【徹底解説】デイサービスの平均年収は315万円|給料事情を大解剖

デイサービス,給料
  • 「デイサービスで働いてみたいけど給料面に不安がある」
  • 「特別養護老人ホームなどほかの施設と比べると給料に差はあるのか気になる」
  • 「いまはグループホームで働いているけど夜勤の勤務が体力的にきつくなってきたからデイサービスに転職したい」

という方に向けて解説します。

デイサービスは特別養護老人ホームやグループホームなどとは異なり生活の拠点が自宅の方が利用できるサービスです。

毎朝、自宅前まで迎えに行き日中はデイサービスで入浴や食事、レクリエーションなどを行い、夕方に自宅前まで送る日帰りサービスです。

対象となる方は、要支援1~要介護5まで、なんらかの要介護度がでている方となります。

また、デイサービスにはそれぞれコンセプトがあり

  • 運動に特化したデイサービス
  • レクリエーションに特化したデイサービス
  • 入浴に特化したデイサービス
  • 10名規模のデイサービス
  • 100名を超える大型のデイサービス

など様々な形態があります。

高齢者が増えていく日本にはデイサービスが全国に4万か所あると言われています。

(参考:施設・事業所の状況

コンビニ最大手のセブンイレブンが全国に2万店なのでセブンイレブンの倍の数だけデイサービスが存在しているということですね。

(参考:国内店舗数|セブン‐イレブン~近くて便利~

デイサービスはいわば、戦国時代とも言える状況です。

そういった環境のためデイサービスで働くことは特別養護老人ホームやグループホームなどとは違う達成感や疲労感があります。

しかし、一方で「デイサービスは楽な仕事だろう」という見方も多く、実際に特別養護老人ホームやグループホームに比べると給料は低い傾向にあります。

この記事はデイサービスで働くことを検討している方に向けて、デイサービスの給料を厚生労働省の数字を元に、徹底解説しました。

この記事を読むことで、あなたはデイサービスの給料事情を理解できるだけなく、他の種類の介護施設とデイサービスとの給料を比較することが出来ます。

では解説をしていきます。

1.デイサービスの給料事情を大解剖

この章では、デイサービスで働く場合の雇用体系、正職員、非正職員の給料について解説していきます。

デイサービスで働くというといわゆる“パートのおばちゃん”のイメージが強く、正社員のイメージが弱いですが、正職員と非正職員では給料に差があります。

では、解説していきます。

1-1.正社員の場合の年収は約315万円

正社員の場合、デイサービスに勤める介護職員の平均年収は約315万円であることが厚生労働省のデータからわかっています。

※基本給、手当、ボーナスの一部も含む

デイサービス,平均給与額,調査結果

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果、p.65

※画像は月の給与の値。月の給与の値(262,900円×12ヶ月)から年収を査定

求人の例を上げてみてみましょう。

以下は埼玉県にあるデイサービスの求人の例になります。

  • 基本給:190,000円
  • 介護福祉士手当:5,000円
  • 処遇改善手当:5,000円
  • 住宅手当:20,000円
  • 賞与(2ヶ月分):440,000円
  • 年収:約308万円

もしあなたが一人暮らしをしていて、新卒でこの埼玉の事業所に入った場合の月給は約22万円です。

賞与を合わせて年収に換算すると約308万円ほどだと分かります。

デイサービスの平均年収は約315万円でした。

例のように、働く場所、働く会社、事業所によって年収が変わってくるため、求人を探す場合などにはデイサービスの平均年収が約315万円であることを頭の中にいれて、参考に探してみるのも一手です。

1-2.非正社員の場合の時給、日給を算出

では次に非正社員(パートやアルバイト)としてデイサービスで働く場合の給料を解説していきます。

非正社員として働く場合は、日給や時給が参考になります。

厚労省のデータを参考に、日給、時給を計算すると平均日給は約10,999円、平均時給は約1,170円であることが分かります。

参考:平成30年度介護事者処遇状況等調査結果 p.66、p67の平均給与と実働日数、実働時間数から日給と時給を算出

日給の者の平均給与 157,290円÷平均実働日数14.3日=約10,999円

時給の者と平均給与 109,870円÷平均実労働時間93.9時間=約1,170円

仮にあなたが、デイサービスのパートとして時給1100円で、月16日(週4日勤務)1日8時間働いていたとすると、月給は140,800円となります。

事業所によって日給や時給は変わってくるため、求人を探す際には、デイサービスの平均日給は約10,999円、平均時給は約1,170円であることを頭にいれて求人を探すと便利かと思います。

では賞与(ボーナス)、夜勤、残業代、資格手当など、デイサービスの各種手当の水準はどうなっているのでしょうか?

次の章から詳しく解説していきます。

2.デイサービスの各種手当について解説

デイサービスは先にお伝えした通り、日帰りのサービスです。

また、多くのデイサービスの営業時間は8:30~17:30であり、ほとんどの事業所は勤務時間8時間+休憩1時間であることが一般的です。

残業が少なく、夜勤もほとんどないことから、デイサービスは、特別養護老人ホームやグループホームなどと比べて基本給が低い傾向にあります。

施設形態平均年収平均給与(月給)
特別養護老人ホーム約398万円332,260円
グループホーム約331万円276,320円
デイサービス約315万円262,900円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果、p.65

この章ではデイサービスの各種手当について解説したいと思います。

2-1.デイサービスの賞与(ボーナス)

デイサービスのボーナスは「業績に応じて」という変動でボーナスを定めている施設が多いことが一般的です。

これはデイサービス自体が顧客(利用者)の獲得が困難で、介護報酬が不安定であることが原因として考えられます。

デイサービスはたくさんの事業所が乱立しており、現在、利用者の獲得に苦戦している事業所も多いです。

そのため、利用者を上手に獲得できていないデイサービス事業所は、賞与を固定にすることが困難なのです。

自分がこれからデイサービスに転職を考えているのであれば、施設に見学に行くなどして、転職を考えている施設が利用者の獲得に順調なのかを確認するのも一手です。

施設経営が順調どうかは、施設の「稼働率」からわかる

稼働率とは、施設の利用可能人数に対し、どのくらい利用者(お客様)が入っているかの割合のことです。

稼働率が高ければ高い施設ほど、利用者さんが定員に対し、埋まっていることを指し、経営が順調であることを指します。 

デイサービスのボーナスは「業績に応じて」といった変動性であることが一般的でした。

ボーナスは給料に大きく影響を与える一因でもあるため、しっかりと確認しておきたい項目でもあります。

2-2.デイサービスの残業代

デイサービスは他の施設形態に比べ、残業代が出にくいことが一般的です。

なぜならデイサービスではイレギュラーな出勤が当たり前となっているからです。

そのため、事業所もこのイレギュラーな勤務に一つ一つ対応できずに、サービス残業や早出残業といった事業所も多くあります。

例えば、営業(勤務)時間が8:30~17:30のデイサービスで

「迎えに来る時間を8:15にしてほしい」

という利用者からの要望があれば、到着時間の8:15に合わせるために8:00に出発しなければなりません。

そのためには、もっと早く出勤して、準備が必要です。

このようなことが、毎日のように発生する残業代は施設としても容認できないということもあり、残業代が出にくい構造になっています。

遠方への送迎であれば勤務時間外になることもあります。

デイサービスでは、早出残業などのイレギュラーな勤務などにより、サービス残業が当たり前になっている事業所が多いのが現状です。

2-3.デイサービスの夜勤

デイサービスは日帰りのサービスとなっているため、基本的には夜勤は存在しません。

しかし、施設によっては泊まり付きのデイサービスである、「お泊りデイサービス」というサービスを展開している事業所もあり、そのような施設では夜勤が存在します。

一例として、埼玉県にあるとあるデイサービスでは「お泊りデイサービス」を実施しておりその夜勤手当は一回当たり、5,000円となっています。

お泊りデイサービスを展開していない事業所であれば、デイサービスには夜勤は存在しません。

2-4.デイサービスの資格手当

デイサービスでも資格を保有してれば、資格手当としてその分手当をうけることができます。

資格としては初任者研修、実務者研修、介護福祉士などが挙げられます。

一例として、埼玉県にあるデイサービスを運営する施設では、資格手当としては介護福祉士に月々10,000円を支給しています。

実務者研修であれば、介護福祉士よりも若干低く月々5,000円を支給しています。

また、デイサービスには送迎業務があるため、運転をする場合は送迎手当を支給しているデイサービスもあります。

一例として、東京都のあるデイサービスでは送迎手当として月に7,000円を支給しています。

4章でも解説しますが、資格を取得することで、その分昇給をすることができます。

3.他の施設とデイサービスの給料を比較

では他の施設とデイサービスの給料を比較していきます。

厚生労働省のデータを参考に、特養とグループホームとデイサービスの平均年収と平均給与(月給)を比較した表は以下のとおりです。

施設形態平均年収平均給与(月給)
特別養護老人ホーム約398万円332,260円
グループホーム約331万円276,320円
デイサービス約315万円262,900円

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果、p.65

ご覧のようにデイサービスは他の2つの施設形態に比べ年収が低い傾向にあることがわかります。

デイサービスは夜勤が無い分、他の施設よりも夜勤手当が支給されないので、年収が低い傾向にあると考えられます。

4.【デイサービスで働いている人に伝えたい!】給料を上げる4つの方法

では最後に、デイサービスで働くうえで給料を上げるにはどうすればいいのかを解説していきます。

現在、デイサービスで働いている方もこれから働く方も参考にしてみてください。

デイサービスで給料を上げるポイントは4つあります。

一つ一つ丁寧に解説していきます。

4-1.資格をとる

1つ目の方法が資格を取得する方法です。

実務者研修や介護福祉士など、資格を保有しているだけで資格手当を支給している事業所が一般的です。

また、デイサービスにおいては送迎業務をすると手当がついてきます。利用者さんの送迎をすることで、その分手当が支給されます。

送迎業務は普通車の免許があり、介助ができれば仕事をすることができます。支給方法や金額は各事業所によって異なります。

資格を保有していることでどのくらい支給されるか、求人などを選ぶ際には抑えておきたいポイントです。

4-2.勤続年数を長くする

2つ目の方法が勤続年数を長くする方法です。

介護業界では同一施設の勤続年数が長ければ長いほど、毎年昇給をしていくことが一般的だからです。

さらに今年の秋には同施設の勤続年数10年の介護福祉士に対して月給8万円が上げることを国が取り決めました。

参考:介護人材の処遇改善について

同じ施設に長く働くことで、その分毎年、給料は上がってきます。

4-3.キャリアアップを目指す

3つ目の方法はキャリアアップを目指す方法です。

デイサービスでは、介護職員から生活相談員にキャリアアップを図るケースが多いです。

生活相談員とは、介護サービスを利用したい方と施設の契約の仲介をしたり、ケアマネージャーや介護施設関係者との連絡調整、利用者さんのサービス計画書の作成と更新などをする仕事です。

生活相談員の平均年収はおよそ385万円でデイサービスの平均年収315万円よりも70万円多いことが厚労省のデータから分かっています。

参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果

生活相談員になるには、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事の3つの資格のうちいずれかの資格を有していることが必要です。

自治体によっては現場経験〇年以上必要という条件や、介護支援専門員の資格を要件としているなど生活相談員の資格取得に違いがあります。

デイサービスで働く場合は、介護職員から生活相談員としてキャリアアップを目指すのも給料を上げる方法のひとつです。

4-4.他のデイサービスに転職する

デイサービスに働く上で、「今回紹介した平均年収よりも圧倒的に低い」など、自分の考える条件や待遇とあまりにもかけ離れているのであれば、転職することも選択肢にいれていいでしょう。

デイサービスによっては身体介助のスキルが問われるところがあれば、レクリエーションスキルが必要な事業所もあります。

デイサービスのコンセプトによって介護職員に求められるスキルが変わるので、自分に合ったデイサービス(働き場所)を見つけることが大切です。

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

デイサービスの介護職員の平均年収およそ315万円でした。

日給に換算すると約10,999円、時給に換算すると約1,170円でした。

またデイサービスの介護職員の給料は特別養護老人ホームやグループホームの介護職員の平均年収よりも低い水準でしたね。

今現在の給料に不満、将来の給料に不安がある方は、解説した4つの方法をぜひ参考にしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば、幸いです。