【現役ケアマネが解説】ケアマネの受験要件をわかりやすく解説

ケアマネ,受験要件

「ケアマネって誰が受験できるの?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

ケアマネ試験の受験要件に関しては、2015年度に制度改正があったため注意が必要です。また「解答免除」についても改正がありました。

この記事では『ケアマネの受験要件』について現役ケアマネがわかりやすく丁寧に解説をしました。

また後半では実際にケアマネ試験を受験して突破した私が、ケアマネ合格のために大切なポイントを4つ解説しました。

ぜひ最後までご覧になってください。では解説をしていきます。

1.ケアマネの受験要件

ケアマネ(介護支援専門員)の試験を受験するためには、規定される国家資格に基づいた業務について5年間の実務経験を積むことが必要です。

また2015年度に制度改正があり、以降経過措置を経て受験に必要な資格要件の詳細や試験内容が従前から変更されています。

これら2つに分けてご紹介していきます。

1-1.受験資格について

現在ケアマネ試験の受験資格を満たすためには、受験日前日までに以下のいずれかの条件を満たすことが必要になっています。

  • 規定の国家資格()を保有し、当該業務に基づく業務に5年以上かつ900日以上従事

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作 業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語 聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士


  • 特定の事業所において生活相談員・相談支援員等として5年以上かつ900日以上従事

この受験資格は、2015年2月に制度の一部改訂により厳格化されたものです。

ただし2017年度試験まで経過措置が適用されたため、実質的には2018年度の試験から現在の受験資格で運用されています。

従前の受験資格と2018年度以降から実施されている現在の受験資格を表にすると以下のようになります。

2017年度まで2018年度以降
①国家資格等に基づく業務経験
規定の国家資格(※)を保有し、当該資格に基づく業務に5年以上かつ900日以上従事した者

※医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作 業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語 聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士
変更なし
②相談援助業務経験
要介護者等の日常生活の自立に関する相談対応や、助言・指導等の援助を行う業務に5年以上かつ900日以上従事した者(基準上で配置が義務付けられている職種に限定されていない)


・特別養護老人ホームやデイサービス等に配置されている生活相談員
・救護施設及び厚生施設における生活指導員
・知的障害者更生相談所におけるケースワーカー
②相談援助業務経験
下記職種の業務経験が5年以上900日以上ある者
・特定施設入居者生活介護に配置される生活相談員
・地域密着型特定施設入居者生活介護に配置される生活相談員
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護に配置される生活相談員
・介護老人福祉施設に配置される生活相談員
・介護老人保健施設に配置される支援相談員
・介護予防特定施設入居者生活介護に配置される生活相談員
・障害者総合支援法に基づく計画相談支援事業所に配置される相談支援専門員
・児童福祉法に基づく障害児相談支援事業所に配置される相談支援専門員
・生活困窮者自立相談支援事業の主任相談支援員
※上記以外の施設における生活相談員は実務経験に含まない。
③介護職員系資格+介護等業務経験
初任者研修(ホームヘルパー2級)等の資格を保有し、5年以上かつ900日以上の業務経験がある者
改訂後は受験資格の対象外となりました。
④介護等の業務経験が10年以上ある者
※無資格でも業務経験が規定を満たせばよい
改訂後は受験資格の対象外となりました。

まとめると

変更内容のまとめ

  • 改定前は「介護関係の資格があって、トータルで5年の実務経験があればOK」だったのが「介護福祉士を取得してから5年」経たないと受験できなくなった
  • 改定前は幅広い生活相談員が受験できたが、改定後は決まった施設での経験しかカウントできなくなった
  • 無資格者はいくら経験年数があっても受験できなくなった

このように変更になっているのです。

なお自分が資格要件を満たしているか確認したい方は、『公益財団法人 社会福祉振興・試験センター』をご確認ください。各都道府県毎の介護支援専門員試験に関する公式サイトへのリンクが掲載されています。

実務経験の日数計算については、『従事期間計算表』で計算ツールが公開されているのでご活用ください。受験資格についても詳しく掲載されているのでオススメです。

1-2.解答免除について

従前のケアマネ試験では、所持している国家資格によって試験問題の一部について解答免除の申請をすることができました。

例えば、介護福祉士の資格を保有していれば介護分野の科目が、看護師の資格を保有していれば医療分野系の科目が免除されるため、保有資格以外の分野の勉強に集中することができたのです。

しかし2015年度の試験からは解答免除制度が撤廃されたため、すべての受験者が同様に問題を解くことになっています。

一度勉強した内容も含まれますが、全ての試験範囲を満遍なく学習することが非常に重要です。

2.ケアマネ合格のために大切な4つのこと

ここからは、試験日2日前に自身の結婚披露宴がありながらも独学で一発合格を実現した私が、ケアマネ合格のために大切なポイントをお伝えします。

ケアマネ合格のための重要なポイントは

この4つです。

実体験に基づくポイントなので、ぜひ参考にしてくださいね。

2-1.ケアマネ試験は早めに対策をすることが大切

ケアマネ試験の難度は、介護系資格では最高峰と言われています。

1番の合格のポイントは、『早めに対策を開始すること』です。

介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況等 |厚生労働省』によると、令和元年度の合格率は18.5%となっています。

第1回目からの総計を表にまとめました。

実施年度受験者数合格者数合格率
2015年度134,539人20,924人15.6%
2016年度124,585人16,281人13.1%
2017年度131,560人28,233人21.5%
2018年度49,332人4,990人10.1%
2019年度(※)30,509人5,644人18.5%
1998年(第1回)~2019年(第22回)2,835,661人705,651人24.9%

※台風19号により試験が延期された都県の数字は算定されていません。

直近5年間をみると合格率は10.1~21.5%で経過しています。

ちなみに、国家資格である介護福祉士の2019年度の合格率は69.9%です。介護福祉士と比較すると、ケアマネ試験は非常に狭き門であることが分かります。

早く準備を開始すれば、その分勉強時間をしっかり確保することができます。

直近の法改正に対応した最新版の参考書や問題集は、例年5~6月に出版されます。

遅くても5~6月には試験対策を始めるのがオススメです。

※ケアマネの合格率はなぜ低い?その理由を徹底解説!

【難関試験】合格率は19.5%|ケアマネ試験の合格率が低い2つの理由』では、ケアマネの試験が難関である理由を独自に分析しています。

2-2.独学ではなく通信講座を利用したほうが合格しやすい

ケアマネ試験に合格するためには、『通信講座を利用する』ことがオススメです。

ケアマネ試験は働きながら受験する人が多く、なかなか時間が取れない人も多いでしょう。

公式テキストである『[八訂]介護支援専門員基本テキスト』は全3巻で、1446ページにも及んでいます。

幅広い分野を効率よく勉強する必要がありますが、独学には限界があるのが実情です。

そこでオススメなのが通信講座です。

通信講座には

  • 自分のペースで学習を進められる
  • 通学講座のようにスクールに通う手間や時間、費用を省ける
  • 要点をまとめた教材により、短期間で効率的な勉強が出来る
  • 参考書を探すのに悩む必要がない
  • 直近の法改正に対応している

これらのメリットがあり、非常にオススメです。

参考としてオススメの通信講座をピックアップしてみました。

講座名特徴費用
ユーキャンあなた専用スケジュールをお届け。
スマホやパソコンからもアクセスできるWebテストや動画解説も。
法改正や試験問題の動向などについても適宜情報提供。
49,800円(分割払い可)
※ハローワークの教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象です。
たのまな試験対策オンラインセミナーを受けられる。
DVDによる映像教材があり、分かりやすい。
2種類の通信コースがある。
33,000円(通常コース)
45,000円(eラーニング付)
※通常コースはハローワークの教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象です。
ニチイ通信コースと通信+通学コースが選べる。
ニチイに在籍する現役ケアマネからの声を反映した内容。
「質問回答システム」により、メール・郵送・FAXでも、疑問や不安を解決できる。
31,621円(通信コース)
※ハローワークの教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象です。
※その他独自割引あり

これら各通信講座が宣伝しているように、通信講座には効率的に勉強するための様々な工夫がなされています。

このため独学で学習するよりも合格率のアップが期待できます。

2-3.過去問よりも予想問題集を解こう

ケアマネ試験の試験対策として最も重要なのは、とにかく問題を解くことです。

その際には、過去問を解くよりも予想問題を解いて勉強する方がオススメです。

なぜなら、ケアマネ試験の問題は常に最新の法律や規則に則って問題文が作成されているからです。

例えば、「介護福祉士の受験資格」に関する問題があるとします。

「介護福祉士の国家試験は実務経験3年で受験できる」という問題文の正否を問われている際、制度改正前の平成27年であれば『』ですが、実務者研修の修了が義務付けられている現在であれば、『×』が答えとなります。

このように、過去問の場合は各種法律や基準の改正によって解答自体が正しくなくなっている可能性があります。

また法改正があった年はそれに関連する設問がよく出題されるという傾向もあります。

予想問題集であれば、それらの対策についてもカバーすることができます。

このような理由により、最新の制度に基づいて問題が構成されている予想問題集を中心に学習を進めることをオススメしています。

2-4.問題集選定のカギは解説欄にあり

『いざ問題集を買って勉強しようと思っても、何を選んだらいいか分からない』そんな方には、問題集の解説欄を読んでみてから購入することをオススメしています。

解説欄を読んで問題集を選ぶ際のチェックポイントは、次の2つです。

解説欄を読んで問題集を選ぶ際のチェックポイント

  • 解説内容を読んで、納得できる内容かどうか
  • 公式テキスト(介護支援専門員基本テキスト)の参照ページが記載されているか

実際に問題集を選ぶ時、様々な会社から出版されている問題集でどれを選んだらいいか、悩んだことはありませんか?

いざ買って机に向かってみても、「なぜこの答えになるのか分からない」「テキストのどこを読んだら解説の根拠が載っているのか分からない」このような疑問に引っかかると、学習の手が止まってしまうものです。

解説内容が自分の中で理解しやすい書き方になっていれば、学習していて詰まることも少なくなります。

また万が一解説内容の根拠が分からない時でも、公式テキストの参照ページが載っていれば詳細まで詳しく確認することができ、理解が深まります。

私がケアマネ試験に独学で一発合格できたのは、この勉強方法のおかげだったと感じています。

問題集選びに迷った際は、解説欄を読んでみることを強くオススメします。

3.まとめ

いかがだったでしょうか?

ケアマネの受験要件は、2018年度以降で変更があったので、注意が必要です。

自分が受験要件を満たしているのか、確認を怠らずにしてみてください。

そして、ケアマネ合格には以下の4つのポイントが大切でした。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


あなたにオススメの記事