくれる第三者が「退職代行サービス」というわけです。

退職代行会社は「退職代行ガーディアン」を利用されるのがオススメです。

退職代行ガーディアン

退職代行サービスの中には、サービス料は安いものの実は単なる一般企業や偽装労働組合も存在します。

厳密に言って法的に適合していない退職代行には注意が必要です。

場合によっては企業側から「弁護士資格のない業者による退職代行は応じる必要はない」と言われ、無資格の業者による退職交渉は失敗してしまう場合があるからです。

この点「退職代行ガーディアン」は、東京都の労働委員会に認証されている合同労働組合なので安心して任せることができます。

スムーズに退職できない場合や、退職について言い出しにくい場合には「退職代行」サービスの利用を検討してみましょう。

4訪問介護を辞めた後に就くオススメの仕事

ここでは、簡単に訪問介護からの転職先を紹介していきます。

もし本気で転職を考えている方の参考になれば幸いです。

4-1介護業界の仕事

4-1-1介護施設での介護職

訪問介護を辞めた後の選択肢として一番多いのが、別の施設形態に転職をすることです。 

訪問介護から別の施設形態には以下の4種類の施設でのお仕事がオススメです。

訪問介護からのオススメの4つの転職先施設

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • グループホーム
  • 介護老人保健施設(老健)
  • デイサービス(通所介護)

特養や老健は給与が訪問介護よりも良く、決まった時間内でしっかりとお仕事ができるため、プライベートと仕事を両立しやすいのが魅力的です。

施設でのお仕事の場合、チームでケアすることが大切になってきます。

医師や看護師、理学療法士といった専門職のスタッフと連携してケアを提供していくため、訪問介護では学べなかった介護に関する知識を学べるのも魅力といえるでしょう。

とはいえ、中には「もう利用者さんに対し身体介護をするのは嫌だ」と感じてしまう方もいるでしょう。

次に介護士以外の、介護業界の仕事を紹介していきます。

4-1-2介護事務

介護から転職,介護事務

介護事務は、主にパソコンを使って介護関連の請求事務をする仕事です。

お仕事の性質上、介護に関する知識や介護保険についての知識が欠かせません。

事務所でパソコンに向かい、一人で黙々と仕事を行いたいという方にはおススメな仕事です。

もちろん、訪問介護のヘルパーをやめて別の事業所で介護事務を行う場合も考えられますが、抵抗がなければ同じ事業所で介護事務を続けることも可能です。

4-1-3介護用品メーカー(企画・営業)

介護用品メーカーでのお仕事は施設や個人のお宅に介護用品の提案を行い、現場に介護用品を納品するお仕事です。

時には、実際に利用者さんの自宅に出向き、使い方をデモンストレーションすることもあります。

介護の現場で介護の用品(ベッドなど)を実際に使った経験があれば、的確な介護用品を提案できるので、全くの未経験者より採用される可能性は高いでしょう。

今まで培った介護技術を別の現場でも発揮することができるお仕事といえます。

とはいえ、中には「もう介護業界はコリゴリ」という方に向けて、次の章では介護職以外への転職先について紹介していきます。

4-2介護職以外に転職をする

介護の仕事も、介護関連のお仕事もすべてやめたいという方は、以下のような仕事もおすすめです。

4-2-1事務

介護から転職,事務職

こちらは事務所でパソコンを使ったり、電話応対をする事務仕事になります。

事務仕事でも、介護の現場で培った傾聴の能力や、顧客や同僚のニーズを敏感に観察する能力を活かせます。

実は筆者も介護の仕事から別の事務職の仕事に転職した経験があります。

その際、顧客やスタッフとのコミュニケーションが以前よりも楽になったと感じました。

4-2-2接客業(販売・営業職)

介護から転職,接客業

訪問介護から他業界に転職をするとして、接客業もオススメの仕事の一つです。

外食やアパレル業界などの接客業でもやはり高いコミュニケーション能力が試されます。

どんなときにも笑顔で真剣に丁寧に応対することは、介護の現場での基本ですから、介護現場での経験を接客業に活かすことができます。

さらに、販売や営業のお仕事でも、客先や同僚とのコミュニケーションは欠かせません。

顧客と接する中でも、介護で培った対人スキルを活かすことができるでしょう。

介護から転職!オススメの職種・働き方16選

【経験を活かせる】介護から転職の際のオススメの職種・働き方16選』では、今回紹介できなかったおすすめの職種について徹底解説しているので合わせてご覧ください。

5まとめ

いかがでしょうか。

訪問介護を辞めた人の主な退職理由は以下の3つでしたね。

仕事が忙しいと感じる3つの理由

  • とにかく多忙だから
  • 業務に対して給料が低いから
  • 利用者さんとの人間関係が辛いから

訪問介護を辞める際には4つのステップを経ることが大切でした。

仕事を辞めるまでの4ステップ

  1. 就業規則の確認
  2. 事務所の管理者に退職を伝える
  3. 引継ぎ業務
  4. 退職届の提出

どうしても職場に退職の意向を言いづらいという時は「退職代行」サービスを利用するのが一手でしょう。

もし仮にあなたが、訪問介護を辞めることを決意しているのであれば、在職中に転職活動をしておくことが大切です。

訪問介護を辞めた後にオススメの仕事をピックアップしましたので、参考にしていただけると幸いです。

介護業界の仕事

  • 施設での介護職
  • 介護事務
  • 介護用品メーカーに転職

介護業界以外の仕事

  • 事務の仕事
  • 接客業

この記事が少しでも参考になれば幸いです。